鳴海餅本店の和菓子

昨日に続き、鳴海餅本店で買った和菓子の記録。

栗の入ったお赤飯を求めて立ち寄った折り、店頭で見つけた中のいくつかを購入。見た目もお値段も素朴な、手が届きやすい和菓子です。

Img_20151009_122139

写真奥から

亥の子餅 ゴマの風味が効いています。亥の子ども、ウリボウに見立てた大福で無病息災、子孫繁栄を祝う季節菓子だそう。護王神社の「亥子祭」を思い出しながら選びました。

柿 中に白餡が入ったウイロウ包み。小さな柿はパッと目を引きますね。

栗餅 大きな栗と、こし餡入りの大福。きな粉がかかっています。

Img_20151009_113421

「懐かしの駄菓子 ポン菓子」、思わず買ってしまいました。米粒が膨らんだお菓子なのだから、おなかにたまるかと思いきや、黒糖のほんわりとした甘さで、どんだけでも入ります。ご用心 (*゚▽゚)

連休のナカ日、平穏な時間がしずかに流れております。

妖怪 あずき洗い

京都デザインハウスに、

プロダクトデザイナー 福定良佑さんの
utsushiwa シリーズが置かれていると聞いて、見に行きました。
そこで、ステキな発見が‥‥

Img_20150920_162554

妖怪 あずきあらい

百鬼夜行の和片(わっぺん)です。あずき洗いは、赤い上っ張りに青い帯、その衣装はアズキ柄です!

カゴに両手を入れて、熱心に小豆を洗っています。

あずき洗おか、人とって食おか、ショキショキ」と歌いながら小豆を洗っている表情が、なんとも生き生き、ステキな表情です。

まるで、昔々の友人に再会したような、なつかしくて嬉しい感情がわき上がってきました。次から赤飯教室に参加してくださる方の教材としてお目にかけようと思い、買い求めました。(*^-^)

写経と「だしバル」

シルバーウィーク初日、午前中は「写経」に行きました。

Img_20150919_152257

雲母唐長さんで、4ヵ月ぶりの写経です。唐紙の文様は「ねじ菊」、金の絵の具で写し取られています。般若心経、本日の為書きは「みんなの心がおだやかでありますように」
まるで文鎮のように乗っかっているのは、赤飯おにぎりです。
小豆の赤は「邪気を祓う」意味があります。過日からの大雨で心をいためておられる方々、EU諸国をさまようシリア難民の方々、チリ沖の大地震‥‥ 世界のあちこちで起きている自然災害や不可抗力の人災など、胸がいたいです。
ニュースにならなくても、仕事や家族、親戚づき合い、友人や恋人とのことで悩みを抱えておられる方々の気が晴れることを願います。
                *
為 みんなの心が、おだやかでありますように
                *

Img_20150919_184142

Img_20150919_185125

こちらは、初めて参加した
宗達さんの「だしバル」にて
左はさんまを揚げたもの、右は里芋の唐揚げ 湯葉あんかけ、ほかに‥‥
日本酒40mlが200円で3種類、
おかずは1皿どれも300円でした。
さすが、宗達さん。だし上手なお味に惹かれて、お客さまがいっぱいでした。山下先生からレシピもいただきました。
1〜2ヵ月に1回開催されているそうです。次は、Kちゃんと行こう〜っと。

枝豆の赤ちゃん??

降ったり晴れたり、照りつけたりした夏を経て、枝豆クンたちはすくすく育っております。3鉢の中の一つ、紅大豆の鉢に異変が‥‥

Img_20150831_155722

Img_20150831_155732

もしかすると、これって枝豆の莢ではないかしら‥‥?
小さい鉢に小さい茎、小さい葉っぱ。
その茎の下のほうに、ぞろぞろと5つばかり、なんだかそれっぽいのが付いています。
あぁ、このまま育ってくれるでしょうか。
すくすくが大きくなって、収穫したらどんな枝豆が入っているのでしょう?
黒豆枝豆の豆が薄ネズミ色や薄紫色っぽい緑色なのだから、紅大豆は茶色っぽい緑色???
勝手な想像を膨らませています。どうぞ、このまま枯れずに育ってください。よろしくお願い致します。

紅大豆のおにぎり

差入れ用に紅大豆のおにぎりを作りました。

Img_20150820_095606

紅大豆もまた、炊き上がりにほんのりと豆の紅い色がご飯にうつり、かわいいのです。

紅大豆を南部鉄のフライパンで煎って、じゃこと一緒に炊飯し、仕上げに刻んだ梅肉と白ごまを混ぜました。炊飯時に塩少々と日本酒を加えています。

この梅干しは、東京のTちゃんが送ってくれた梅干しです。私が夏バテしないようにと送ってくれました。

差入れのおにぎり、S様方とご一緒に私も食べました。食べる時に、大葉の千切りを飾っていただきました。肌色大豆青大豆よりおめでたい雰囲気に感じるのは私だけ?

S様の仕事がうまくいきますようにと祈ります。

ただいま、うちの子たち!

3日間、京都を留守にしておりました。その間、気が気でなかったのが‥‥ 

Img_20150814_163002

大事な“うちの子”たちの水の心配でした。真夏の炎天下のベランダに3日間も放置しておくことがしのびなく‥‥
あ、“うちの子”は、3匹の枝豆くんたちです。

Img_20150814_162943_2

Img_20150814_162925

家族まで巻き込んで、このような仕掛けを作ってもらい、水が途切れないようにして出かけたのでありました。
この「仕掛け」は、麻ひもの両端をナットに結んで、ペットボトルの水を吸わせて水やりをする、まるで「学習・科学」の実験のような水やりシステムでした。
ネックは「植物の鉢より高い位置にペットボトルを設置」せねばならなかったこと。
それを実現するために、洗面所を選んだのでした。それでも心配だから、鉢植えの皿にたっぷり目に水をためて、ペット水が順調に配水されて鉢からこぼれてもいいように、ビニール袋の用心もして‥‥

Img_20150817_195446

結果がこれ。今夜の枝豆くんたち。ペット水は2〜3cmしか減ってなかったけど、水が枯れることはなく、葉っぱが黄緑色になっていたくらいで無事でした。

黄緑色は、明日の朝日を浴びればおそらく大丈夫でしょう。

というわけで、3日間無事に生き延びた“うちの子”たち。セーフ!

秋の収穫期まで、共にがんばるであるぞよ。(゚▽゚*)(゚ー゚)(*^-^)(゚ー゚)

ささげ豆とイカそうめん

7月末日、何だかもう、ここ最近、曜日も時間の感覚もなくなるくらいあたふたする日々を過ごしています。それも今日まで(に、したい‥‥)

近所の八百屋さんで見つけました。

Photo

京の伝統野菜「ささげ豆」1束 100円

細長〜い「ささげ豆」の長さを計ったら、1本45cmくらいのが15本、20本束になっていました。

サービスとは書いてあるけど、サービスしすぎのような気がします。1束180円でも決して高くないと思います。。。

生産者さん、こんなキレイなを育てて収穫し、束ねるの大変ですよ。とか思いながら作ったのは、イカそうめんとの炒め物。

Photo_3

ささげ豆を5cmくらいに切って、イカそうめんと炒めました。味付けは魚醤と日本酒です。一味唐辛子も加えてピリ辛に!

夏の夕暮れどき「は〜。今週もよく働きました〜♪」と一杯やるには、もってこい。

・・・ハメを外したくても外せない、その気弱な性格に難儀しております。

ささげ豆インゲン豆絹さやモロッコいんげんなど、水にもどさずそのまま調理できる豆は、野菜類に分類されます。

大豆金時豆ヒヨコ豆など、乾燥した豆を水にもどして使う豆は「豆類」で、ささげ豆のような豆は「野菜類」、Mさ〜ん、覚えといてね〜!

黒神入りのチヂミ

Kurokami1

Kurokami2

私にとって、初めての豆「黒神」です。こんだけを追いかけてきて、国産の豆でまだ巡り会っていなかったのは、黒神が「雑穀」の売場に並んでいたから。

小さな粒は白小豆スズマルくらいのサイズで、きれいな緑色をしています。

すずやさんの仙台朝市店で買った雑穀売場の豆(豆も雑穀の仲間)を、ようやく開封し‥‥

作ったのは、チヂミでした。

レシピは同じく「豆・雑穀の専門店 すずや」さんの「豆なレシピ」用に考えた

スズマルの塩辛チヂミの応用編です。

応用と言っても、豆を2種類にしただけ‥‥ スズマルを大さじ2、黒神を大さじ2使いました。

Kurokami3

これはチヂミを焼いているところ。肌色の豆がスズマルで、ニラに寄り添う緑色が黒神です。焼き上がると同時に皆で食べたので、完成写真はありません。(^-^;

スズマルでも黒神でも、イカの塩辛に力があるので、同じくおいしく出来上がります。私たちはビールと日本酒と酒席革命をいただきました。笑

豆乳スティックビスケット

近所のF食品スーパーで見つけて、即買い。

1

麦芽コーヒー  スティックビスケット、調整豆乳  スティックビスケット

いずれも85g入り 108円(税込)でした。ほかに豆乳飲料バナナ味も売られていました。

見たことありますよね、このパッケージ? 私も見慣れた表情のパッケージに気を許して‥‥ 横浜市・宝製菓さんが作られた商品で、「図形(鳥・雲・太陽)はキッコーマン飲料株式会社の登録商標です」と書かれていました。

すみません、紀文の豆乳と思ったらキッコーマンだったのですね‥‥ え、紀文の豆乳はキッコーマンソイフーズという会社で製造しておられる??

もともとはニッケルの会社だったそうな。業務提携や社名変更を繰り返して、現在のキッコーマンソイフーズになられたようです。って、そういう話は別の機会に‥‥

ここ最近、大豆加工食品がやたらと目に入るようになりました。豆腐や醤油、味噌、納豆、豆腐といった日本の古き良き時代から続く食べ物に加え、きな粉大豆粉を使ったお菓子、ヘルシーっぽい食品など。

2_3

このスティックビスケットには、豆乳飲料調製豆乳調製豆乳粉末などが使われていて、甘過ぎずカラッとライトな食べやすい食感です(豆乳が使われているからか、その他成分とのバランスかどうかは定かではありません)。

108円という買いやすい価格も魅力ですし、パッケージの力が大で、ただふつうに「豆乳ビスケット」とするより、売れていることでしょう。豆乳シリーズより数種類を商品化されているところも、売れる要因の気がします。

調製豆乳と麦芽コーヒー、どちらも豆乳飲料で摂取するより満足感がありました。キャンペーン価格、キャンペーン商品だったのでしょうか、今日はもう売られていませんでした。試しに豆乳飲料バナナ味も一緒に買っておけば良かった‥‥

フジッコのお豆さん

ローソンで買った「やさい豆」 135g入り 160円(税込)

Img_20150623_145328

大豆とニンジン、こんにゃく、昆布、たけのこが入っていました。
袋から出して盛りつけると、おいしそうに見えました。

Img_20150623_150012

ローソンで売っている「やさい豆」も、
この前ファミリーマートで買った「豆とひじきのサラダ」も、
どちらも同じ神戸のフジッコさんが製造されたものです。
ファミマの「豆とひじきのサラダ」は、正直すごいなと思いました。
ローソンの「やさい豆」は、残念な気がしました。フジッコさん、スミマセン。
豆の食感が、おいしいと思えないのです。
大量生産のヤワヤワ大豆は、瓶詰めのホワイトアスパラを口にしたときのような、噛んで飲み込むのをためらいたくなるような‥‥
世の中の多くの「自分で豆を茹でたことがない人たち」は、これが大豆の味だと思うのでしょうね。。。 もしかすると、高齢者を意識した食感なのかな? とも考えましたが、家庭で煮豆をしていた時代の豆の味を知っている世代も、おそらく私と同じような印象を受けられるのではないかと思います。
「コンビニエンス・ストアのお赤飯」を食べたときと同じくらい、「ローソンのやさい豆」を口にしてさみしい気持ちになりました。
今月は「豆を使った和食」を意識して、豆と向き合います。

より以前の記事一覧