« 「豆の日」と、味まつり | トップページ | 神さまのお赤飯 »

修学院離宮に「豆」を見る

10月某日、東京からのお客さまをご案内し、京都市左京区の修学院離宮に訪れました。およそ3キロ、80分の拝観コース途中に「豆」と思しき紫色の莢を発見!

Img_20151015_114356_2


されど私には、この植物が何なのか調べる術がありません。ご存知の方がおられましたら、どうぞ、教えてください。

Img_20151015_120513_2

比叡のお山を借景にした東山の山裾に、後水尾上皇がお造り遊ばされたと聞く修学院離宮。

Img_20151015_120500

そろそろ紅葉も始まっていました。

Img_20151015_114421_2

空、雲、庭、坂、樹木、池、橋、離宮、‥‥俗世間には見ることのない広大な景色が広がっていました。

Img_20151015_120648_2

京都に住んでいながら、なかなか訪れる機会のない日本の名勝、それはそれは素晴らしい庭園でございました。

Img_20151015_120309_2

ご興味をお持ちの方は、ぜひ足をお運びください。

Img_20151015_112837_3

Img_20151015_115942_3

拝観には事前申込みが必要です。

詳細はコチラからどうぞ。

« 「豆の日」と、味まつり | トップページ | 神さまのお赤飯 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/62063057

この記事へのトラックバック一覧です: 修学院離宮に「豆」を見る:

« 「豆の日」と、味まつり | トップページ | 神さまのお赤飯 »