« 枝豆レッスン | トップページ | 豆のドリア »

どら焼きは、難しい・・・

            

第1回 赤飯教室のごあんない

日 時  2015年8月8日(土) 11:00〜14:00くらい
場 所  京都市中京区 豆ラボ
参加費  2,500円(実習費用、昼食、復習用持ち帰りの材料代)
まずは、4名様までで行います。ご興味のある方は、コメント欄にメッセージを。
折り返し、ご連絡致します。直接の連絡先をご存知の方は、電話でもメールでも入れてください。
  *   *   *   *   *

1

仕事の試作で「どら焼き」を作りました。

「どら焼き」は、かつて2回くらい作ったことがありますが、数年ぶりに作る「どら焼き」は、初めて作るのと同じくらい不慣れで‥‥

1_2

2

2_2

せっかくなので、あんこも自家製に。

北海道産小豆「しゅまり」を使いました。

あんこ屋さんに見られたら怒られそうな出来ですが、一応あんこらしき状態に。

 改善点:残った粒は、もう少しやわらかくしたい。水分を心持ち多めに

そして、難しかったのは「どら焼き」の銅鑼です。思ったように膨らまない、思ったように丸くならない‥‥。ホットプレートがなく、テフロン加工のフライパンを使い弱火で両面を焼きました。

あはは、子ども餃子教室みたいな出来です  (・_・) ...

常温に冷ましたどら焼きの皮にあんこを挟んで、ラップで包んで冷蔵庫へ。すると‥‥ なんとなく、しっとりして「どら焼き」っぽい!

3

大、小、へんてこ、計6個の「ご愛嬌どら焼き」と、形が揃わない皮が3枚できました。あんこを挟まない皮は、モチッと丸ぼうろみたいでもありました。

素朴な食べ物にこそ、腕の良し悪しが現れる‥‥ やっぱり、和菓子の職人さんはすごいですね〜。

« 枝豆レッスン | トップページ | 豆のドリア »

豆な仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/61026300

この記事へのトラックバック一覧です: どら焼きは、難しい・・・:

« 枝豆レッスン | トップページ | 豆のドリア »