« 初チップ | トップページ | フェジョンの葛きり »

手亡豆の金魚

何というお店のお菓子か、書き留めるのを忘れてしまいました。

鞍馬口の近くで買ったそうです。

Img_20150605_085730_2

Img_20150605_085722_2

す〜い、す〜いと泳ぐ金魚たち。

金魚は手亡豆と小麦粉で作られたものだそうです。

金魚鉢の水色は寒天でできていました。

「どうして、金魚が沈んでいないんだろう?」「寒天をかために作られたのかな??」

などと考えながら、芸術的な和菓子を食べ進めると‥‥

金魚鉢と金魚は二重構造になっていました。金魚だけ、透明な小ぶりの寒天に固め、それを水色寒天の金魚鉢に封じ込めてありました。

さすが日本の水菓子、この手仕事の細やかさが涼しさを連れてくるのですね〜

手亡豆がいい仕事しています。もとい、和菓子職人さんが素晴らしい仕事をされています (゚▽゚*)

« 初チップ | トップページ | フェジョンの葛きり »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

実花さま

コメントをありがとうございます。だいぶ前の投稿を見つけてくださって、うれしいです。
金魚の和菓子をくださった方にお訊ねしたら、「幸楽屋」さんで間違いありませんでした。わらび餅も有名なお店だと言われていました。
本当に目にも涼しく美味しかった印象が、今もよみがえってきます。  のどか

鞍馬口の和菓子やさんなら、幸楽屋さんでは?烏丸鞍馬口を東にいったところ南側にあるお店です。昔(20年以上前ですが)近くに住んでました。当時は注文で作られてたようで、余分に作られて手元に残ったものを3つほどだけ販売されてたのをみました。すごい!と思いました。こちらのあんこの入ったわらび餅が大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/60303652

この記事へのトラックバック一覧です: 手亡豆の金魚:

« 初チップ | トップページ | フェジョンの葛きり »