« 手亡豆の金魚 | トップページ | ベランダ枝豆 »

フェジョンの葛きり

葛も豆なり

Img_20150608_225726

葛きりの葛、くず粉の葛は「豆科の植物」です。藤の花も、豆科です。

それを知ってから、葛に仲間意識をおぼえます。(*^-^)

フェジョンの葛きり」を夜中のおやつに出しました。豆は久々のフェジョンプレットです。豆つながりで、きな粉もかけました。

フェジョンプレットって、南米で豚肉などと共にグダグダの煮込み料理にされる豆だそうです。南米にはまだ一度も行ったことがないので、真相は存じません。

フェジョンプレット(黒いんげん)はデンプン質が程よく多くて、私は破ける寸前まで煮たものを冷やして使うのが好きです。がまだ温かいうちに1:1のグラニュー糖と水に浸して、常温まで冷まして冷蔵庫へ。そうすると固くなり過ぎずに味がよく入ります。

食べるのは冷蔵庫から出してすぐより、10分〜15分くらい常温においてからのほうが食感が戻ります。豆腐と似てますね。

温度変化により豆の食感も変化します。豆使いは、チョコレート職人のように温度に敏感なほうが、おいしい豆料理を提供できると思います。

« 手亡豆の金魚 | トップページ | ベランダ枝豆 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/60312932

この記事へのトラックバック一覧です: フェジョンの葛きり:

« 手亡豆の金魚 | トップページ | ベランダ枝豆 »