« 「ずんだ餅」と「ずんだ」な和洋菓子 | トップページ | 「入山とうふ」のチビひろうす »

仙台「すずや」さんへ

人生2度目の仙台は、豆なレシピの仕事でお世話になっている株式会社すずや穀物鈴木文人社長をお訪ねする旅でした。

Img_20150518_0956492_2

Img_20150518_095530_4

すずやさんの仙台朝市店へ

店は、仙台の料理屋さんなど目利きで賑わう朝市の一角にありました。店頭には袋詰めされた豆や雑穀が色とりどりに並び、奥では店長さんとスタッフさんが手作業で、豆の選別をしながら計量をされていました。

ずっと前から、私はこの店に来たかったのです。

豆と雑穀、創業者である社長のおじいさまの話、会社設立の頃のことなどをお聞きしました。そうして、豆の栽培は手がかかり、作ってくださる方々が年々減ってきていることなどもお聞きしました。

商品をどのように売っていくか、の前に
安心できる商品を、どのように安定して販売しつづけるか、のほうが課題なのだと感じました。
農業従事者の高齢化で、後継者がおられない田畑もたくさんあって‥‥、実家の米や麦の栽培すら手伝えずにいる私には、その問題に対する答えもアイデアも直ぐには浮かんできませんでした。

Img_20150521_151301

これまでに、すずやさんの店頭に並ぶ豆類の大半を使わせていただきました。すずやの皆さま、いつもありがとうございます。
国内外で、豆の1粒1粒を作ってくださっている生産者の皆さま、本当にありがとうございます。
私にできることは「豆って、おいしいでしょう」「豆って、こんなにいろいろあるんですよ」「豆って、こんな食べ方もできるんですよ」と、伝え続けること。
種類豊富な中で稀少な豆も、お金を払って購入する人がいないと、生産し続けることが終わりになってしまう。それはとても残念なことです。
だから、私はこれからも豆を食べ続けていきたいし、縁のある方々に豆料理を振る舞い続けていこうと思います。

Img_20150518_150728

Img_20150518_150704

鈴木社長、ありがとうございました。(写真右)

ネットショップの杉山店長、ありがとうございました。(写真左)

豆と豆料理の探検家は、豆を栽培する人、販売する人、加工する人、料理する人、扱うお店や会社などを訪ね歩き、どのようなお心持ちで豆と関わっておられるのか、話しをお聞きすることを楽しみの一つとしています。

会いたい人には自分から会いに行く。そして‥‥

旅はひとりで行くほうがいい。誰かと行くと旅行になってしまうから。

Img_20150518_121513_3

仙台朝市の地下でご馳走になった「東家」さんの「おみくじ丼 特上」★★★

« 「ずんだ餅」と「ずんだ」な和洋菓子 | トップページ | 「入山とうふ」のチビひろうす »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/60081788

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台「すずや」さんへ:

« 「ずんだ餅」と「ずんだ」な和洋菓子 | トップページ | 「入山とうふ」のチビひろうす »