« 瓶詰め研究中 | トップページ | ラムレーズンあんこ »

御城之口餅【おしろのくちもち】

奈良にご縁をいただいて一年。毎月お邪魔しています。

そのおかげで、前からマークしていた菊屋さんの「御城之口餅」を買うことができました! 
私が「御城之口餅」を知ったのは、和菓子好き委員会あんこ部さんの「あんこなしでは生きられない あんこ読本」のP86に掲載されていたからです。念願かなってウレシイ!

Img_20150423_155052

とろ〜んととろけそうなお餅の中に素朴な粒あんが包まれていて、青大豆きな粉をまぶしてあります。あぁ、やさしいあんこ。奈良のお味でございます。

ほんと、一口サイズの可愛いお餅。秀吉公が食べたと聞きますが、姫君たちがさぞやお喜びになり、その姿を愛でた秀吉公がよりいっそう喜ばれたのではないかと、勝手に推測致します。

Img_20150423_110729

Img_20150423_110948自分用に購入したのは6個入りです。箱もお洒落。開くと奈良の地図が現れます。

もう、何と言うか、本家菊屋さんの御城之口餅のおかげで、いっそう奈良が高貴なところに思えました。

*御城之口餅は郡山城主 豊臣秀長公が兄である太閤秀吉公を招いて茶会をしたときに創られたお餅だそうです。このお餅を食した秀吉公はたいそう気に入って、「鶯餅」という名前をつけたそう。

菊屋さんのお店がお城の入口にあったことから、みんなが「御城之口餅」と呼び、商品名になったとか。(゚▽゚*)

« 瓶詰め研究中 | トップページ | ラムレーズンあんこ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/59747907

この記事へのトラックバック一覧です: 御城之口餅【おしろのくちもち】:

« 瓶詰め研究中 | トップページ | ラムレーズンあんこ »