« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

豆の勉強会

毎月1回、豆の勉強会をしています。

Img_20141126_152724

Img_20141126_152716

メンバーの中で、いちばんの若者は彼。
手にしているのは、大福豆のモンブラン
最近、お母さまが台所で豆を戻されているのが気になって仕方ないとか‥‥。
「ボクの顔、出してい〜ですよ〜」とのリクエストにお応えし、豆なブログに初登場〜♪
試食用に用意した大福豆のモンブランは、豆好きな妊婦さんをはじめとする勉強会メンバーのおなかの中へ‥‥

Img_20141126_152720

Img_20141126_152551

Img_20141126_152739

Img_20141126_144910

豆を水にもどすことすら知らなかった人が、ちょっとずつ、ちょっとずつ、豆に興味を持ち始めてくださって‥‥ うれしいです。
祝黒光黒黒平豆雁喰い豆飛切大玉飛切極上丹波ぶどう黒豆新丹波黒黒千石などの黒大豆の話と、ぺったんこ豆(別称:ぺちゃ豆、おいらん豆、ライマビーン、クリスマスライマビーン)の話もしました。
豆を愛し、豆のことを学び、豆料理を広めることを喜びとします」と言い続けて6〜7年。豆な仲間が少しずつ増えています。ヽ(´▽`)/

秋のおいしいもの

秋の連休最終日‥‥、体重計に乗るのがコワクありませんか?

Img_20141121_133629

Img_20141121_133518

大極殿栖園の琥珀流し。11月は「柿の蜜」でいただきます。
いつものように「小椀ぜんざい」と‥‥。
丹波大納言あずきを見事に煮てあります。いつ味わっても、どなたと味わっても、真似のできない粒立ちのいいふくよかなおいしさです。
    * * *
     * *
      *
こちらは、奈良・大和西大寺の「piano」にて

Img_20141120_200432

Img_20141120_202855

Img_20141120_204904

のどかSpecialには、様々な表情の豆が顔をのぞかせます。
左のサラダ
大福豆ぺったんこ豆
真ん中のズワイ蟹グラタン
あおばた豆がポロリン♪
右のアクアパッツァ
茶レンズ豆入りを一人サイズで出してくださいました。

Img_20141120_210856_2

締めのスイーツは、シフォンケーキ。

ぺったんこ豆の甘煮が添えられています。

このぺったんこ豆、別名を「おいらん豆」「ライマビーン」「クリスマス・ライマビーン」と呼ばれています。

Kさん、Zくん、やっと見つけました。この豆のことを3年ほど前の豆なブログに書いています。よろしかったら、お目通しください。

薦池大納言の大きさ比較

京都府伊根町の薦池(こもいけ)地区で栽培される「薦池大納言」、ご縁ができて2年目のこの秋、私は収穫体験に行って来ました。

その後‥‥ 自分で水もどしして煮たりしながら気づいたことをメモしておきます。

Img_20141028_105042

Img_20141109_183530

「幻のあずき」と言われる「薦池大納言」
写真左 200g入り1,000円+税で販売されています。
ささげの仲間で、粒が極めて大きく、やや細長い形。
写真右 皿の上は、ふつうの小豆。下が薦池大納言
    皿の左側は水につける前の小豆と薦池大納言。右側が浸水後の膨らんだ状態
薦池大納言は渋切りする必要がない豆」だそうです。水洗いした大納言をいきなり茹でて、渋切り(水替え)しないまま煮続けてOKとのこと。
今回、たまたま気づいたのは
①薦池大納言を水洗いしただけで煮始めたもの
②薦池大納言を水浸けして戻し、それから水煮にしたもの
①と②では、煮上がったとき、②のほうが大きな豆になります。
もともと大きな大納言で、薦池は特に大きな小豆です。その特性を最大限に生かして使うことが、豆冥利に尽きるのではないかと思います。
26年産の薦池大納言が買えるようになるのを楽しみに待っているところです。
もう、買えるのかな?

京の豆ジャム

錦市場の「黒豆茶庵  北尾」さんで買いました。

Img_20141110_131410

京の豆ジャム」より「黒豆」のジャムと「白花豆」のジャム。どちらも155g入りで540円。

黒豆は、黒い皮の粒ツブが入ってカラダに良さそう。ジャムの甘さに負けない黒大豆の豆の味がわかります。さすが「丹波ぶどう黒豆」です。

Img_20141114_130709

白花豆」のジャムは、上質な白餡をペロリンと舐めているような‥‥ 

おいしいです。(゚▽゚*)

保存料や添加物など入らず、豆と砂糖だけで作られているのが黒豆の北尾さんらしいなと思いました。ほかにも丹波大納言あずき大豆金時豆うぐいす豆、大粒あずきとら豆うずら豆のジャムがありました。

しっとりキメ細やかな質感は、パンに塗る以外にもいろいろ使えそうです。

11月15日の赤飯・・・

11月15日は「赤飯の日」&「着物の日」&矢加部文子先生のお誕生日

遠く離れたふるさとで、本日お誕生日をお迎えになられた中学時代の
恩師に、心よりお祝いの気持ちを送ります。

Img_20141115_090139

今日の赤飯おにぎり丹波篠山の大納言を使いました。

「赤飯どうぞ」と食べていただくには、勇気がいりますね。

毎日が豆料理

Q「どうして豆を仕事にしようと思ったのですか?」

A「子どもの頃から好きだったから」
 「好きなことばかり仕事にしてきたから」
 「どんなに好きになっても、誰にも迷惑をかけないから」

Img_20141111_133925

Img_20141111_141744

Img_20141111_133759

こちらはレシピ開発の途中過程。
左から、ふわふわオムレツの大福豆マーマレードソース
大福豆のプチ・モンブラン
黒大豆 飛切極上と洋梨の白ワイン・マリネ
明るい陽射しがそそぐ部屋で、Kさんと試作。
あぁ、楽しかった〜♪

ふわふわオムレツと大福豆

豆・雑穀の専門店 すずや」さんのサイトに大福豆のレシピが公開されました。

大福豆・・・おおふくまめ と読みます。北海道産の白いんげん豆の仲間です。
作っているのは私だけど、名前は洋風でしょ〜 (゚▽゚*)
チーズと牛乳と大福豆、いい感じにまとまりました。
ふわふわオムレツ、みんなをハッピーにする料理だと思います。お試しください。

Img_20141109_193742

SOMEBODY'S NIGHT in 百練

 大阪ドームへのカウントダウンが始まり、浮き立つ季節でございます。

Img_20141106_212723_2

Img_20141106_213402_2

Img_20141106_213441

Img_20141106_213533

Img_20141106_214500

Img_20141106_213527

Img_20141106_212647

Img_20141106_213747

Img_20141106_213511

Img_20141106_212759

Img_20141106_213843

Img_20141106_213412

Img_20141106_213735

Img_20141106_212824

木曜夜の百練でDVD鑑賞会。
矢沢な夜、うごめく加齢臭&いわしの丸干しだの、酒盗だの、ヌカ漬けだの、ステーキだの、なんだのかんだのを「まつもと」と茶漬けとみそ汁で流し込み‥‥
中くらいの声で遠慮がちにハモリながら、
30代の頃にモテモテだったPねーさんたちと♪♪♪
錦市場の絹ごし豆腐は、さすがキメ細やかで、強者どもを鎮めるクスリ‥‥
11月30日、大阪城ホール、イキマス!

蒸しパン

Img_20141105_153112

Img_20141105_154234

蒸しパンって、自分で作ったことありますか?

おそらく「のどか史上はじめての蒸しパン」を作りました。
それが‥‥ 思っていた何倍もカンタンにできてしまい、できあがった喜びに浸らせていただきました。
ふんわり、ふっくら、ほわ〜んと甘いの‥‥。
そもそも「蒸しパン」って、子どもの頃にお母さんが作ってくれたか、くれそこなったか、くらいの歴史あるおやつだと思います。
赤飯のそれとちょっと似ていて、赤飯を蒸すにおい、炊き上がるにおいと、蒸しパンの湯気の記憶は、同じ時空をただよっているような‥‥
粉とベーキングパウダー、砂糖と塩と卵と牛乳、それぞれ混ぜて、合わせて型に入れ、豆を散らして蒸し器で10分。たったこれだけで出来てしまいました。
その感動は、初めて自分で赤飯を作ることができた日のヨロコビと似ています。

Img_20141105_145822

Img_20141105_154404

森光商店 KOKUDAYORIの「ひと味ちがう ゆで豆 」を使いました。
レッドキドニー、青えんどう豆、白いんげん豆、大豆、ひよこ豆がミックスされています。
蒸しパン、また作ろ〜っと♪

本日のべっぴんさん

秋刀魚が食べたくなったので、友人を誘いました。

アクセサリーデザイナー naeclose の西紗苗ちゃんです。

Img_20141105_123827

Img_20141105_190555

左:秋刀魚の開きに、手亡豆のラタトゥイユを添えました。

右:黒豆味噌を使った豚汁です。根菜たっぷり!
ごはんは、下鴨茶寮でいただいた「松茸の炊き込みごはん」、いい香り〜
男も、女も、食べっぷりのいい人が好きです。
だから私は、なえちゃんが大好きです。
また、ゴハン食べに寄ってくださいね〜♪

手亡豆のミネストローネ

11月末〜12月に発行されるニュースレターの試作をしました。

豆と冬野菜のミネストローネ

Img_20141103_121454

茹でた手亡豆と冬野菜(白菜、大根、ゴボウ)をトマトの水煮と一緒に煮込みました。

タイムとベーコンが、いい仕事をしています。あぁ、滋味〜

これからの季節、身体をホカホカ温めてくれそうです。
レシピ公開は、もう少し先のほうで‥‥ お楽しみに (*^-^)

小倉の〜ら

あずき友だちの「ゆかりちゃん」からいただきました。

Img_20141028_104922

小倉の〜ら。香川県の「味源」という会社で作られています。

最近、「なんとかノーラ」製品が増えましたね。あずきバージョンは初めて (゚▽゚*)

さすが、あずきのゆかりちゃんです。

Img_20141028_113855

フリーズドライの小豆大豆、オーツ麦、大麦とうもろこしがミックスされています。

Img_20141028_114129

牛乳をかけて、いただきましょ〜♪

危うく一気に無くなりそうでした。豆なブログに書くまでかろうじて残して‥‥

さ、これで気兼ねなくいただけます。ゆかりちゃん、ほんのり甘くて美味しいです。

ありがとうございま〜す (o^-^o)

11月1日「赤飯の日」

Img_20141101_124209

11月1日、赤飯の日

うるち米と、餅米と、薦池大納言と、その他すこしの食材を持ってご近所まで、tacookと一緒に出張赤飯づくりに行って来ました。

お米を洗って大納言を茹で、炊飯器にかけている間におかずを作り‥‥ 女3人で世間話に興じているうちに赤飯が炊き上がりました。
ご当主も交えてのお昼ごはん。奥さまのステキな器とコーディネートのおかげで、赤飯のある食卓は、優雅で心ゆたかな時間となりました。
奥さまとスタッフさんが「私たちも赤飯を作りますね o(^0^)o」と言ってくださって、出張赤飯は大成功〜♪

Img_20141101_112836

初めての体験、「赤飯は器次第でこんなに変わるのね〜」
ご主人、奥さま、Oさん、ありがとうございました。また、ご一緒させてください。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »