« 出前★だい好き | トップページ | 豆名月 »

あんこは、人をしあわせにする

京都・ニューオーモン「こたろう」のあゆやき

Img_20141002_174921

写真手前から奥へ  うぐいす餡・あずき餡・白つぶし餡入り

「あんこ読本」P26〜29に掲載されている「こたろう」さんへ初訪問。三条京阪から細い小径をうにょうにょ歩き、見つけた店は昭和のにおいがプンプンしておりました。

訪ねた私たちも、昭和な人たち。たい焼き1尾と、あゆやき3尾。計700円。

うれし過ぎて、焼いてくださる店主の傍らで見物しながら、いろいろな話しをお聞きしました。

あんこには白ザラメを使うそう。圧力鍋で煮るそうで、うぐいす餡(青えんどう)がいちばん長く煮るとのこと。

・皮に特別な粉は使わない。凝った小麦粉にすると、庶民の味がしなくなる。

・ガタガタ、ガタガタ、手を休めることなく鋳型を返し、両面をパリッと焼き上げる。コンロは長いタイプではなく、ひとつの型に1台。たい焼きはひとつの型で2尾焼ける型。

焼き立て、パリパリ、ほっかほか。衣のうすいとこが特においしくて、中のアンコはアチチチで、あゆやきは違うあんこがうれしくて‥‥

3味あったら、3つとも食べたくなる。心情ですよね〜♪

どれもおいしかった中で、私は大手亡豆の「白つぶし餡」が一等好きでした。しろ牛乳が欲しくなります。

そんで・・・ 小難しいこといろいろ言う人は、いっぺん自分で作ってみたらいい。あのアンコ、愛がしっかりこもってる味がしました。こたろうのおじちゃんとの話しが、何よりのごちそうかも☆

« 出前★だい好き | トップページ | 豆名月 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/57566749

この記事へのトラックバック一覧です: あんこは、人をしあわせにする:

« 出前★だい好き | トップページ | 豆名月 »