« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

ごろっと大豆のグラノーラ

香ばしきなこのほのかな甘み

ごろっと大豆のグラノーラ   日清シスコさんの商品です。

Img_20140921_133218_2

Img_20140921_133259

大豆だけかと思ったら、大豆関連のもろもろが、たっくさん!

・大豆

・黒大豆

・青大豆

・きなこ

・豆腐

・豆乳 が入っているそうな。

ほかに麦の仲間、とうもろこし、玄米など。

Img_20140923_153325

白いのが豆腐のフリーズドライみたいです。ほんのり甘くて、このまま食べてもおいしいです。

□牛乳や豆乳をかけて □アイスクリームにトッピングして □ヨーグルトとまぜて

などの食べ方が紹介されていました。

Img_20140923_153530_2

牛乳をかけていただきました。また見かけたら、次は2袋買うと思います。

10月は虎豆

Img_20140923_141624_2

晴れやかな祝日、マメラボで虎豆のウォーミングアップをしました。

北海道産の虎豆。可愛いです。とっても‥‥
虎豆のもよう、神さまが描いたとしか思えない。
1コ1コ、ぜ〜んぶ違う模様なのです。
袋の中で集合してると肌色と茶色と白が穏やかに調和して‥‥。
昔むかし、「出張のおみやげに‥‥」と虎豆と黒豆を買って来てくださった方がおられ、それ以来、私にとって虎豆は特別な豆
新豆の季節に合わせ、先にレシピを考案中。
本日、こんなものを作りました。

Img_20140923_141701_2

クルミ入り虎豆マッシュ

新豆と准新豆、茹で加減が変わります。茹で時間をもう少し長くして、マッシュしやすいほうが美味しいかなと思いました。

・アイスに添える

・トーストにのせる

・パンケーキと一緒に

どれもきっと、合いそうです (・∀・)

Mちゃんと栖園へ

9月22日(月)、日曜日と祝日の合間で、のんびりした時間が流れています。京都は今日も、観光のお客さまで賑わっていることでしょう。

京都らしい甘味を味わいたい方をお誘いする中の一つに、

大極殿栖園(だいこくでん せいえん)があります。

Img_20140916_173617_2

Img_20140920_133637_2

左は入口付近。
暖簾をくぐると土間があり、奥の喫茶スペースに座すと坪庭のグリーンが穏やかに、目を和ませてくれます。
この店の一番人気は、なんと言っても「琥珀流し」。
3月さくさの咲き始める頃から12月まで、月替わりの蜜で楽しませてくれます。
ちなみに9月は‥‥

ぶどう蜜の琥珀流し。(写真右)

ルビー色の蜜に浮かぶ“腰抜けの寒天”は、異なる2つの食感でのど元を通過します。オリーブグリーンの干しぶどうが、ルビー色の蜜をまとって舌の上に乗っかると「あ〜、9月に来ることができてよかった」と‥‥。

Img_20140920_133728

Img_20140920_134106

そして、もう一つのおすすめは、「小椀ぜんざい」です。
数日前には、温かいのと冷たいのを選ぶことができました。
Mちゃんの希望で、その日、私たちは温かいの。
小椀と言いつつ、けっこうな大納言の量です。
一粒ひと粒、どうしたらこんなにキレイに煮ることができるのでしょう?
大納言小豆って、ふつうは厚い皮でもっと口中に残るはずなのですが‥‥。
こちらのぜんざいは、すっきりした甘さで、豆を味わっていただきます。
Mちゃんのおかげで、9月の琥珀流しと共に、おなかと心を満たしてくれました。
これからの季節、次の楽しみは11月の「柿の蜜」。
また、どなたか京都に遊びに来てくださ〜い (・∀・)

美山の十六ささげ

某日夜、久々の早上がりで夜9時過ぎにマメラボの近くを歩いていたら、よその店先に止めた軽自動車で、野菜を売る人に出くわしました。

そんな時間だし、おそるおそる近づいて‥‥
そしたら、話しが弾み‥‥

Img_20140921_133431

気がついたら3種類の野菜を買っていました。

十六ささげ、伏見とうがらし、ミョウガ‥‥ どれもたくさん入ってて、夜だからと安くしてくださって‥‥

Img_20140921_113013

Img_20140921_113319

ええですねぇ、対面販売は‥‥
美山の野菜を京都市内の料亭などに売りに来ておられるそうです。
野菜の特徴だけでなく、料理方法もアドバイスしてくださいました。
たっぷりのミョウガは、きんぴらにしたら良いそうです。
で、十六ささげは蒸し茹でにして炒めてゴマをふり、醤油こうじドレッシングをかけていただきました。
ひとさやに16粒の豆ができるから「十六ささげ」、野菜豆の濃い味がして、噛むという行為がうれしくなる細長〜い豆でした。

Img_20140921_113531_2

美山の野菜売りのお兄さん、秋桜をたくさんありがとうございました。

またどこかで、お会いしましょう♪ (*^-^)

加加阿365の飴ちょこ

カカオも豆なり、でチョコレート屋さんを探検して来ました。

祇園・花見小路を入ったところにこの春オープンした「加加阿365」。

Img_20140915_130904_2

Img_20140915_134021_3

Img_20140915_134006_3

京都・北山に本店を構えるマールブランシュの別ブランドのチョコレート専門店です。

Img_20140915_133954_3

1年365日、毎日を特別な日として定め、それに合った紋を作り、チョコレート表面に日々描き出すという手の込んだ商品です。2個入り972円は、残念ながら完売していました。

これは、「再度いらっしゃい」ということですね。

Img_20140917_082709_2

Img_20140917_082802

送り用とは別に買ったMYチョコは、

飴ちょこの[きなこ

シナモンときなこの風味が、互いを引き立て合って、ホントおいしいの。口の中で溶かして楽しむねじり飴。

パッケージがとてもキュートでした。

あんこの講義

昔むかしの知り合いに久しぶりに会いました。5年ぶり? 7年ぶり?

その人はタバコをやめ、代わりにすこぶる「あんこ好き」に変身していました。
対等に話しをするには、今の私では足元にも及びません。そこで‥‥

Img_20140916_184444

Img_20140916_184424

これまで持っていた姜尚美さんの「あんこの本」だけでは事足りぬと思い、
あんこ読本」を新たに購入。
ショルダーコピーの
あんこなしでは生きられない」が、なかなか効いています。
◎東京・護国寺「群林堂」の豆大福・・・昼前に行かねばならない。ただし、日曜休み
◎東京・泉岳寺「松島屋」の豆大福・・・甘さ抑え気味なのが良いのだとか
◎東京・四ッ谷「わかば」の天然たいやき・・・パリパリ薄皮の天然たいやき
◎東京・麹町「一元屋」のきんつば、ぎんつば
◎東京・上野広小路「うさぎや」のどら焼き
  どら餡ソフト au lait なるものを食べてみたいです。
◎東京・浅草「亀十」のどら焼き
京都・河原町「???」冷やしぜんざい
以上、M氏のおすすめ。あー
何がすごいって、ハイボール飲みながら息もせず甘味ネタが登場するのです。
私にはわかりました。その方の話しは、自分の足で現地に行き、行列に並んで期待して買って、熱アツをほくほく頬張りながら記憶の底にインプットしていったデータベースに基づく話し。
あぁ、いつの間にこんなにアンコ好きになったのさ‥‥
月日は驚く早さで流れておりました。人生、2度目からが面白い・・・?

ばんざ〜い豆♪

今年の初・ばんざい豆

Img_20140913_140522

Img_20140913_140517

京都・八百一本館で見つけました。
本名は「シカクマメ」、沖縄産につき「うりずん豆」とも呼ばれます。
なぜにシカクマメかと言うと、わかめのフリフリみたいな辺が4辺ありまして、その断面からシカクマメと呼ばれるのでしょう‥‥

Img_20140913_140812

断面は‥‥ わかります? これって、シカク???

かつて、我が友人・めぐりんさん(雑穀アドバイザー)は、かつてこの豆を

バンザ〜イ豆」と称しておられました。それにあやかって、私も「ばんざい豆」と呼ばせていただいております。

ばんざい豆を使って作ったのは‥‥

Img_20140913_142843

大根ばんざいサラダ

薄く切った大根に、2〜3ミリ幅にカットしたバンザイ豆をちらし、塩と七味唐辛子を振りました。ポン酢やドレッシングでどうぞ。

Img_20140914_115418

こちらは、奈良・大和西大寺の piano ランチに現れたバンザイ豆

豆とホタテのラザニアに使われていました。ひよこ豆あおばた豆などがホワイトソースにのぞくラザニア。だんじりやお祭りで盛り上がるように、ばんざい豆が踊っておりました。ふふ ヽ(´▽`)/

Img_20140914_113851

Img_20140914_120315

余談

サラダバイキングや冷製パスタ、スープにもが使われていてうれしかったです。

手亡豆あおばた豆ひよこ豆フェジョンプレットばんざい豆‥‥ 豆好きさんにオススメのランチです。

豆ばん屋 アポロ

仕事で奈良市に行き、久々に豆料理探検に足を伸ばしました。ふふふ♪

Img_20140914_142236

Img_20140914_131708

Img_20140914_132644

目指すは近鉄郡山!
駅前の商店街を抜け、記憶をたよりにテクテク歩き…
残念ながら店休日の「森嘉」さんの前を通り過ぎ、そのまま真っすぐ進んで行くと
あ、あった!! 豆ぱん屋アポロさん!
何年ぶりでしょう? 3年? 4年? 奥さまもご主人も、「福岡の豆の人」と憶えててくださいました。

Img_20140914_133238

Img_20140914_134047

Img_20140914_191900

なつかしい店内には、以前と変わらぬ穏やかなやさしい空気が満ちていて…
あんパンや黒豆パン、いちぢくピザ、カレーパン、食パンと土偶クッキーを購入。
ゆずスカッシュをいただきました。
うれしいなぁ〜、豆ぱん屋アポロさん。夫唱婦随のやさしいお店。
お子さんが中学2年生になられたそうで、加えて私がオバサンになった以外、やさしいお店とおいしいパンは変わりません。
奈良にご縁ができたことが、うれしいです。

Img_20140914_141216

Img_20140914_141255

郡山の駅に戻る途中、通りがかりのお家の庭に、なた豆が成育中。
無断で写真を撮ってゴメンなさい。
豆・豆料理探検家は、やっぱり探検が好きです。
ひとり旅、楽しい一日でした。
ありがとうございます。

ただ茶豆(上等枝豆)

ある日の晩、風神 四条高倉店 のカウンターで、ひとりゴハンの私に気を遣って、高橋店長が話しかけてくださいました。

高「行きつけの店って、どこですか?」
の「・・・ 無言」
困った。私には、行き着けと言えるほどの店がない。いつも、ひとりゴハンだから、マメラボで適当にサッサと済ませてしまう。。。 行きつけの店・・・
あった!
唯一、「行きつけ」と言って許してくれる(かもしれない)店が・・・

Img_20140911_222633

Img_20140911_220450

ハジメちゃんがカウンターに居て、ニレちゃんやスタッフの皆さんに混じって、お客のような客ではないような店主が、振る舞い酒や振る舞いおかずに廻る店。
過日、私への振る舞いは「あしたのジョー」でした。
誰もできんよね〜、このニクイ心遣い。

Img_20140913_134042

上等枝豆には、(ただ茶豆)とカッコ書きされていました。

Img_20140911_220515

茶豆の若いのは「だだちゃ豆

ただ茶豆」はタダ(無料)の茶豆であるはずがなく、

ただひたすら茶豆であろうとする豆を指したカッコ書きであろうと推察しながらいただきました。

ハジメちゃん、バッキーさん、いつもありがとうございます。(◎´∀`)ノ

タマフクラと赤えんどう

仙台「すずや」さんのサイトに掲載していただいている「豆なレシピ」、

8月はタマフクラ大豆で頭がいっぱいでした。今月は赤えんどうで、あれこれ遊んでいます。
レシピが公開されています。
よろしかったら作ってみてください。どちらも意外に簡単ですよ。(・∀・)!

Img_20140813_132551

Img_20140825_131919_3

写真左 たまふくら大豆の梅ごはん

写真右 豚肉の生姜焼き 赤えんどうおろし乗せ

レシピはリンク先へどうぞ。(゚▽゚*)

イタリアのマカロニと青えんどう

北大路のVIVRE キッチンで、色とりどりのマカロニを見つけました。イタリアから輸入したデュラム小麦のセモリナが原材料のマカロニです。

・黒‥‥‥‥いかすみ
・緑‥‥‥‥ほうれん草
・ピンク‥‥ビート
・きいろ‥‥うこん
・ノーマル‥混ぜものなし  このような食材で色付けされています。

Img_20140830_183852

茹でたグリンピースと合わせて、オリーブオイルと塩コショウで味付け。
ほかの豆ですと、ひよこ豆フェジョンプレット白いんげんでも美味しいと思います。クリームソースで和えるのも良いでしょう。
「豆って、どう合わせたらいいんですか?」と、前々回の豆の勉強会で訊かれ、
「なんとなく合いそうなものをテキトーに合わせています。慣れというか、経験というか、豆の味を知っているから、合う、合わないを直感的に判断しています」と‥‥。
答えになるような、ならないようなことしか言えませんでした。
豆のこと、もっと勉強しようと思います。 (゚▽゚*)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »