« 今週の豆料理 | トップページ | きょうの豆、あしたの豆 »

空豆の焼き方研究

大垣書店のビニール袋にいっぱい、空豆をいただきました。

京都・大原産? かなりでっかいです。さっそく焼いてみました。

Img_20140518_075659_3

お餅を焼く網は焦げないように弱火で焼いていると、ちっとも焼けません。途中から中強火にして、箸で転がしながら焦げが着くまで焼きました。
肉厚の空豆、中はホクホクです。
太陽の光をいっぱいあびて育った豆なのだろうなと思いました。

Img_20140518_202048_3

Img_20140518_202015_3

ティファールに蓋をして中弱火で蒸し焼きにしました。
(スマホ代替機では、タテに撮った写真が寝てしまいます。どうしてやろう?)
火の通りは早いけど、豆の皮は肉厚、中身はふっくらホクホクです!
焼き網のときのような、ほんのり焦げ目の香ばしさはありません。
Tクンの空豆を、どうしたら最もおいしく食べられるのか、もうちょっと残っている空豆で試してみよう‥‥

« 今週の豆料理 | トップページ | きょうの豆、あしたの豆 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/56240019

この記事へのトラックバック一覧です: 空豆の焼き方研究:

« 今週の豆料理 | トップページ | きょうの豆、あしたの豆 »