« とうふは鮮度が命 | トップページ | 韓国の豆料理 »

キッチン・ライター

朝、豆ラボに来たら、まずカーテンをあけて、パソコンを立ち上げ、
台所の整理をしながら1日のスケジュールをおさらいし、
昨晩水浸けして帰った豆を火にかけて、手配関係をやり遂げてから
原稿を書き始めます。
豆ラボのキッチン入口の扉は開けています。
湯の沸く音、豆が煮える音、ご飯が炊けている音などが聞こえるように。
うっかり忘れて焦がさないように、タイマーは必需品。
かかる時間より少し短めにセットして、あとはパソコンに集中します。

Img_20140528_100528

6月のテーマ豆は、青えんどう
きのう水浸けした豆を、先ほどから煮ています。
台所で豆の煮える音を聞きながら原稿を書く。
しあわせです。
いちばんやりたかったスタイルで、私はいま仕事をしています。

« とうふは鮮度が命 | トップページ | 韓国の豆料理 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/56345864

この記事へのトラックバック一覧です: キッチン・ライター:

« とうふは鮮度が命 | トップページ | 韓国の豆料理 »