« 空豆の焼き方研究 | トップページ | とうふは鮮度が命 »

きょうの豆、あしたの豆

あっと言う間に金曜日、週末で〜す♪

金時豆月間、先ほどから豆なレシピ の制作中。合間にちょっと、ひと休み。

Img_20140518_101148

金時豆の甘煮は、子どもの頃から食べていた馴染みの豆で、法事のときとか、村のお祭りのときとか、必ずあった気がします。

豆って、そういうもんだと思っておりました。でもね、いま私が目指しているのは、ふつうのご飯の食材として使う豆。

豆料理に目覚めた頃は、手をかけることが良いことで、調味料なんかも工夫して、いろいろやった感が喜びでした。

だけど、今はちょっと変わってきました。

1週間に1回、豆のレシピを作っていってると、作るのも食べるのも体力と気力がいります。そうすると、奇をてらったものよりフツウのものが食べたくなります。

だから最近は、できるだけフツウの食卓に並べてもらえそうなものを考えます。たった一度だけ作ってお終いになるより、カンタンに作れて、「あぁ、おいしかった。また作ってみよう」と思っていただけるようなもの。

豆料理はめんどう、手間がかかる、難しい・・・ の感覚をとっぱらって、

「豆料理は楽しい、ちょっとうれしい、なんか良さげ〜♪」みたいなことを感じてもらえたら、豆ワールドがもっと身近に広がっていくかな、と。

私の夢は、豆のことで世界中の人と話しをすること。

「ニッポンの豆料理はやっぱ、すごいね」な〜んてアチラの言葉で言ってもらえたら、うれしい。

誰かが誰かのために作るゴハンがおいしいと、しあわせな気分でいられます。

最近は、こんなことを考えながら、豆のレシピを作っています。せっせ、せっせと課題をこなすように週1レシピを作っていたら、豆のお友だちもできました。

こんなチャンスをくださった豆・雑穀の専門店「すずや」の杉山店長に、感謝しています。

杉山さん、いつもありがとうございます。   のどか

« 空豆の焼き方研究 | トップページ | とうふは鮮度が命 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/56286852

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの豆、あしたの豆:

« 空豆の焼き方研究 | トップページ | とうふは鮮度が命 »