« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

試食応援隊 その1

本日の試作。

Dsc_23511

白花豆と白いろいろシチュー

白花豆を使ったレシピの第一弾。牡蠣とカリフラワーと蕪が入っています。
レシピを作るために、それ相応の量を作っていたら、例によって3〜4人前できてしまったわけですよ。。。
自分で食べたら、牡蠣のいい出汁が出ておいしかったので‥‥ スマホで連絡。
ふふふ。食べに来てくださいました。
「気にせんと、仕事しとってな〜」と言って、モリモリ食べてくれたTさん。ありがとう!
「その豆、白花豆っていうんよ。北海道の豆なんよ」。「へぇ、そうなん」。
いい人です。お替わりもして、鍋を空にしてくれました (o^-^o)
おかげさまで、今日の私はすこぶるハッピーです。

桜餅風味あんぱん

1日、缶詰になって悶々と原稿を書いておりました。

Dscn9942

ヤマザキの桜餅風味あんぱん。

Dscn9945

白いフワフワのパンです。桜の花の塩漬けがのっています。割ってみると

Dscn9947

こんな感じで、桜餅みたいなお餅も入っておりました。アンコはしっとり系で、けっこう甘いです。

あぁ〜。さくら餅、今年は自分で作ってみようかなぁ‥‥。道明寺はあるし、食紅もあります。あとは桜の葉っぱを買ってくるだけ。そうそう、関東のさくら餅って、あんこを桜色の薄いお餅でくるんでいる桜餅なんですよね。

関東版のさくら餅も、また食べたいなぁ‥‥ (゚▽゚*)

次は「白花豆」

Dsc_23341

試作に使う豆が届きました。2種類、計6袋。3月は「白花豆」、4月は「紅大豆」の予定です。

北海道産の白花豆はベニバナインゲンの一種で「豆の女王」よ呼ばれているとか。山形県川西町産の紅大豆は、珍しい品種の赤大豆で「在来種」の豆だそうです。

どちらも何度か使ったことがあります。3月と4月、4種類ずつレシピを作ります。頭の中に今からイメージが広がっています。

マメラボでは、豆なレシピの試食応援隊を募集しています。適当なタイミングで声をかけられて困らない方、よろしくお願い致します。都合が悪いとき、パス3まではOKです。

レンズ豆とイエロースプリット

本日の試作を2つ。

Dsc_2318_2

Dsc_2325

左はレンズ豆を使いました。
赤ワイン煮を和牛に添えています。
右はイエロースプリットを使っています。
玄米とイエロースプリットのサラダ。リーフレタスとトマトの赤が効いてますね。主食としても、副菜としてもおいしくいただけます。
初めて使ったトマトは、プチトマトよりもっと小さい「マイクロトマト」という名前です。愛知県三河温室園芸組合の「みかわっこ」というトマトだそうです。
ワインが気抜けしないように、日曜日の昼間っから‥‥
うふふ。しあわせです (*゚▽゚)ノ

77のチョコレート

Dsc_22861

昨日、すこぶる好いことがあったから、久々の自分へのご褒美に立ち寄りました。

あぁ「立ち寄り」はウソで、ものすごくグルグル廻って見つけました。京都・四条通りの柳馬場(やなぎのばんば、と読みます)の、うにょうにょ行ったとこ。

Dsc_22811

77」のドアの奥に潜むのは、おいしそうに並ぶチョコレートと白いユニフォーム姿のショコラティエさんの穏やかな笑み。

店にはチョコレートの「おしながき」があって、ショーケースのチョコレートには名札とお酒の小瓶が添えてあって、味を想像すると口の中にじゅわ〜っと唾がにじんでくるような‥‥

アールグレイ、キャラメル、しょうが、ガラムマサラ、木苺、パセリ、丁字、シナモン、ラム、コアントロー、カルヴァドス、アマレット、アブサン、アイラ、キルシュ、グラッパあたりが気になりました。

ふふふ。厳選・のどかセレクトの4品。

Dscn0634

写真の上段左から「しょうが 強」「しょうが」

   下段左から「アイラ(アイラモルト ボウモア12年)」「丁字」

あはは。アイラって強いウイスキーですよね。(*^-^) しあわせだなぁ〜。

クローブも、チョコレートと合わせると、こんな味になるんだ  (゚▽゚*)

チョコレートをアテにウイスキーを舐める‥‥大人の楽しみを教えてくださったのは、「星のや 京都 」に新たにオープンした「Salon and Bar 蔵」のスタッフさんです。

77 ショコラティエ ドゥーブルセット

次はカルヴァドスやコアントローをいただいてみよう、っと。

クラブハリエのクラシック・ショコラ

阪急うめだ本店の「バレンタイン博覧会」で買った中の一つ。

Dsc_2226

クラブハリエハンドメイド・キット 1,000円でした。

Dsc_2227

焼き型にはオーブンペーパーがジャストサイズにセットされており、スイートチョコやミックス粉、砂糖1(卵黄用)、砂糖2(卵白用)、パウダーシュガーが別々の小袋に分けられていました。

Dsc_2241_2

Dsc_2240_3

Dsc_2242

よくできた手作りキットです。

作り方説明もわかりやすかったし‥‥

慣れないオーブンレンジで焼いたことを除けば、あとはすべてOK

出来上がったクラシック・ショコラは‥‥

Dsc_2256

Dsc_2247_2

Dsc_2248_2

(中)パウダーシュガーで模様も描いて‥‥

(左)キットが包まれていたペーパーを活用して、一応ラッピング‥‥

(右)おいしくいただきましたとさ。

さすが、クラブハリエの手作りキット、1,000円で充分楽しませていただきました。

ありがとうございます (*^-^)

届いた?

2月14日、金曜日、雪。

Dsc_22381

チームのみんなに持っててほしくて‥‥

Dsc_22291

想いって、ホントに届くのかなぁ・・・?

サロン・デュ・ショコラ

Dsc_21861_2 ジェイアール京都伊勢丹とJR大阪三越伊勢丹で開催されているサロン・デュ・ショコラを覗いてきました。

まず、目に入ったのがこれ。
KansaiWalker とタイアップしたサロン・デュ・ショコラのガイドブック(A4×12P)です。
年に一度のチョコレートの祭典は、百貨店ごとに様々な工夫がされていて興味深いです。
京都の伊勢丹では今年が9回目、大阪三越伊勢丹は今年3回目の開催だとか。年々熱が増しているように思います。
京都の伊勢丹はサラッと流して、大阪三越伊勢丹の10Fへ。
個人的に最も気になったのは、ガトー・ド・ボワさんのショーケース。マメラボの近くにあるAOさんと関係深いお店だそうです。
Dsc_2144_2
Dsc_2143_2
Dsc_2146_2
Dsc_2145_2
*写真はお店の方にお断りして撮らせていただきました。
昨年見て印象に残っていたチョコ〜白い器からスプーンですくっていただくあのチョコも、ボワさんのだったんですね。
会場内には、洋モノのチョコも華やかに並んでいました。ジャン=ポール・エヴァンピエール・マルコリーニなんかも実においしそう。きっと、ご本人たちはストイックな職人さんなのでしょうね。

Dsc_2149_3

Dsc_2150_4

Dsc_2148_2

日本のチョコも、様々に工夫を凝らしたものが‥‥
パフェを象ったもの、動物が顔を覗かせるもの、ハンマーで割るチョコな〜んていうもの目に入りました。
今日はきっと、日本中の百貨店やお菓子屋さんで、チョコレート売場が大混雑してるはず。バレンタインデーまで、残すところあと3日。
お菓子屋さんとパティシエ、ショコラティエの皆さん、体調に気をつけてあと3日を乗り切ってください。(゚ー゚)

あずき

Dsc_2204 日曜日、午後。台所で小豆を煮ています。

これは北海道・上士幌町の村上農場
栽培されたエリモショウズです。
赤飯を作るのに使っていた残り。
たぶん、ぜんざいあんこになります。
ひとりで食べてしまうとコワイから、
誰か食べに来てください。
頼まれなくても、最近は
あちこちに出前をしています。
私がぜんざいやら、おはぎやら持参しても
「?」という顔をしないように‥‥
京都・うす曇り。外はさむ〜い冬色をしています。
マメラボに来る前に寄り道してたら、
四条のあたりでこんな店を見つけました。
Dsc_2199

八木厨房機器製作所
Dsc_2197 Dsc_2196 Dsc_2195
欲しいなぁ、銅製のシチュー鍋。赤銅色が、ぴかぴかに輝いていました。

バレンタイン チョコレート博覧会

阪急うめだ本店で開催されている「バレンタイン チョコレート博覧会」を覗いて来ました。

Dsc_2162_2
平日夕方の人の群れ。チョコドリンクやできたてトリュフチョコレートなど、小腹を満たす仕掛けもいろいろ‥‥
Dsc_2163_2
見取図はこんな感じ
Dsc_21731_4
とにかく広い会場です。フロア全体がチョコレート!
Dsc_21751
大階段の前の広場は、タブレット(板チョコ)ミュージアムになっていました。
Dsc_21761
テースティングバーも寄りたかったなぁ。
Dsc_2158
こっちは板チョコの棚。
Dsc_2159
反対側は56Chocolatesのスペースでした。38 あずき、43 レモンソルト、50 ジンジャー、214 ストロベリーシャンパン‥‥ 目移りします。
Dsc_2160
そして、何より驚いたのは‥‥
Dsc_2165_4Dscn0580_6
阪急のバレンタインチョコレートのカタログです(写真左)。
A5サイズ×143ページの冊子は、「無料でいただいていいんですか?」と訊ねてしまうほど‥‥
売場面積といい、カタログといい、楽しませる仕掛けといい、気合いの入り方が違います。
これから214までカウントダウンで混み合っていくのでしょうね。
世界中のチョコレートが日本にやって来て、日本のチョコレートもしのぎを削り、年々見応え度がアップしています。
1年に1度のチョコのお祭り♥大好き〜 o(*^▽^*)o

チョコレート売場の視察

私が豆の日に浮かれ余韻に浸っているうちに、世間はすっかりチョコレートの日へまっしぐら。
個人的関心から、チョコレートはカカオ豆から作られるため、豆の仲間に入れています。よって、探検は毎年欠かさず・・・

~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ
ジェイアール京都伊勢丹とJR大阪三越伊勢丹を覗きました。どちらもスゴイ!
ジャン=ポール・エヴァンエス コヤマサダハル・アオキ‥‥やっぱり光ってますねぇ~

   *   *   *

そして、本命の阪急うめだ本店9階へ
バレンタイン チョコレート博覧会

博覧会ですよ、あれはホントに‥‥ 半端ない人の群れと店の数、世界のあちこちからチョコレートが集められ、なんだかチョコレートのオリンピックみたいです。

タブレットチョコレートミュージアムには板チョコが並び、テースティングバーも用意されていました。そして、メインの博覧会会場は蟻の巣状態‥‥

和楽紅屋クラブハリエ、光ってました。
ブルガリ・・・かつていただいたチョコは、こんなに高価なお品だったの!? と大驚き!
マリベルは京都ではなく、ニューヨークを前面に出してたし、ル・コルドン・ブルーがこんなところに? と探したし‥‥

   *   *   *

おそらく消費税が8%になっても、10%になっても、チョコのお祭りってすたれないだろうなと思いました。日本という国は、すこぶる平和な国です。
海外の甘いマスクのショコラティエさんたちが大量に訪れて、チョコレートの価格は天上知らずに上がっていくような気がします。

8日(土)、9日(日)、11日(祝)と、売り場はすごい事になるのでしょうね。
「品切れ」「完売しました」表示がそろそろ、ショーケースに見え始めていました。

亀屋良長「福」立春大吉

2月3日の「豆の日」にいただきました

Dscn0468 Dscn0470常滑焼きの急須と亀屋良長さんの和菓子です。
亀屋良長さんのは福升に入った「立春大吉」という京干菓子です。
福のもなかとか、お多福さんとか、金平糖とかの左上と、
そら豆の形のきな粉味の和菓子(すはま?)が入った右下部分。
趣向を凝らしたいろ〜んな和菓子が、美味しく詰め合わせられてて‥‥ 私が言うのもなんですが「さすが、京都」って感じです。
   *  *  *
言葉はなくとも「常滑焼きの急須で美味しいお茶を入れて、豆の形のお菓子で一休みしてね」というTさんのお心遣いが伝わってきます。うれしいなぁ、豆の日を憶えててくれて‥‥ Tさん、ありがとうございます。ひとりでこっそり、今日も福のお菓子をつまんでいます。

本日の試作

レンズ豆を使った料理の2品目を試作しました。

Dsc_21421
不思議ですよね。何にしよう〜? と考えていると、向こうからヒントがやって来てくれます。
これは、新年会のとき、デザイナーさんが差し入れしてくださったミートローフのアレンジです。挽き肉を減らし、レンズ豆を水煮にして混ぜました。レンズ豆が肉減らしの役を担っています。
玉ネギ、カラーピーマン、セロリ、チーズも入っています。味見してて気付いたのですが、これってハンバーグの塊みたいです。
思いがけずたくさん出来たので、美魔女のMさんにも試食係をお願いしました。今夜、Mさん家の食卓にもマメラボのおかずが並ぶはず‥‥
ご主人様のお口に合えばいいな (゚▽゚*)
次はサイコロカットのパイナップルとか入れてみよう〜 (*^-^)

福は〜内!

2月3日、豆の日

皆さんは豆まきをされましたか? 私は‥‥
Dsc_21191
今年も護王神社の豆まき神事をのぞいて来ました。
青鬼さん、赤鬼さんの姿に泣く子もいたけど、記念撮影リクエストに応じるなどサービス満点 (゚ー゚)
去年の反省を踏まえ、ことしは最初から人混みに入り込んで‥‥
豆をGET!!
うふふ。拾うことができました〜♩ 節分の豆は、大豆ですよ〜
Dsc_2122 Dsc_2129福は〜うち! 福は〜うち!
人々の願いを山のように受け止めて、和気清麻呂公は今日も凛々しいお姿で、微笑んでおられましたとさ。
福は〜うち。あなたにも、ハッピーな出来事が訪れますように (*^-^)

きな粉コーヒークッキー

Mさんが送ってくれた「きな粉コーヒークッキー

Dsc_21101_2
兵庫県豊岡市の kajukasi さんのお菓子です。サクサクしてて、コーヒーの風味が効いてます。Mさ〜ん、おいしくいただいてま〜す (*^-^)
Mさんは明日が再就職の1日目。
新しい職場でいろいろ大変なこともあると思うけど、能力のあるMさんだから大丈夫。早く職場になれて実力を発揮できますよう、応援しています。
きな粉コーヒークッキーをいただいていたら、一昨年くらい前に熱心に作っていた「きなこぼーる」を思い出しました。。。
 

妙満寺にて

枯山水の名庭「雪の庭」を愛でつつ
茶の湯あそび

Dsc_20811

雪は降らなかったけど、ランディーさんのお点前で、茶の湯のときを満喫してきました。
Dsc_2100_2 Dsc_2080お菓子は、ランディーさんのお店「らん布袋」から。
パウダーシュガーを雪に見立て、メープルシロップときな粉を使った和洋菓子だそう。
ランディーさんのふるさとカナダと日本が融合したお菓子を、勧められるまま手づかみでいただきました。
プロデュースしてくださった桜風舎さんの季刊京都には、〜茶の湯は、亭主と客の間に通う人間的な心の交流が何よりも重要な要素であり、それが「和敬清寂」の精神〜 と書かれていました。
ランディーさんのお茶をいただくのは3回目。人を和ませ、楽しませるお心遣いが素晴らしい方で、とてもステキな時間を過させていただきました。
きな粉の和洋菓子、また食べたいなぁ‥‥

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »