« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

週刊朝日 老舗への散歩道

Dscn0108_2 11月26日発売の「週刊朝日 12・6号」に、
黒豆の老舗「黒豆茶庵 北尾 錦店」が掲載されています。

表紙から続くカラーページで、キャロライン・ケネディさんの
次のページに「老舗への散歩道」として載っています。

私もちょっとだけ関わらせていただきました。
感慨ひとしおです。

Dscn0109
京都丹波産「新丹波黒」の黒豆、「京・丹波ぶどう黒豆」のことが紹介されています。

Dscn0111
北尾 錦店」、私が豆の探検家になって初めて錦市場を訪れたとき、もっとも輝いていた黒豆の老舗、こうしていま関わらせていただいていることを、なにより有難く感じます。

老舗への散歩道〜北尾 錦店の最寄駅は、
京都市営地下鉄烏丸線「四条」、阪急京都線「烏丸」「河原町」駅

店は、寺町通りから歩くと富小路通りへ行く手前にあります。
師走が近づいています。そろそろ、お正月の黒豆を気にする時期となりました。

チキンビーンズ

Dscn0012 数日前、たまたまテレビで視た辰巳芳子さんの料理、確かこんな感じだったかな? と思い出しながら作ってみました。

豆なブログに載せるつもりで、豆寄りな写真になりました。
大豆は「こうじいらず」を使っています。
鶏は、辰巳さんは手羽先を使われていましたが、私のは手羽元です。

みじん玉ネギを炒め、先に焼いておいた手羽元と共に、茹でておいた大豆、缶詰のホールトマトを一緒に煮込みます。鶏から出汁が出るので、味つけは塩だけ。仕上げに黒胡椒と生のオレガノをのせました。

付け合わせは、ベビーリーフと蕪、キュウリの生野菜サラダ。その他、イタリアンを意識したおかずを2〜3品。
新マメラボは、昼ごはんを食べるのに似合います。

辰巳さんの真似をして、初めて鶏と合わせたところ、なんだかいい感じにまとまりました。

よかった〜 (*^-^)

納豆丼

Dscn9977
京都市内の食品店に並んでいるのを見つけ、思わず衝動買いしました。
下仁田納豆 南田本店」さんの商品です。国産の小粒大豆が2パックセットで158円でした。ふつうに売ってる3個パックの納豆より、ちょっと高め‥‥

Dscn9978
入っているのは、見る限りふつうの納豆とタレ。

新開発の「専用つゆ」でおいしさ倍増。たっぷりつゆ使用
ごはんにしみ込むつゆだく納豆!

と書かれています。わくわく‥‥

Dscn9979
なんだか、ふつうの「納豆ごはん」のような感じがしました。
これではあまりに素っ気ないので、自分で塩こんぶとネギを足しました。

「納豆丼」と書いてあったけど、よく考えるとふだん食べている「納豆ごはん」‥‥

商品のネーミングやラベルデザインって、大事なんですよね。

週1本・豆なレシピ

Dsc_1743 7月から始めた「豆なレシピ」の仕事、毎週1本、週明けに提出しています。
よって、土日は欠かさず豆料理をつくり‥‥ うまくいかないと平日にも‥‥

11月は、ひよこ豆を使って作ります。
これはポトフ。玉ネギ、大根、人参、ブロッコリーを合わせました。けっこう好い感じの写真が撮れるようになったのは、新マメラボで陽の光りのある時間帯に自然光で撮っているから。
苦節4ヶ月、まるでジム通いのように、豆料理を作り続けています。

この「ひよこ豆入りポトフ」ほか、豆なレシピは、すずやさんのサイトでご覧いただけます。

おすすめをいくつか、ご紹介します。
ひよこ豆のマッシュオムレツ
大豆出汁のけんちん汁
青大豆の奈良茶飯
緑豆と春雨のチキンスープ
手亡豆入りラタトゥイユ

マイブーム

最近、豆料理を作る仕事が続いています。

Dscn9894 Dscn9898 Dscn9931 左から「大手亡」、「小豆」、「ひよこ豆

1合くらいまでは、この南部鉄の鍋で煮るのにちょうどいいです。
何年か前に買って、数回しか使っていなかった鉄鍋、こんなところで役に立つなんて‥‥

鉄分が目に見えないくらい少しずつ溶け出していくそうです。女性は特に、鉄分を取り込んだほうが良いそうです。

ふつうの鍋で煮るより、早く煮えて便利です。鉄分を意識しながら、時々思い出しながら、仲よく付き合っていこうと思います。
豆料理は、まだまだ奥が深いです。

8の日のご馳走

Dsc_1715毎月1日と15日は、赤飯の日」と言い続けて早4年目。雑穀カレンダーにも掲載していただけたり、某穀物販売店の新メニューに登場するなど、いい感じに広がりを見せています。

1日と15日以外でも、思い立ったが吉日♥のお赤飯。
「8」のつく日に作ることに。
今回はもち米+うるち米4合と、京丹波の大納言、いただき物の栗を使いました。

秋の気配のあるうちに、栗のお赤飯を作りたかったのです。
まずは、朝のお弁当のご飯に。そして、おにぎりに。
1個100gの目安で11個とチビ1個ができました。

食べた人3人。
着ぐるみIさん、5つ。未来のスーパースターSさん、4つ。私は2つ。
みんなで食べる昼ごはんは、おいしいですね (゚▽゚*)

栗を入れるときは、栗の分の水分を加算するのがコツです。
おおよそ栗2個で水大さじ1杯分くらいが適当かと思います。

「8」の日のお赤飯、また作ろ〜っと。

マメラボにお客さま

豆料理の試食係として、ステキなご夫婦がマメラボに‥‥

用意した料理は、ひよこ豆のカレー、キュウリの糠漬けポテサラ、柴漬けサラダ、きんぴらごぼうと大豆のサラダ

Dscn9935
食後の甘味は、黒糖白玉と塩ぜんざい

Dscn9941 Dscn9949
二人とも最後まで、しっかり食べてくださいました。

この日、食卓に上がった豆は、ひよこ豆、大豆、小豆の3豆でした。

Dscn9936
お友だちのTクンと、奥さまのNちゃん。終始笑顔のNちゃんを見ていたら、Tクンの愛情の深さを思いました。また、ゴハン食べに来てください。

& 末永く、おしあわせに〜 ヽ(´▽`)/

亥の子餅と塩ぜんざい

1383546030696 1383546044271連休の最終日ですね。
おかげさまで、いろいろ楽しいことが続いてます。

11月1日の晩、護王神社 恒例の「亥子祭」に行ってきました。
陽気な亥子囃(いのこばやし)につられて、餅つきに飛入り参加させていただきました。
杵って、けっこう重いんですね。
♪ つくつく つくつく ほ〜いほい え〜いえい! (゚▽゚*)

全部で3臼分の亥の子餅が、参拝の人たちに振る舞われました。

Dsc_1646 Dsc_1644 Dsc_1705 護王神社の亥の子餅には、御神木の花梨黒ごまピーナッツ黒砂糖が練り込まれているとのこと。

亥の子どもみたいな色だから、亥の子餅♥。ぷんわり温かくって、やさしいお味です。
神社で一ついただきて、もひとつ、こっそり持ち帰り‥‥

塩ぜんざいを作りました。ふふふ。いい感じ (・∀・)! ごっちそ〜さまです!

護王神社は、私の守り神社です。

初めて聴いた本郷さんの祭り囃子〜♪ いまも耳に残っています。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »