« かのこ豆のパウンド | トップページ | 丹波の黒さや »

レッドキドニーのお赤飯

Dsc_1338_2 9月になりましたね。

9月1日、本日は「防災の日」だそうで、関東大震災が発生したのが90年前の今日とか‥‥ そんなことを意識しながら、本日は防災用品の原稿を書きました。

そして本日は9月1日につき、お赤飯を作りました。
いつもだったら、小豆か大納言を使うところですが、9月の豆はレッドキドニーとあって、ふふふ。作ってみました。

レッドキドニーのお赤飯 (*^-^)
前に仕事でご一緒したことがある某シェフが、海外修業に発たれる前に、「お赤飯、レッドキドニーで作ってみましたよ」と。

そのお言葉が記憶にあったので‥‥
レッドキドニーらしい仕掛けを、と思って、コンソメを使って鶏肉と共にリゾット風に炊く、な〜んてことも考えましたが、今日のところはオーソドックスなお赤飯に。

レッドキドニーのお赤飯、金時豆で炊くのと同じようなお味です。
ふっくらホクホク、金ごまも入れて少し香ばしさを出して‥‥ 細長い豆が西洋顔をしています。

今日の器、初おろし (゚▽゚*) 天平大雲の文様です。
あ、つやまさ〜ん、文様の名前、合ってますか?

9月2日 追記/つやまさんからの答え

■天平大雲
三つの雲塊を細い尾で連結した連雲であり、天上に大きくうねる唐風の雲はとても縁起のよい瑞雲です。雲は雨を呼び、実りと豊穣を表すことから良きことを呼び寄せ運気の上昇を願うものでもあります。その名の通り天平時代の香りが漂って、実におおらかないにしえの文様です。

« かのこ豆のパウンド | トップページ | 丹波の黒さや »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

つやまさん、こんばんは。

コメントを入れてくださって、ありがとうございます。
天平大雲、よかった。名前あってたんですね。
この器は何も入れないときより、何かが入ったときのほうが生きる器のように思います。
トトさんがお抹茶以外でもかまわないと言われていたので、いろんなのを入れて遊んでみます。

ふふ。つやまさんにも、いつかこの器で‥‥

レッドギドニーのお赤飯ははじめてですね。のどかさんの愛情をお豆に注ぎ、つくったお赤飯は、さぞおいしいでしょうね!
うらやましい、、、
さて、文様の名前は正解です。
素敵な意味がありますので、あらためてお伝えさせて頂きます。
■天平大雲
三つの雲塊を細い尾で連結した連雲であり天上に大きくうねる唐風の雲はとても縁起のよい瑞雲です。雲は雨を呼ぶことから実りと豊穣を表すことから良きことを呼び寄せ運気の上昇を願うものでもあります。その名の通り天平時代の香りが漂って実におおらかないにしえの文様です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/53111000

この記事へのトラックバック一覧です: レッドキドニーのお赤飯:

« かのこ豆のパウンド | トップページ | 丹波の黒さや »