« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

かのこ豆のパウンド

かのこ豆4種類が入ったパウンドケーキ、横浜の母さんから届きました。

Dsc_1315
パティスリー ブランフルーヴの焼菓子です。

Dsc_1319

かのこ豆のパウンドには、大納言と青えんどう、手亡豆、小豆が入っています。
ラム酒がけっこう効いてます。しっとり、おいしいです。

「ご夫婦でやってらっしゃる店なのよ」と、母さんは言われてました。
横浜市青葉区にあるパティスリー、行ってみたいなぁ‥‥

豆なレシピ

7月から担当させていただいている「豆・豆料理探検家の豆なレシピ」、仙台にある豆と雑穀の専門店「すずや」さんのサイトに載せていただいてます。

今回つくったのは「緑豆入り冷や汁」です。
蒸暑い夏を乗り切るのに、身体の熱を冷ましてくれるものと思って、キュウリと緑豆の組み合せにしてみました。

Dscn9964
材料は、
白ごはん、カツオ出汁のみそ汁
緑豆、鯵を焼いて身をほぐしたもの、ミョウガ、大葉
彩りに梅干しをのせてみました。

具入りお茶漬けみたいにサラサラ〜っと食べられます。
「鯵」という魚ヘンの食材が、食卓に上がるのが何ともシアワセ。
だって、仕事ですもん!  (*^-^)

今日の植物園

Dsc_1303_4 Dsc_1305_3 Dsc_1306_2うちの庭、と呼ばせていただいている京都府立植物園で読書のあと、豆の木の様子を確かめに行きました。

植物園の豆の木、名前を「トウサイカチ」といいます。/写真の真ん中
寒い季節に、10〜15cmくらいの茶色い莢(さや)が地面に落ちていたのを、拾ったことがあります。
今日の植物園は、小雨がしとしと、トウサイカチの近辺はうっそうと茂る森のようでした。

ようやく「海賊と呼ばれた男(上)」を完読。
私のふるさと・福岡県生まれの男は、やっぱイイです。

「きなな」の「できたてきなな」

Dsc_1196
アイスクリームに見えるでしょう? これが、できたてきなな
きなこ味のアイスです。

祇園に用事の帰り、「きなな」に寄り道しました。
いつもながらのすっごい人の入り。2階はもちろん満席で、1階までズラ〜っと2列に並んでて‥‥

そんな時でも、比較的すぐに食べられるスタンド席。
ここでは「できたてきなな」のみがオーダーできます。

最初っから「できたてきなな」のつもりで行ってるから、待たずにラッキー!
とろ〜んときなこ味。おいしいなぁ〜。クセになりますヨ。

北山「IN THE GREEN」にて

マメラボのある北山に、8月にオープンした「IN THE GREEN」、植物園の門のところにあるトラットリア&ピザ&カフェです。

オープンした日から、連日大盛況の感じ。私は並ぶつもりで、本を携えて行きました。豆探険のつもりではなかったけど、あったんですよ。豆のおかずも‥‥

Dsc_1210 Dsc_1211 Dsc_1214 左はピッツァ・マルゲリータ、真ん中の写真は、ランチプレート、右側の写真の緑色のブロックにが使われていま〜す♪ 枝豆とキュウリと鶏肉を和えてありました。

ほぅ、こんな組み合せもアリなのですね〜

Dsc_1208 ふふふ。昼間から白ワインを飲みました。

世の中のお盆休み、私は連日「書く」仕事をしています。
頭がそろそろ「銀色」になりそうです。

物語も1本書きました。

並んでる間に写してもらった写真が、いつになく若く見えるので、
記念に載せておきます。

「IN THE GREEN」は、おそらく来春、桜の名所になると思います。

夜桜を愛でながらピザを頬張る‥‥ いいかも!

八坂さんあたりで

あす、8月15日は「赤飯の日」。明日は心おだやかに、お赤飯をつくりましょう。

Dscn9470 Dscn9473 すっかり、お盆です。

仏さまへのお供えは「黒豆素麺」、黒豆の北尾さんで買いました。

「純手のべ」の黒豆素麺には、京都丹波産の黒豆「新丹波黒」が練り込まれています。

麺を食べたときのツルンとした独特の喉ごしが、何とも言えません。黒豆の余韻が、口の中に広がる感じ。

仏の皆さまにも、喜んでいただけますように。

Dsc_1188これは、八坂神社の近くの北尾 祇園店でいただいた黒豆御膳の黒豆素麺です。蕎麦みたいな色に見えるのは、黒豆の表皮の色でしょうか。

ほのかに黒豆の香りも感じられます。氷で冷たくしめて、おいしい素麺です。

食事も然ることながら、スタッフのやさしいお気づかいが、うれしいお店です。だから、いつもあんなに賑わっているのでしょうね。

豆のお皿

Dsc_1200「清水で見つけたから、買ってきた」と、
豆のお皿をくれたTさん。

お皿は2枚ありました。
左の写真の豆3粒と、もう1枚は豆2粒。

お皿は、つまみ入れに使っています。
上からアンチョビー、わさびの茎の佃煮、
とうふの味噌漬けです。
冷や奴には、しそわかめをのせました。

今夜も、矢沢のビールがうまい!
気温は連日上昇中。
京都も間もなく、40℃を越える日がやってきそう‥‥

植物園の薬草豆

1週間がたつのって、早いです。なんだか、いつもの3倍速くらいで時が動いている気がします。ついていけずに右往左往している今日この頃‥‥

植物園の記。

「ウチの庭」と呼んでいる植物園(京都府立植物園)で、こ〜んなものを見つけました。
Dsc_1150 Dsc_1142 Dsc_1141 左から「おかめかぼちゃ」、
真ん中は「薬草まめ」、
右は生まれたての「アブラぜみ」

植物園に行くと、いつも、何かしら面白いものが見つかります。
薬草園にあった豆は、何でしょうね? 葉っぱは萩みたいですが、萩にはまだちょっと早いです。

広大な「ウチの庭」は、この季節、朝の間に行くのがイイ感じ。
庭師さんたちも清々しく仕事をされています。
ゲストはお年を召した方か、小さいお子さま連れが多いです。

入園料 200円で、自然を愛でながらゆっくりお散歩するのもいいですよ。

Kさんからの鯛焼き

とある夕暮れどき、パソコンに向かいて頭をフル回転させていたら、Kさんからおみやげが‥‥。

Dsc_1112

ふふふ。ステキなパッケージ。鯛の形の中身は‥‥

Dsc_1113
じゃ~ん。パッケージと同じ形です。あ、パッケージが鯛に合わせたのね。

Dsc_1111

久しぶりの鯛焼きでした。芋あんと小豆の餡と1個ずつ、鯛焼き2匹がおなかの中へ‥‥
鳴門鯛焼本舗さんの鯛焼きは、三条商店街で買って来てくださったそうな。皮がサクッとしてて、ふんわりあったかくて、なんとも美味しかったです。
Kさん、ごちそうさまでした~♪
 

枝豆だいふく解禁

Dscn0095

8月1日、「枝豆だいふく」解禁
を待って、仙太郎さんの本店に行きました。
解禁日の午後3時頃、既に枝豆だいふくは残り4個に‥‥ 買い占めて、向かったのは‥‥ 京都市右京区。
食べた人たちは、この三銃士+ワタシ!
Dsc_1099 Dsc_1101 Dsc_1103写真左から、ボス・Sさん「枝豆の塩の効き具合がいいですね~」
写真中央、Eさん「甘いのは1個だけでエエですわ」
写真右、T専務「へぇ~、これ、仙太郎ですか? 初めて食べます」
暑い暑い夏の午後、アツすぎる男たちはデッカイ夢を語り、枝豆だいふくはデッカイおなかの中に消えていきましたとさ。
今年の枝豆だいふく、もう1回、2回、3回買ってみて、そのお味を堪能したいと思います。
三銃士の皆さん、いつもありがとうございます。     のどか

寿ぎのお赤飯

Dsc_1090_3Dsc_1097_3 8月1日、

本日「赤飯の日」につき、早起きをして、お赤飯をつくりました。
今日はちょっと特別です。「寿ぎのお赤飯」を使いました。
寿ぎのお赤飯は、和的生活通信さんと赤飯運動実行委員会のコラボ開発で誕生しました。
あれから、数か月・・・
慌ただしく、目まぐるしく、様々な出来事があったような、なかったような‥‥
私は元気にしております。今日も朗らかに、好きな仕事に専念できることを喜びながら、赤飯弁当を口にしました。
おかずは、出汁巻き卵焼き、レッドキドニーと大原野菜のラタトゥイユ、ブロッコリー、いただきものの牛蒡天。あ~、満腹~♪
「寿ぎのお赤飯」、水の量を当初は300ccくらいとお伝えしていましたが、今朝のあんばいからすると、320~330ccくらい入れるのが、適当かと思います。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »