« 「白あん」が ねぇ‥‥ | トップページ | まだまだ、なのですが‥‥ »

「ひいらぎ」の冷珈琲

Dsc_1041_2暑中御伺

 平成25年 盛夏
と書かれたハガキが、あんまり涼しげだったので、「これは行かねば‥‥」と、福岡へ。
この冷珈琲を味わえる「ひいらぎ」は、けやき通り沿いを抜けて、六本松に入るあたりの左手に在ります。
マスターの小山さんが淹れてくださるコーヒーは、まるで「お点前」を見ているかのよう。かつて、小山さんは「30年、40年営業していても、まるで10年、15年を経たような佇まいの店でありたい」というようなことをおっしゃっておられました。
クラシック音楽がレコード盤から音を奏で、外の明るさと緑~店内の落ち着きとひんやりした空気感の対比が心地よい、「ひいらぎ」は、私にとって特別なお店です。
この度、マスターが特別に、紳士用グラスで冷珈琲を勧めてくださいました。女性用のグラスよりたっぷり入っているそうです。
「こぼれるギリギリまで注がれてて、まるでアイスコーヒーの角打ちみたいですね」と私。どうしてこの量、この出し方にされたかの経緯を、マスターはこっそり教えてくださいました。
京都から福岡へ、福岡から京都へ。。。
ひいらぎブレンドのほろ苦さとコクが、冷珈琲と氷の融合で少しずつ変化して‥‥ 味わい深い一杯でした。
小山さん、Y先生、ごちそうさまでした。

« 「白あん」が ねぇ‥‥ | トップページ | まだまだ、なのですが‥‥ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/52586259

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひいらぎ」の冷珈琲:

« 「白あん」が ねぇ‥‥ | トップページ | まだまだ、なのですが‥‥ »