« 錦市場で黒豆デート | トップページ | レンズ豆と魚介類の和えもの »

石臼で挽く黒豆きな粉

前回ご一緒したS社のSさまいわく「京都に来て、日帰りではもったいなかった」とのこと。早くも今週、再訪されました。

というのはウソ。この前の続きです。

Dscn9883 Dscn9886 豆の話しから食材の話し、観光地の話しなどが入り混じり、終わりなき旅の世界へ。

黒豆茶庵 北尾 錦店で、「何か甘いものでも‥‥」と、わらび餅を注文。すると、‥‥石臼を使って粗挽きのきな粉にするユニークな体験ができます。
黒豆を穴に入れるのは、一度に2〜3粒だけに致しましょう。

そう言えば、かつて、東山の八坂塔下にある「きなこ家」さんでも、同じような経験をしたことが‥‥。同行のS店長は、初めてのご様子でした。

Dscn9890 Dscn9892 わらび餅に、挽きたてのきな粉をかけます。茶こしで漉すから、粒子がとても細かいのです。

弾力のあるわらび餅に黒豆きな粉は、ひやし飴や黒豆コーヒーと合わせました。

いいですねぇ〜♪ こうして豆好きが豆好きさんとお話しできるなんて!

下の写真は黒豆茶。何杯も「おかわり」をいただきました。
近未来の計画は、着々と進んでおります。

Dscn9894_4

« 錦市場で黒豆デート | トップページ | レンズ豆と魚介類の和えもの »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/52004395

この記事へのトラックバック一覧です: 石臼で挽く黒豆きな粉:

« 錦市場で黒豆デート | トップページ | レンズ豆と魚介類の和えもの »