« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

自作の「水無月」と、青おにぎり

よかった。6月のうちに‥‥ と思っていた「水無月」を、今年も6月中につくることができました。

Dscn9977_2 Dscn9994 レンジを使ってつくる「おうちで水無月」は、中村製餡所の「はる」さまレシピです。

手軽にできるので、もう何年もこの方法でつくっています。
ぷにょぷにょした食感は、ホントにお店で買う「水無月」みたいです。

かの子あずきは、丹波大納言です。三角に切り分けるのは、氷がない時代に氷に見立てて三角にとがらせた名残りとか‥‥

あッという間に6月の終わり。今年も半分終わりました。後半へつづく

Dsc_0965 Dsc_0969 Dsc_0971 久々に、京都市浄土寺の「青おにぎり」さんを訪ねました。

おかずセットとおにぎりを2つ注文しました。

写真の真ん中・手前の女性は、青松さんの奥さま。「はじめまして〜♪」
あ、間違い。お母さまでした!

写真右、青おにぎり外観。外も中も、手づくり感のあるやさしい造りです。カウンターの中で、店主が睨みを効かせています(笑)。

おにぎりは「キーマカレー」と「クリームチーズ〜」をお願いしました。
青松さんのおにぎり、ふんわりと温かでやさしいお味です。

NHK「あさイチ」で視た枝豆の話し

Dscn1602_2 Dscn1598 これは去年の枝豆の畑。
上賀茂で借りている農園の様子です。

今朝、たまたま、ホント久しぶりに「あさイチ」を視ることができて、そしたら偶然、今日のスゴ技Qは、枝豆情報でした!

もう、食品売場の野菜コーナーにも枝豆が並んでいますね。あぁ‥‥!
あさイチ」で記憶に残った枝豆情報は、

◎枝豆は鮮度が落ちやすい。
 →新鮮なものほど緑色が濃く、日がたつにつれ黄緑色っぽく変わっていくそうです。

枝豆は熱湯で茹でるより、フライパンで蒸し焼きにするほうが塩分を減らすことができる。
 →水洗いして、両端をカットした枝豆をフライパンに入れ、蓋をして弱火で10分蒸し焼きに。

◎枝豆を茶豆風の味にするには、ほうじ茶を使う。
 →ほうじ茶の葉をティーバック用袋に入れ、枝豆を茹でるとき加えて茹でるとピラジンという物質の香りが移って、茶豆に似た味になるとか。

◎海外では、「eda・mame」としてメニューに載っていたりする。
 →日本の枝豆は栄養バランスが高く、人気が高いそうです。
  余談ですが、冷凍食品の枝豆は海外生産のものが多いみたいですが‥‥

枝豆はアサリと組み合わせると、更にバランスが良い。
 →枝豆は熟す前の大豆です。
  たんぱく質、脂質、ミネラル、カロテン、ビタミンB1、Cをバランスよく含んでいます。
  しかし、ビタミンB12を含まないため、B12の豊富なアサリと組み合わせれば最強!

Dscn1559

以上、本日のあさイチで気になった話題です。フライパンで蒸し焼き、今シーズンの枝豆はその食べ方をやってみよ〜♪ o(*^▽^*)o

寺子屋本舗のしょうゆ餅

錦市場の寺子屋本舗さんで買ってきた「しょうゆ餅」2種、

Dsc_0951 Dsc_0952 京銘菓 黒豆しょうゆ餅【抹茶】
さくらしょうゆ餅

黒豆しょうゆ餅の中は、白餡に抹茶を混ぜた餡です。黒豆が2粒のってます。

さくらしょうゆ餅の中は、白の生餡に桜の葉っぱや色粉を混ぜた餡です。桜の花びらの塩漬けがのっています。

どちらもベースのお餅が、ほんのり醤油味。「冷やして召し上がれ」のお言葉どおり、冷蔵庫で冷やしていただきました。

冷やしても固くならないということは、相当量のお砂糖が使われている?
どちらも材料表示の最初に「砂糖」の記載あり。冷やすから、さほど甘さが立つこともなく、しょうゆの味が加わって「甘醤油味」で食べやすかったです。

ひとつ、130円でした。

続・錦市場にて

錦市場の探険報告、前回のつづきです。

市場やデパ地下の探険が好きです。おいしいにおいにクンクン、目に入るご馳走に歩み寄り‥‥、齢をかさねるということは、自分好みの食べものに頑固さをかさねていくことかもしれません(あ、私の場合です)。

Dsc_0921 Dsc_0930 市場の中にあったお店の店先で、「うわぁ〜、おいしそう!」と思って買ったのが、これ。
「えんどう豆のあんこにのった白玉団子」です。

小さな透明容器にお団子3つ。その下に豆のあんこが敷いてあって、お値段は130円でした。
あんこも白玉も、どっちも美味しかったです。ホント、おいしかったです。
あんこの湿り加減と、ややレア感の残るえんどう豆の粒感。白玉団子はツルンとなめらかでした。

あとでわかったけど、「京錦堺町 平野」と袋に書いてありました。もしかして、お豆腐の「平野屋」さんつながりの店なのでしょうか?

白玉の下にあんこを敷いて、小さく可愛く、ひんやり冷やして販売する。・・・手軽な贈り物に応用できるアイデアですね。

Dsc_0924 ★そして、もう一つ。大丸寄りに歩いて来たら、煎餅・おかき屋さんで、羽二重餅のクールが販売されていました。

夏は冷やして召し上がれ」と。
さくらしょうゆ餅、抹茶、おぐら、ゆずの4味だったと思います。
2つ試食をいただいて、2つ買いました。
お醤油味のお餅の中にアンコが入る組み合せ。袋のまま冷蔵庫で冷やして食べる食べさせ方、‥‥ シノギヲケズル土地柄にあることで、食べ物も食べさせ方も、どんどん進化していくんだなと思いました。

市場やデパ地下探険は、いい勉強になります。

錦市場にて

Dsc_0922 Dsc_0921 Dsc_0920

京の台所・錦市場、訪れるなら平日の午前中がおすすめです。午後は夕餉の仕度やお土産を買う人で歩きにくくなるし、土日ともなれば観光の人たちでごった返して歩けません。でも本当は、その賑わいこそが「錦市場」らしさなのです‥‥

上の写真・右は「錦井上」さんというお惣菜屋さん。
「京のおばんざい」がいろいろならんでいます。20種類、30種類並ぶ中で、私が買った4品のうち、2品は豆のたぐいです。

Dscn9919 Dscn9921 左は「さつま芋の丹波煮」280円/g
右は「おかず金時豆」170/g

どちらも晩ごはんと共にいただきました。
金時豆はうっすら塩味に煮てあります。豆の甘さだけではなく、砂糖の甘さも入っていると思います。これくらい煮くずれる程に煮てあるのが、「おかず」らしい家庭的な仕上りだと思います。

丹波煮は、聞かずとも「この黒豆は丹波産ですよ」と主張していますよね (*゚▽゚)
さつまいもと黒豆は別々に煮て、途中で合わせておられるはずです。どっちも甘いです。芋の甘さと砂糖の甘さ、豆のうまみと砂糖の甘さ、‥‥甘いが幾層か重なり合って、晩ごはんではなく「お茶うけ」に合う食べ物だと思いました。

自分ではこんなに上手につくれないけど、こっそり重箱の中にほかのおかずと一緒に並べておけば、「あぁ、なんと料理上手な!」と勘違いしてもらえるかもしれません。
しあわせな誤解を招くため、いつか、この手は使ってみよう♪ な〜んてことを思いました。

京都・錦市場には、食べ歩きできる「ちょっとした美味しいもの」が増えています。試食品もいっぱいで、長い長いデパ地下通路みたいです。観光客の皆さまはもちろん、地元の方々も、どうぞお出かけくださいね。

7月は「白いんげん」

Dsc_0913 「7月に似合う豆って‥‥?」と考えていたら、「いんげん豆」が浮かんできました。

白餡にも使われる豆です。「大手亡」とも呼ばれます。
スープ、サラダ、マリネ、煮込み‥‥ 一つの豆が、いろいろに使えます。

写真は北海道産の大手亡。セロリとスモークサーモンを合わせ、軽くまぜて、塩コショウ。ビネガーとオリーブオイルは1:2くらいの比率で使ってください。

豆の生成り色とサーモンのピンク、セロリの薄緑。初々しくて若わかくして、私は好きです、白いんげん。

7月。白いんげんを使って、私はどんな料理を完成させるでしょう?
6月のうちに、忘れずに「水無月」も作らなくては‥‥ (o^-^o)

kururi の季節

Dsc_0897_2Dscn9909_2

毎年お送りいただくクールデザート、今年も届きました。Iさん、いつもありがとうございます。

くるくる渦巻きのアイスモナカ、kururi(くるり)は、中がムースでできています。
左の写真・手前は「抹茶あずき」、抹茶ムースに「かのこあずき」が入ったもの。アイスみたいに冷凍庫で氷らせていただきます。

ほかにも白桃やマダガスカルバニラ、マンゴー、あまおういちご、ショコラなど、いろんなお味があります。濃厚なムースに、いい材料が使われているんだろうな‥‥ な〜んてことを思いながら、1個1個、おいしく味わっております。

写真奥は新商品の「kiri クリームチーズサンド」です。
フローズンチーズケーキが、さくさくのクッキーにサンドされています。3周年記念で誕生した新商品とのこと。

どちらも、洋菓子店 ニノカニーノの夏商品です。

赤飯外交と「S」

6月15日、本日は「赤飯の日」につき、お赤飯を作りました。

丹波大納言小豆+滋賀の餅米+京都のうるち米、伊達の旨塩、丸美屋のごま塩です。
約束の時間に間に合うようにダッシュで出たので、写真はありません。
ちょっとだけ味見しました。大丈夫だったかなぁ‥‥?

Dsc_0884 出前のあとに行った洋菓子店がすっごく好きだったので、また行きたいなぁ。
次はどなたかと一緒に行って、もっと何個もいろいろ食べたいです!

手前は「アベイユ」というケーキ。上質なハチミツの味と柑橘系のピールが効いてました。

奥はスコーン、紅茶です。

本当は、豆なブログ ネタではないのだけど、好みのお店だったので、残しておきたいと思いました。

PATISSERIE . S パティスリー・エス
京都市下京区にあります。この次は、小夏のタルトが食べたいです。
この店を教えてくれたNのKさん、ありがとうございます♪

6月15日は「赤飯の日」

毎月1日と15日は「赤飯の日」。

よって、あす6月15日も「赤飯の日」です。
半年に一度発行される媒体の本紙色校正を無事に終え、3か月分の仕事の見積書も無事に通していただき、気分爽快。
あすは久々に、おだやかなココロもちで赤飯がつくれそうです。
6月15日のお赤飯、おいしく出来ますように‥‥

レンズ豆と魚介類の和えもの

台所で、うだうだしている時間が好きです。今まで作ったことのない料理を実践したり、人さまから届いたレシピを再現したり、そんなふうに作る料理はまるで実験みたいです。

年に数回担当する料理の試作係。楽しんでやっている仕事の一つです。
今回は、レンズ豆と魚介類の和えもの、スモークサーモンのフォカッチャ・サンドを作りました。
Renzumame
フランス産の緑レンズ豆。比較がないのでお伝えしにくいのですが、アメリカ産に比べると粒が小さめで実が締っています。茹でたときの豆の味も、アメリカ産より濃いように思います。
国内でよく見かけるのは赤レンズ豆、茶レンズ豆、緑レンズ豆など。日本では栽培されていないようです。
Renzuseefoodsalada
魚介との和えもの。お刺身のイカを使いました。タコやホタテでも良いとのこと。
玉ネギ、セロリ、アンチョビ、‥‥ ふだん我が家では使うことのない食材を、存分に使いました (*^-^)
塩コショウ、オリーブオイル、白ワインが調味料。アンチョビも塩ダシ代わりに刻んでいます。
緑レンズ豆の味わいに、セロリのパリッとした食感、レアに熱をくぐったイカ刺しのとろけ感‥‥ 白ワインが上手にまとめてくれました。
あぁ、毎日こんなおかずが食べたい。

や野菜、魚介類などとオリーブオイルを使う料理は、地中海料理の特長です。
「脳卒中や認知症、うつ病などの予防には、地中海料理を摂取するのが望ましい」という抄録が、Yドクターから届きました。
Fokacha Samonsand
 S社長のレシピ、男の料理でもう一品。

自分で焼いたフォカッチャに、クリームチーズとオニオンスライス、スモークサーモン、ケイパーをサンドして‥‥。
フォカッチャの出来は目をつぶるとして、こんな食べ物が自分で作れると、なんだかとってもしあわせな気分。また作ろうと思いました。

石臼で挽く黒豆きな粉

前回ご一緒したS社のSさまいわく「京都に来て、日帰りではもったいなかった」とのこと。早くも今週、再訪されました。

というのはウソ。この前の続きです。

Dscn9883 Dscn9886 豆の話しから食材の話し、観光地の話しなどが入り混じり、終わりなき旅の世界へ。

黒豆茶庵 北尾 錦店で、「何か甘いものでも‥‥」と、わらび餅を注文。すると、‥‥石臼を使って粗挽きのきな粉にするユニークな体験ができます。
黒豆を穴に入れるのは、一度に2〜3粒だけに致しましょう。

そう言えば、かつて、東山の八坂塔下にある「きなこ家」さんでも、同じような経験をしたことが‥‥。同行のS店長は、初めてのご様子でした。

Dscn9890 Dscn9892 わらび餅に、挽きたてのきな粉をかけます。茶こしで漉すから、粒子がとても細かいのです。

弾力のあるわらび餅に黒豆きな粉は、ひやし飴や黒豆コーヒーと合わせました。

いいですねぇ〜♪ こうして豆好きが豆好きさんとお話しできるなんて!

下の写真は黒豆茶。何杯も「おかわり」をいただきました。
近未来の計画は、着々と進んでおります。

Dscn9894_4

錦市場で黒豆デート

京の台所・錦市場の「黒豆茶庵 北尾」さんにて、S社のSさまと初顔合せ。Sさまのメルマガを読み始めて、3年? 4年? ずっと前から、お逢いしたかったのです。

Dsc_0858 Dsc_0860 しっかり“決めポーズ”のSさま。黒豆御膳をお召し上がりになられました。
黒豆酒も、お好きなご様子で‥‥

私は黒豆素麺のセットをお願いしました。
豆や雑穀に精通するSさまと、豆ラブの私。二人の豆談義は、2時間半も続きました。

話しの展開は‥‥ 7月になったら発表しま〜す♪

豆を愛し、豆のことを学び、豆料理を広めることを喜びとします」と、豆なブログのプロフィールに書いておりますが、いよいよこのフレーズが動き出す‥‥

「幸運は、忘れた頃にやってくる」と、2005年の年賀状のメインコピーに書きました。正にそんな出来事が、豆・豆料理探検家の身の上に起きつつあります。

ふふふ。ヨロシク!

かのこ小豆

明日は久々にお赤飯を炊こうと思います。

Dscn9871
この前、北尾さんの本店で買った「丹波大納言 小豆」を使ってみます。

かの子小豆だから、甘いお赤飯ですね。
甘いお赤飯、‥‥明日もいいことがありますように (^0^)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »