« 丹波黒豆のパン | トップページ | 宮野と上賀茂のえんどう豆 »

天女と繭〜桑の葉チョコレート!

Dsc_0804 Dsc_0816 Dsc_0817 丹後に行って来ました。

京丹後小さな生命を守る女性の会」が主催される「いのちの講演会」のお話しを聴くためでした。講師は、東京・丸の内「相田みつを美術館」の相田一人館長です。

丹後に向かうのに、特急列車の次に乗った「青松」車輌に大はしゃぎ。LINEで写真を送った方、舞い上がってて失礼しました〜♪

Dsc_0808
こ〜んな感じの景色を‥‥

Dsc_0807
こ〜んな感じで眺めることができる車輌なのです。ステキでしょ!

で、やっと本題です。
講演会場となった「アミティ丹後」で見つけた、自分へのお土産。

Dsc_0824 Dsc_0825天女と繭」という名の豆菓子です。23g入り 350円でした。

この緑色、抹茶と思うでしょ?
違うんですよ、この緑色は「桑の葉」でした!

桑の葉って、お蚕さんのゴハンです。
そう、丹後といえば、きものLOVEの私からすると「丹後ちりめん」のふるさと。きものに使う絹糸は、お蚕さんの繭からできておりまして、その繭をつくるまでの間に、お蚕さんたちはたっくさん、たっくさん、桑の葉っぱを食べるのです。

ちなみに身体は緑色が透けた白っぽい芋虫みたいで、うんちは黒い粒だったような‥‥(小学生の頃、育てたことがあります)

お蚕さんのゴハンの葉っぱを、黒豆にコーティングしたお菓子でした。
品名は「チョコレート」と書かれているけど、黒豆を加工したお菓子ですから、豆菓子のジャンルに入れてあげましょう。

豆が香ばしくカリッとしてて、全粉乳とココアバターに桑葉などを入れてつくられています。無口な男が好きそうな豆菓子‥‥ 桑の葉っぱの味は、わかりません。

むか〜し、むか〜し、羽衣天女が舞い降りて、村人たちに稲作と養蚕を教えたそうです。丹後のあの辺りには羽衣伝説も残っていました。

丹後までは、すっごく遠いです。黒豆菓子は、旅の良い記念となりましたとさ。



« 丹波黒豆のパン | トップページ | 宮野と上賀茂のえんどう豆 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/51801799

この記事へのトラックバック一覧です: 天女と繭〜桑の葉チョコレート!:

« 丹波黒豆のパン | トップページ | 宮野と上賀茂のえんどう豆 »