« レンズ豆と野菜のスープカレー | トップページ | P-Side vol.29 »

モロトモ漬物床

先月訪ねた石川県七尾市のお醤油屋さんで、由美子さんが買ってくださいました。

Dscn9750_2
モロトモ漬物床。鳥居醤油店の商品です。
「鳥居醤油のもろみをしぼった後のモロミ糟と三河みりんを合わせた漬物床。お肉もろとも、お野菜もろとも自然の旨味をいただけます」と説明書にありました。

Dscn9751
「麦も大豆も国産の正直なものだから、カスと呼ぶには勿体ない底力があります」と裏書きに‥‥ この中には、大豆成分も入っているのです。

キュウリは一晩でおいしく漬かります。ナスは丸まま入れると一晩では滲みませんで、カットして入れると早いです。ゴボウは4ツ割にして漬けました。

Dscn9752
味噌をつくったり、漬物を漬けたり‥‥ こんな暮らし方が、私は好きです。

【鳥居醤油店のこと】http://po5.nsk.ne.jp/~shouyutorii/index.html
 能登七尾一本杉通り。昔ながらの小さな醤油屋です。醤油、だしつゆ、味噌、どれも主役ではないけれど、素材の持ち味を引き出してくれるもの。毎日の当たり前の事だから暮らしの根っこになると思うのです。そんなことをお伝えしたくて鳥居の女将は、今日も店と蔵に続く土間を行ったり来たり。

ね、いいでしょう (゚ー゚)

鳥居醤油店の奥さん、花嫁のれん展では大変お世話になりました。
七尾のおじちゃん、おばちゃん、お元気ですか?

« レンズ豆と野菜のスープカレー | トップページ | P-Side vol.29 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/51678368

この記事へのトラックバック一覧です: モロトモ漬物床:

« レンズ豆と野菜のスープカレー | トップページ | P-Side vol.29 »