« 黒豆素麺 | トップページ | 「トーフチャウデ」と宮木さん »

麗しき男たちへ

桜も嵐もふみ越えて、行ってきました、大阪へ‥‥

行く前から、その店のテンションがおそろしく高いことはわかってて、親戚のおばちゃんか田舎のお母さんみたいなことがしたくって‥‥

朝から差し入れを作りました。

Dscn9480_2

この前買って来た、北尾さんの黒豆

黒々とした丸い粒の「京丹波 ぶどう黒豆」です。

鉄のフライパンで煎って、黒豆ごはんを炊きました。

Dscn9482 Dscn9483 せっせと握って10と1個。

添えたメッセージは、
「豆マメしく朗らかに、よい仕事ができますように」

なんかねぇ〜、その店にはドラマがあるのです。
男の中の男、みたいな凛々しい人たちが熱い仕事をしてるのです。
ラーメン屋とは思えない色っぽい男もいたりして‥‥
世が世なら、戦国武将の陣営に陣中見舞いの感じでしょうか‥‥

黒豆おにぎりを食べた人の感想。第一声は
梅干しがおいしい!」・・・それ、実家の母が漬けました。

う〜ん。まだまだ精進せねば‥‥。
煩悩だらけの春。
はらはらと散る桜を愛でながら本日ひとり、ししゃもをかじりました。

  〜 後半につづく 〜

« 黒豆素麺 | トップページ | 「トーフチャウデ」と宮木さん »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/51133306

この記事へのトラックバック一覧です: 麗しき男たちへ:

« 黒豆素麺 | トップページ | 「トーフチャウデ」と宮木さん »