« レンズ豆のカレー | トップページ | 3月1日は「赤飯の日」 »

黒豆茶庵 北尾の黒豆御膳

Dscn0666_2 Dscn0668 錦市場の「北尾」さんの奥にある食事スペース、前から気になってて、食べに行って来ました。

京都的たたずまいの2階に通されます。どのテーブルにも、こんな石臼が乗っています。デザートを頼むと、この石臼を使って大豆を自分で挽いてきな粉にしたものをかけて食べる仕掛けのようです。

石臼きな粉に惹かれますが、私のオーダーは昼ごはんの「黒豆御膳」です。

Dscn0672
すべての料理に黒豆が使われているとのこと。部分拡大を掲載しますね。

Dscn0674 Dscn0675 左がメインのおかずで、納豆の天ぷらでした。
右はザル豆腐で、黒っぽいのは黒豆豆腐だそうです。

Dscn0676 Dscn0677 黒豆ごはんは、豆の量たっぷりの贅沢品です。

黒豆煮は、さすが専門店のふっくら加減だなと思いながら、1粒ずつ味わっていただきました。私には、やや薄味に感じました。

ほかに、黒豆醤油で味付けした「ちりめん山椒」、黒豆酒、黒豆味噌の味噌汁もセットされていました。これだけそろって、料金は1,200円なのです。

黒豆好きには、たまりませんね。自分で作る豆料理と無意識に比べてしまいます。
黒豆ごはんの豆の量、黒豆豆腐の食べやすさ、黒豆煮のお味、‥‥気になるものだらけです o(*^▽^*)o

黒豆御膳には、開発者の想いがしっかり詰まっています。次は石臼のきな粉をいただくセットを頼んでみよ〜♪

« レンズ豆のカレー | トップページ | 3月1日は「赤飯の日」 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/49708087

この記事へのトラックバック一覧です: 黒豆茶庵 北尾の黒豆御膳:

« レンズ豆のカレー | トップページ | 3月1日は「赤飯の日」 »