« あす、12月15日は「赤飯の日」 | トップページ | 和歌山県民は、乳がん発症率が低い? »

金時豆と甘えびのカレー

家族の誕生日に、福井の甘えびが届きました。
Y社長、ごちそうさまです。

Dscn0100 Dscn0104 本当は殻をむいてペロンと生で食べるのが最もおいしいと思いますが‥‥

すみません、たくさんいただいたので金時豆のカレーにも添えてみました。

Dscn0110
甘えびの頭は素揚げにして、甘えび本体は生でトッピングに。
頭は濃厚えびせんみたいです。
殻をむいたばかりの胴体は、より甘く感じます。

カレーの中の金時豆は、主役を甘えびに取られて尚、ホクホクとやさしい存在感があります。
ひよこ豆やムングダルを使ったキーマカレーもおいしいけど、日本のおかあさんカレー的なカレーには、金時豆が合うように思います。
これなら、男どもの口にもいけるのでは‥‥?

« あす、12月15日は「赤飯の日」 | トップページ | 和歌山県民は、乳がん発症率が低い? »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/48348940

この記事へのトラックバック一覧です: 金時豆と甘えびのカレー:

« あす、12月15日は「赤飯の日」 | トップページ | 和歌山県民は、乳がん発症率が低い? »