« 本日も、赤飯の日! | トップページ | きらず揚げ »

とうふ白玉とカボチャ団子

この前、Tさんとお話ししてて白玉だんごの話題になりました。人様にテキトーな分量を申したことが気になって、久しぶりに作ってみました。

とうふ白玉は、白玉のツルンとした感じがとてもなめらかな舌ざわり。水で練るより、少し時間がたっても硬くなりにくいのです。

Dscn9311

<材料> 精進料理の藤井まり先生のレシピ分量です。
白玉粉(寒晒粉)・・・50g
絹ごし豆腐・・・・・・70g

<作り方>
1.豆腐を水切りしないまま、白玉粉と混ぜ合わせる。
2.適当なかたさにまとまったら、丸めて真ん中をつぶしておく。
3.沸騰した湯に白玉だんごを入れ、浮き上がってきて更に3分くらい茹でる。
4.白玉を湯切りして、冷水にひたす。
5.きな粉や黒蜜など好みのものを添えていただく。

Dscn9320
和三盆糖に黒ごまと塩を混ぜたものをかけました。ちょっと複雑な味?

Dscn9313 Dscn9322 いただき物の「寒天ぜんざい」を、白玉の上にのせました。

元の「寒天ぜんざい」が美味しいので、和スイーツとして、安心のお味です。

寒天ぜんざいの小豆の茹で加減に脱帽‥‥

で、白玉のついでに南瓜バージョンもやってみることに (゚ー゚)

Dscn9229 Dscn9230 Dscn9315 南瓜もいただき物です。

やわらかめに茹でて潰して使います。
栄養のある緑色の皮のところも、一緒に混ぜて‥‥

Dscn9318 Dscn9327 カボチャ団子は、茹でているととろけてきます。

白玉団子のとき、今ひとつの感じだった、和三盆+黒ごま+塩の組み合せが、なかなか美味でした。元々のかぼちゃの甘さが、塩入り和三盆によって上品なお味になります。黒ごまの香ばしさも加わって、品のいいおいしさに。

もしかすると、かぼちゃ団子はニョッキと似てる??

とうふ白玉も、かぼちゃ団子も、子どもから大人まで楽しめるお味だと思います。

« 本日も、赤飯の日! | トップページ | きらず揚げ »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

Kさま、こんばんは。

ブログを続けて見てくださって、ありがとうございます。

ご一緒する行き先候補を考えながらワクワクしています。

碧いとこ? 涼しいとこ? おいしいとこ‥‥???

こんばんは KのKです。
素敵なおはがきちょうだいしました。ありがとうございます!!
うれしいです。今日は会議で遅くなって、遅くなりついでに後輩と食事してたらこんな時間に帰宅・・・

取り急ぎ、お礼まで。次にお会いできる日を心待ちにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/46923270

この記事へのトラックバック一覧です: とうふ白玉とカボチャ団子:

« 本日も、赤飯の日! | トップページ | きらず揚げ »