« サントリー・和田宣伝部長とハイボール | トップページ | 本日も、赤飯の日! »

豆政の「しろあづき」と「月しろ」

京都の高島屋、地下和菓子売場で見つけました。

Dscn9276_2
豆政さんの「しろあづき」180円+税、抹茶風味の「月しろ」120円+税

Dscn9278_2
蝋細工の見本は、もっとウェットな感じに見えたのですが、現物は粒の残る白餡と抹茶餡を、それぞれ砂糖でコーティングしたような干菓子です。

Dscn9280_3
断面は、こんな感じです。甘いですよ〜。豆なのか、あんこなのか、はたまた砂糖菓子と呼んだらいいのか? とにかく、すっごく甘いです。

暑いときって、水と塩分が必要と言われますが、暑いところでエネルギーを消耗してクタクタのときは、これくらい気合の入った甘さのものを、人体は欲するのかもしれません。

白小豆と隠元豆、さて、あなたはどちらがお好きでしょうか?

« サントリー・和田宣伝部長とハイボール | トップページ | 本日も、赤飯の日! »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/46858724

この記事へのトラックバック一覧です: 豆政の「しろあづき」と「月しろ」:

« サントリー・和田宣伝部長とハイボール | トップページ | 本日も、赤飯の日! »