« えだ豆ジャム | トップページ | 穀物屋にてプチ☆同窓会 »

仙太郎の枝豆だいふく

Dscn9111 Dscn9112 8月3日の解禁日を待って前日に予約電話を入れ、「仙太郎の枝豆だいふく」を買いました。

枝豆だいふくは新幹線に乗り、JRに乗って、タクシーに乗って、シェフ'ズ・カーに乗って、軽自動車に乗って、福岡へと運ばれました。

だいふく好きな「あの人」と、ふだんは洋菓子ばかり食べているであろう「あの人たち」と、私用になりました。

身土不二(しんどふじ)‥‥自分の生まれ育った土地の食べ物が、自分の身体にはいちばん良い、という意味だそうです。

枝豆だいふくの故郷は、京都です。

Dscn9114 Rscn9119 だいふくを美味しそうに頬張っているのは、私の高校時代の友人です。

「枝豆だいふく、おいしい?」
「うん。おいしい! 初めて食べた〜♪」

女というものは、美味しい食べ物があれば幸せな気分になる単純な生き物です。枝豆だいふくが、単純な女どもの唇を白く染めたのは言うまでもありません。

Dscn9117
今年お初の枝豆だいふくは、福岡にて食しました。正直なところ、京都生まれの枝豆だいふくは、京都で食べたほうがおいしいように思います。

枝豆の塩加減、あんことのバランス、皮のやわらかさ、‥‥その絶妙な塩梅を楽しむため、8月中にまた買いに行こうと思います。

« えだ豆ジャム | トップページ | 穀物屋にてプチ☆同窓会 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/46627512

この記事へのトラックバック一覧です: 仙太郎の枝豆だいふく:

« えだ豆ジャム | トップページ | 穀物屋にてプチ☆同窓会 »