« この夏の初枝豆 | トップページ | 葛も豆なり〜ひやしあめ篇 »

創業文久二年 京の黒豆「北尾」

Dscn1547 Dscn1540 Dscn1541 仕事つながりで、京都・西七条にある黒豆の北尾さんを訪ねました。

錦市場のお店は行ったことがありますが、本店は初めてでした。

「あぁ、ここが噂に聞いていた北尾さんの本店!」と思うと、それだけでワクワク浮かれ足‥‥

なんと言っても、メインは「京・丹波 ぶどう黒豆」。国産の煮豆コーナーでも、際立って神々しい光りを放っています。LLサイズが700円/100g、つい昨年末の飛切の値段と比べてしまいます。
うっすらと白い粉を吹いているのが、良質な黒豆のあかし。名前も良いですねぇ〜、「ぶどう豆」。

Dscn1539

京、北海道、備中、‥‥国産の豆ばかりがずらりと並ぶところに、北尾さんの豆への想いが伝わってくるようです。

お店の方と豆の話しがしたい‥‥

Dscn1543 Dscn1545 Dscn1555 店内には豆菓子や水煮の豆、豆の加工品などが売られていました。

夏のギフトカタログ表紙に「京の七夕」が使われているのも風情があります。

Dscn1552
「ひやしあめ」の原液と「黒豆醤油」を購入しました。使った様子は、またあらためて。

Y社長、Mさん、ありがとうございました。

« この夏の初枝豆 | トップページ | 葛も豆なり〜ひやしあめ篇 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/46195633

この記事へのトラックバック一覧です: 創業文久二年 京の黒豆「北尾」:

« この夏の初枝豆 | トップページ | 葛も豆なり〜ひやしあめ篇 »