« みそ解禁 | トップページ | できたてきなな »

「あとりえ05」の おくどさん

Dscn1345 朝から家で原稿を書いています。あぁ、しあわせ〜♪ そう思えるのは、出ずっぱりの週だったから。

外回りの途中で、涼む場所を探していたら姉小路通で見つけました。
あとりえ05、「あとりえまるご」と読むこのギャラリーは町家を改装したギャラリーで、なんだかいい空気が流れている予感がして入ってみると‥‥

やさしいやさしい花の絵がかけてありました。線がとてもやさしくて、色も「温かい光りをいっぱい吸った座ぶとんのような」色をしていました。初めて入った画廊でしたが、妙にくつろげるのです。

そこは、版画家・本荘正彦さんのアトリエ&ギャラリーとのこと。

作家さんは不在でしたが、ギャラリー・スタッフの女性がまた、とても感じのいい方で、つい長居をしてしまいました。
おしゃべりをしているうちにうっかり、地が出てしまい‥‥ 特別に奥のスペースを見せていただけることに!

Dscn1341
わかります? これ、「おくどさん」です。あとで調べてみると、昭和初期に造られたもののようです。

Dscn1342_2
釜を置くところが2つあります。この町家は「京のおばんざい」という言葉を使い始めた随筆家の大村しげさん(故人)が暮らしておられた家だそうです。

Dscn1343
丸い穴を上から見ると、こんな感じ。古く傾きかけた町家を改装するとき、こわれたおくどさんを残し、煙突を取り除かれたので、このおくどさんはもう使えないそうです。

町家、おくどさん、おばんざい、‥‥こんなところで、私は豆を煮てみたい。
きものを着て、白い割烹着をつけ、姉さんかぶりをして、豆を煮てみたい。

むくむくと、そんな感情が湧き上がってきました。

あとりえ05、良いところです。あの版画を作られた本荘正彦さんも、さぞやステキな方なのでしょう。だって、おくどさんを残して大村さんの町家を改装された方なのですから‥‥

思いがけない出会いと発見があって、外回りも良いもんです。豆と豆料理の探検家は、最近、キモノな日々を送っています。

« みそ解禁 | トップページ | できたてきなな »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

いのははさん、こんにちは。

豆なブログを見つけてくださって、ありがとうございます。
コメントも入れてくださって、うれしいです。

あとりえ05、やわらかな空気がただよっていて、心が和みます。
また寄らせてください。

(*^-^)のどかさん、こんにちは。

あとりえでお話をさせていただいた者です。
素敵なブログを書いておられるのですね。
紹介していただいてビックリ!
とっても嬉しいです。(≧∇≦)

「おまめさんが大好き」とおっしゃってたのですが、
ほんと、おまめさんへの愛が伝わってくるブログですね。
今日、1日はお赤飯を食べる日なんですね~。
そういえば昔聞いたことが有るような、無いような・・・。
食べますお赤飯!

また、あとりえ05の方にも顔を見せてくださいね。
そして、今度はおまめさんの話も聞かせてください。

おくどさんが使えたらよかったのにな~

辻本の親分、こんにちは。

おくどさんがあったら、いいなぁと思う反面、
燃す薪などの準備と灰の片付けが大変そうです。
煉炭とか七輪とか、そんなのも大変そうです。

おくどさん、きもの、割烹着‥‥ そんな生活と
豆を煮ることは、現代社会において同義語になって
しまっているのかも‥‥?

職業婦人の皆さま方を、偉いなぁと思う今日この頃です。

おくどさん・・・今ではガスレンジのことですよね~
先週からず~と業務用ガスレンジをネットで検索しています。
私もガスレンジでなく、おくどさんが欲しいな~
のどかさんが、着物に割烹着をつけて豆を煮ている姿を想像して
しまいました。
おくどさんの前で忙しく豆を煮ているのどかさん、素敵だな~

Jさん、こんばんは。

それって錦市場の近くですか?
あと、伏見のかっぱ黄桜のレストランも、おくどさんで炊いたご飯だったような‥‥ 

あ、野草を摘んで使うのは、別のところかも‥‥?

のどかちゃん、京都におくどさんでご飯を食べる有名店あるんしってる?
目の前に、(カウンターの前に)おくどさんあって、ご飯死ぬほどおいしいらしい。主人が、朝から野草を取りに行ったりして、こだわりの店やねん。
いつか、行きたいなー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/45419203

この記事へのトラックバック一覧です: 「あとりえ05」の おくどさん:

« みそ解禁 | トップページ | できたてきなな »