« 親戚の親戚は皆、親戚だ〜♪ | トップページ | 黒豆のきな粉クッキー »

藤野久子さんレシピより

京とうふ藤野の女将であられる藤野久子さんの御本「とうふ料理」、この1冊のおかげで、楽しい日々が続いています。

Dscn0997
おぼろ豆富
‥‥豆乳ににがりを加え固まる途中のとうふ。やわらかで、水にさらしていないので大豆本来の味がしっかり味わえる。

湯葉とうふ‥‥大豆のうまみを凝縮できるよう葛(吉野葛)で固めたとうふ。

Dscn1006 おぼろ豆富を使って、P30掲載の「おとうふだし巻き卵」を作りました。

おぼろ豆富100gを泡立て器ですりつぶし、卵3個とめんつゆを加えて焼きます。

自分で言うのも何ですが、ホント、ふっくらふわふわのおいしい卵焼きができます。
黙って食卓に並べると、食べた人は豆腐が入っているとは気付きません。「なんか今日のだし巻き、おいしい!」とか、言ってもらえたりして‥‥

Dscn1049 湯葉とうふを使って、P47掲載の「とろとろ春巻き」を作りました。

春巻きの中身に、大葉と湯葉とうふ、ピザ用チーズを入れて、くるくる巻いて油で揚げます。

パリパリッとした皮の中に、トロ〜ッと熱アツの湯葉とうふ。とうふなのかチーズなのか、どちらもトロトロにとろけて、グラタンのホワイトソース丸かじりみたいな危険なおいしさです。塩だけで充分おいしくいただきました。

チーズの代わりに、湯葉とうふと納豆の春巻きも揚げました。こちらは、和からしがよく合いました。

天神さん(京都・北野天満宮)近くの「京とうふ藤野」さんのお店に行ったら、藤野久子さんにバッタリ会えるかも‥‥ と期待して行ってみたのですが、閉店間際の時間帯はご不在でした。いつの日か、お会いできますように‥‥

« 親戚の親戚は皆、親戚だ〜♪ | トップページ | 黒豆のきな粉クッキー »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/45110915

この記事へのトラックバック一覧です: 藤野久子さんレシピより:

« 親戚の親戚は皆、親戚だ〜♪ | トップページ | 黒豆のきな粉クッキー »