« おかしなお菓子「のあ畑」 | トップページ | 山形県の塩納豆 »

「星のや京都」の桜もち

きのう、初めて「星のや」に行きました。

Dscn0882
Dscn0885
すごいお宿です。渡月橋を渡った先から、舟に乗って行くんですよ。
京都に、こんな宿があるって、すみません、知りませんでした。

残念ながら、泊まったわけではありません。関東の知り合い数名が野郎ばかりで合宿研修に来られ、私はそこにご挨拶に行って来ました。

Dscn0892
お部屋で出されたのが、桜もち。嵐山の峡谷沿いのお宿。大きく開け放った窓越しには、桜の花がまだ残っていました。

桜の花を愛でながらいただく「星のや」の桜もち。さすが京都、風雅な世界です。

この桜もち、他で口にするそれとは違い、桜の葉っぱが、やたらとしっかりしていました。道明寺粉でこしらえた餅にあたる部分はやわらかく、黒文字にくっ付いてとても切りにくかったです。あんこは、こし餡でした。

「もしかすると、お茶菓子に至るまで自家製なのかな?」なんてことを思いながら、研修の邪魔にならないようオトナシクいただきました。

Dscn0897
窓から向こう岸の山沿いに、トロッコ列車が通過していきました。(シャッターを切るタイミングが、ひと呼吸おそかった‥‥)

「こ〜んなお宿に、チチと母を泊めてあげたいなぁ」と思ったけど、きっとここはお金持ちのカップルが泊まるお宿なのでしょうね。。。

« おかしなお菓子「のあ畑」 | トップページ | 山形県の塩納豆 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44947660

この記事へのトラックバック一覧です: 「星のや京都」の桜もち:

« おかしなお菓子「のあ畑」 | トップページ | 山形県の塩納豆 »