« 手亡豆を使って | トップページ | なんでもない日にお赤飯 »

おからや熊谷(3)

伏見の「おからや熊谷」さんで食べた「とうふの昼膳」のこと、いつか書かねばと思っていました。
「とうふの昼膳」とは、食べている途中に私が付けた名前で、店ではただ「ランチ」と呼ばれていました。

Dscn0104
熊谷さんの昼膳は、運よく携帯電話がつながるか、店頭での事前予約でのみ食べることができました。

Dscn0097 Dscn0098 3度目の正直で、その日私は、初めて開いている店の中に入ることができました。

店の奥が食事をするスペース。

奥に入っていくと、お香の切なく甘い香りがしました。あの香りも「堀川」だったのでしょうか‥‥?

掛け軸がかかり、花が生けられ、漆塗りの膳や風情ある土物の器を使われていました。

Dscn0091

これが、満月とうふ。熊谷さんの「とうふの昼膳」は、この満月とうふをコースで食べさせてくださいます。

まずは、冷や奴として。店主が銀色のナイフで満月とうふに刃を入れるその姿は、まるで茶道のお点前のようでした。

とうふの八分の二を切り分けてくださり、二切目をいただいているときに「次は湯どうふでお召し上がりいただきますので、とうふをお預かりして行きます」と、もう八分の二を取り分けられます。

冷や奴には、タレと共ににネギや生姜が添えられていますが、とうふの味を確かめるように、何もつけずにいただきました。
湯どうふは淡くふわふわで、箸でつかむ力加減を間違うと儚くこわれてしまいそうでした。

とうふは美味しかった。本当に、美味しかった。

言葉にして書くのが性分だから、いつも分かったような口ばかりたたいておりますが、本当は味について語れるほど、正しい味覚も知識も持っていません。とうふがどのように美味しいのか、なぜ美味しいのか、いつもの分析癖を忘れて、ただ、しみじみ、とうふを味わいました。

そして、厚揚げ。
厚揚げが、とうふから出来ていることくらいは辛うじて知っていましたが、揚げたての厚揚げの味が、あんな味だと知ったのは熊谷さんのおかげです。外はパリッとして、中はホントふわふわなのです。

ネギも生姜も、きっと特別なものに違いないと思いました。揚げ油は、すごく良いのを使われているんだと思いました。

厚揚げは、満月の半分を三つに切って揚げてくださいます。一つ目、二つ目はタレでいただき、そして残る最後の一個は‥‥

   ‥‥ 写真が上手に撮れませんでした。

厚揚げ丼にしてくださいます。小さい器に少しの御飯。その上に厚揚げをのせて、箸で穴を八つほど開けます。生姜を溶いたタレが穴の中に滲み入るように回しかけるのですが、タレはかけ過ぎてはダメ。刻んだネギを少しのせて‥‥ 絶品でした。

厚揚げの油とタレが白ごはんに滲みて、とてもシンプルな丼なのに、熊谷さんのミニ厚揚げ丼は、もう、泣きそうなくらい美味しかった。

それで終わりだと思ったら、その後に、おからの麺で作ったうどんと、フルーツの盛り合せが出てきました。

店主の見事なお点前と醸し出す雰囲気、とうふの美味しさと、器の豊かさ‥‥、これをいただいたら誰だって熊谷さんのファンになってしまう。私はそう思います。

予約したときから、このランチが1,500円だと知っていました。3,000円払っても惜しくないと思います。銀座で食べたら、5,250円払うかもしれません。
そう感じさせる熊谷さんを、私は「とうふ師」だと思いました。そして、これはランチではなく「とうふの昼膳」だと思ったのです。

Dscn0103

店の前に出した木の長椅子に並ぶだけが、熊谷さんの店。もめん豆腐、おぼろ豆腐、厚揚げ、おからを販売されていました。

Dscn0090_2
熊谷さんは、満月とうふのような方でした。頭にかぶった毛糸の帽子が、満月とうふみたいでした。
熊谷さんは、お地蔵さんのように柔和な表情で、とうふを食べさせてくださいました。

いま食べたばかりなのに、私はまた熊谷さんの「とうふの昼膳」を食べに来たいと思いました。実家の母が京都に来るときは、この昼膳を食べさせてあげたいと思いました。

     * * *  つづく

« 手亡豆を使って | トップページ | なんでもない日にお赤飯 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

のどかさん、おはようございます
伏見の情報をありがとうございますo(^▽^)o
藤岡酒造さんの酒粕アイスも美味しそうですね。油長さんのふきのとうの佃煮も食べたいです(o^^o)
伏見の情報が少なくて本当に助かりました。ありがとうございました(^-^)/

いるか似さん、こんばんは。

熊谷さんは、お豆腐の販売を再開されているのですね。
情報をありがとうございます。

伏見のこと、勉強不足でほかの豆腐屋さんや甘味処は知らないのです。ごめんなさい。
でも、熊谷さんのお隣の藤岡酒造さんは◎でした。お酒もおいしかったし、酒粕アイスがとても気に入りました。酒粕を買って帰り、酒粕ケーキを焼いたら、それもおいしかったです。
藤岡酒造さんを知る前は、商店街にある「油長」という酒屋さんで利き酒を楽しんだりしていました。アテに出る「ふきのとうの佃煮」が大好きです。

こちらこそ楽しませていただいています(^-^)/
熊谷のご主人と思われるツイッターを見つけました…4/26~5/6までお休みということです(T ^ T)残念です(。-_-。)
ネットで熊谷サンの電話番号もやっと見つけたのに…。
私は大阪なので秋にでも行こうとおもいます((o^^o)
伏見でお勧めのお豆腐や餡子を使ったお店をご存知でしたら教えてください!(◎_◎;)

いるか似さま、コメントをありがとうございます。

おからや熊谷さん、この前、お隣の酒蔵に行ったときはお休みされているようでした。
5月の連休は、開いていることを願います。

5月の連休に伏見に行くので是非、食べに行きたいです(o^^o)
伏見はお水も美味しいからお豆腐も最高ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44806835

この記事へのトラックバック一覧です: おからや熊谷(3):

« 手亡豆を使って | トップページ | なんでもない日にお赤飯 »