« 土とお豆の たべものがたり | トップページ | 藤も豆なり »

天神さん界隈で

北野天満宮のことを京都の人は、親しみを込めて「天神さん」と呼ばれます。京都3年生の私も、真似して「天神さん」と呼ばせてもらっています。

天神さん近くの中村製餡所に行く道すがら、「赤飯まんじゅう」の文字を見つけました。一度通り過ぎたけど、向学のためUターン。

Dscn0984 Dscn0987 断面写真はキレイに撮れなかったので、小さく載せておきます。

店の写真は撮りそびれました。「御菓子司 三平餅」と看板があがっていました。天神さんの正門から見ると、右側の道を行ったあたりです。

赤飯まんじゅうは、1コ150円。「温めて食べてください」と、ご主人が包んでくださいました。おまんじゅうにあたる皮の部分に、ほんのりと甘みが感じられるだけで、中にはもち米の純粋なお赤飯が入っています。栗がのっているのも、うれしいですね。

Dscn0990 Dscn0996 中村製餡所では「白あんもなかセット」と「かのこあずき」を買いました。

お母さまからも、ちゃんと顔を覚えていただいてます。ふふふ、私はもう、この店では「一見さん」ではありませんヨ。

サクッとおいしい中村製餡所のもなか、心がほっとするやさしい甘さです (゚▽゚*)

« 土とお豆の たべものがたり | トップページ | 藤も豆なり »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/45059433

この記事へのトラックバック一覧です: 天神さん界隈で:

« 土とお豆の たべものがたり | トップページ | 藤も豆なり »