« 黒豆と昆布 | トップページ | 桜の樹の下で »

「長崎かゞみや」にて

あす、4月15日は「赤飯の日」。京都は、今日〜明日と絶好のお花見日和になりそうです。

Dscn0792
ピーチ就航を待って、長崎に行って来ました。早めに予約すれば、長崎⇄大阪(関空)の運賃が、片道3,780円〜 と驚きの価格! 今回、私は航空運賃だけですと、13,000円弱で往復することができました。

目的は4つ。そのうちの2つは、「長崎かゞみや」にありました。
「かゞみや」は、2010年3月にOPENしたアンティークきもののレンタルとゲストハウス。

おかみの「ゆかりなでしこ」さんと私は、「宿がOPENしたら、ぜんざいを作るね」と約束したまま、2年以上が過ぎておりました。

Dscn0677 Dscn0682 かゞみやで、ぜんざいを作る。

宿に泊まって、その約束を果たすのが目的の一つ。

熟成あずきを前の晩から茹でて、「朝ぜんざい」にして、振舞いました。

Dscn0686 Dscn0693_2 Dscn0694_2 おかみも、朝からとうふ白玉を作るのを手伝ってくれました。

水の代わりに絹ごし豆腐を使って作る白玉は、つるんとしてて、水でこねるより硬くなりにくいのです。

写真は、RBC(ラーメン・バカチン・クラブ)のTシャツを着て小豆を茹でる私(左)と、働き者のおかみの横顔(中)。

Dscn0698
女の友情「白玉ぜんざい」は甘さ抑えめ、まだ若いぜんざいでした。あと1時間くらい茹でると、とろとろぜんざいになったかな‥‥

せっかくなので、もう一つの目的も。
おかみに着せていただいたアンティークきものを載せておきます。

Dscn0730 Dscn0732 Dscn0738 一度でいいから身につけてみたいと思っていた袴。

ヽ(´▽`)/ 年甲斐もなく、ごめんなさい。

アンティークきものと宿 長崎かゞみや
長崎市本河内1-12-9 TEL 095-895-8250

« 黒豆と昆布 | トップページ | 桜の樹の下で »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44881561

この記事へのトラックバック一覧です: 「長崎かゞみや」にて:

« 黒豆と昆布 | トップページ | 桜の樹の下で »