« とうふ屋 女将・藤野久子さんの料理本 | トップページ | 藤野久子さんの「とうふ料理」より »

赤飯おこわ

毎月1日、15日は「赤飯の日」。あなたも赤飯を口にしてみませんか?
と言い始めて丸2年。

皆さんにお知らせする「赤飯の日予告メール」には、自分で作ることができなければ、「買ったお赤飯でもかまいません。スーパーの食品売場、デパ地下、コンビニなどで見かけたら、手を伸ばしてみてください」。とお声かけしています。
そう言いながら、私自身は赤飯を作るのが楽しくて、出来合いを買うことが少ないです。

Dscn0481
久々に、セブンイレブンで1個130円の「赤飯おこわ」を買ってみました。丸い太鼓型です。

Dscn0483
裏面に「レンジ加熱目安 500W 0分20秒」の表示あり。
もち米は国産で、着色料にはアズキが使われているとのこと。

皆さんが送ってくださる「今日は赤飯の日だったから、コンビニで買って食べました」というお赤飯は、こんな味がするんだなと思いながら食べました。
黒ゴマは、これくらい多めにかかっているんですね。

世の中の赤飯おにぎりのスタンダードは、こんな感じなのですね。

*4月1日から「赤飯運動」は3年目に入ります。
*赤飯運動実行委員会の更なる充実をはかるため、最近グッズの販売を始めました。それに伴い、会の新規口座を作成すべく、実行委員長と共に会の規約作りを進めています。

« とうふ屋 女将・藤野久子さんの料理本 | トップページ | 藤野久子さんの「とうふ料理」より »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんにちは。

赤飯のおにぎり、とびっきりおいしいのをどこかが販売してくれないかなぁ‥‥

自宅を遠く離れての講習会の時には、お赤飯のおにぎりをよく買います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44678460

この記事へのトラックバック一覧です: 赤飯おこわ:

« とうふ屋 女将・藤野久子さんの料理本 | トップページ | 藤野久子さんの「とうふ料理」より »