« 2012 豆腐フェア | トップページ | Dy'sの豆腐サンドイッチ »

季節の野菜のせのせら〜めん/春の豆編

新横浜ラーメン博物館に行って来ました。目的は2つ。

【その1】かもめ食堂
Dscn0354 Dscn0356 2月2日にオープンした気仙沼の復活プロジェクト「かもめ食堂

支那そばの「ちばき屋」や銀座の「まかない喜いち」を経営されている千葉憲二社長のお店です。

どんなラーメンが食べられるのか、期待を胸にラー博地下2階へ。紙芝居を見ながら、待つこと約20分。

Dscn0359Dscn0358左は大人気の「メンチカツ」。
豚肉の甘醤油味、中から熱アツの脂がジュワ〜。上顎を火傷しました。。。

右は気仙沼ラーメン潮味の海老ワンタンのせ(ミニ)。
潮味のスープがおいしい。麺がおいしい。ワンタンがつるん、ちゅるんとおいしい。千葉社長の気仙沼への愛がいっぱい詰まった味がします。
「よかった、食べに来られて‥‥」と思いながら味わいました。

【その2】麺の坊 砦
Dscn0372 Dscn0374 樋上店長渾身のラーメン「トマトに恋して」とハートの雑炊。

トマト味のラーメン、ひと口目はキチンキトサン系の甲殻類のにおいが感じられました。
「カニですか?」私。 「さくら海老でしょう o(^0^)o」クニちゃん。
レタスに緑のタバスコをかけていただきました。海老とトマトとチーズが、とんこつスープと相性良くまとまっています。おいしい! 白ごはんにトマトをのせた上から、ラーメンのスープをかけて、雑炊にしていただきました。しあわせ〜♪

【その3】期限前とは、わかってたけれど‥‥

願わくば、このラーメンが食べたかった‥‥
二代目 げんこつ屋「季節の野菜のせのせら〜めん/春の豆編」写真がないので、リンク先をご覧ください。

春の豆として使われているのは、そら豆+スナップエンドウ+グリーンピースだそうです。食べたいなぁ‥‥

新横浜ラーメン博物館の二代目 げんこつ屋さんで、3/16〜4/5までの販売です。
この間に、もう一度ラー博へ行きたいなぁ‥‥

« 2012 豆腐フェア | トップページ | Dy'sの豆腐サンドイッチ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44528566

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の野菜のせのせら〜めん/春の豆編:

« 2012 豆腐フェア | トップページ | Dy'sの豆腐サンドイッチ »