« 開店おめでとうございます! | トップページ | 納豆の旨さは、タレで決まる? »

ざぜん豆=坐禅豆

2月15日のお赤飯も、なんだかトホホなやわらかさになってしまいました。炊飯器で作るお赤飯のレシピを改良中のつもりが、ちっとも上手くいきません。。。

最近よく作るようになったのは、そして、ほとんど失敗することなく安心して作れるから好きなのは「ざぜん豆」。簡単でイイです。

Dscn9879 Dscn9893 1.大豆を水にもどす。
2.大豆を茹でる。
3.最初にアクがたくさん出るのでアミですくう。
4.途中にもアクが少しずつ出るので、それも丁寧にすくう。
5.茹で上がったら、鍋に豆1カップに対し、豆の煮汁1カップを残しておく。
6.5の鍋に砂糖大さじ2、醤油大さじ1を加え、焦げないように注意しながら、中〜弱火で煮詰める。
7.最後のほうは要注意。鍋に張り付いて、ゆすりながら焦げないように汁を飛ばす。
すると、右の写真のような感じに出来上り。甘醤油味と大豆の食感がいい感じで、パクパクなくなります。

Dscn0021 Dscn0020 緑色したコレも大豆です。

北海道遠軽町在住の「親分」に、以前送っていただいたものを使いました。

左の乾燥した大豆を水に戻したのが右の写真です。

春近しを予感させてくれる、さわやか〜な色ですね♪

こんなにキレイな色の豆も、水煮にすると少しくすんだ色になります。

それを、甘醤油で煮詰めて‥‥ 

またもや、ざぜん豆に。

Dscn0023
甘醤油に一味唐辛子の輪切りを入れて炒り煮にしたら、ピリ辛ざぜん豆の出来上り。

「ざぜん豆」って、広辞苑には「黒豆を甘く煮しめたもの」と書いてあります。「坐禅の際、小便を止めるために食べる習わしがあったことから、この名を得た」そうです。知ってた?

« 開店おめでとうございます! | トップページ | 納豆の旨さは、タレで決まる? »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんにちは。

青平大豆、ちょっとずつ使わせていただいてます。
ここでは1回に1/2〜1カップずつもどして使います。
煮くずれが少なくて良いですね。
豆乳も緑色になって、おいしいのでしょうね。
まだ豆乳は作ったことがないので、追々ためしてみます。
ありがとうございます。

嬉しいですね。
青平大豆、美味しくて大好きです。
豆乳も美味しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/44147453

この記事へのトラックバック一覧です: ざぜん豆=坐禅豆:

« 開店おめでとうございます! | トップページ | 納豆の旨さは、タレで決まる? »