« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

仙豆???

いつものざぜん豆を、北海道の青平大豆で作りました。みどり色にしたかったのです。

Dscn0119

容器に入れて、MT(マスキングテープ)を貼って、名前を書きました。
中身は同じなんですけど、「ざぜん豆」と「仙豆(せんず)」です。

仙豆」と書いてあったら、それを見て喜んでくれるかもしれない。
仙豆」と書いてあったら、それだけで元気になってくれるかもしれない。

そんな期待を込めて持参し、手渡してきました。

青平大豆は皮が薄いので、水煮にして甘辛醤油で煮詰めているうちに、けっこう皮が外れてきます。ふつうの大豆肌色の大豆のほうが、おさまりが良いようです。

でも、やっぱし「仙豆」には、みどり色した豆が似合う気がします。
「仙豆」を食べたことがある方、お話しをお聞かせくださ〜い♪

*今日と明日は、精進料理家の藤井まり先生と、ご一緒させていただいております。そのご報告は後日、改めて。お世話になった皆さま、ありがとうございます。

おからや熊谷(1)

2010年8月、伏見の酒蔵に行った帰り、町の中を散策していて見つけた1軒の店がありました。

その店は残念ながら締まっていて、黒板に残された置き手紙のような文言は「八月休業のお詫び」と始まって、「大豆畑の管理の為(広い畑の草取り)〜」と書かれていました。

「おからやさんが、大豆畑の草取りのために一ヶ月も休業する???」まるで、フランス人かスイス人か、外国人のような人がやっているお店かもしれない‥‥と思いました。

伏見の町なかで、豆腐屋ではなく「おからや」を営まれているということにも、興味がわきました。

    *  *  *

本年2月某日、おからやさんのことを思い出してネット検索し、ヒットした番号に電話をかけると間違い電話で、2回も続けて違ったので、「これはもう直接行ってみるしかない」と思い、地下鉄&近鉄に乗って行ってきました。

Dscn9919
そう、ここです。ここ。「おからや 熊谷」さん。
ランチ目当てに、お昼少し前に着くように行ったのに、店は締まっていました。

まさかの店休日! あぁ、なんとツイテナイ・・・
1年半ぶりに訪れた熊谷さんは、毎週木曜日と金曜日が店休日でした。例の黒板には店休日のことと、ランチ予約の番号が記されていました。

Dscn9916
おから 100えん、生厚あげ 150円、ふわっと もめん 250円、おぼろ 200円
ガラス越しに見えたので、悔しいから写真だけ撮りました。「そうか、おからは100円なのね‥‥」

残念だけど、木曜でも金曜でもない日に、ちゃんと予約をして再訪しようと思い、黒板にあった携帯電話の番号を登録して帰ってきました。

熊谷さんは、伏見区新町あたりにあります。お隣は酒蔵、反対隣には豆腐料理の「梅の花」がありました。

あずきのチカラ

Dscn0105 Dscn0124 薬局で売っているのを知ってて、前から使ってみたかった「あずきのチカラ」、試しに買ってみました。

「あずきのチカラ」は「肩こり用」と「目もと用」が売られていて、私が買ったのはsteam eye pillow = あずき入り目の疲れとりです。

発売元:桐灰化学株式会社 薬局価格:目もと用 698円

電子レンジで温めて使います。マメラボのレンジは500Wなので40秒、レンジでチン! すると‥‥

Dscn0131_2

「キケンの文字が出ている場合は使用できない。文字が消えるまで冷ましてから使う」そうです。最初からつまずいてしまいましたが、キケンを冷まして目にのせ、5分ほど温めました。

すると‥‥

Dscn0130 あずきのにおいがします。ピローには、あずきと緑豆が入っています。
なんだかジワ〜っと温かいです。このまま寝てしまいそうです。
残念ながら、目が疲れるほど働いてないから効果はさほど感じません。

箱には「あずきの天然蒸気の温熱がじんわり温め、心までほぐしていきます」みたいなことが連ねてあります。繰り返し200回使えるそうです。

心が疲れたときに、また使おうっと。

おからのビスコッティ

Dscn0112 Dscn0113 縁あって、良質の「おから」が手に入りました。
これで何かお菓子を作りたいと思い、ネット検索で見つけたのが「おからのビスコッティ」レシピ。

家にある材料だけで作るレシピでは、おから、砂糖、薄力粉、ベーキングパウダー、卵を使います。

材料を混ぜて、1cmの厚さにのばし、オーブンで20分焼き、1cm幅に切って両面とも10ずつ焼く。たったそれだけなのです。簡単でしょう (゚▽゚*)

おからのビスコッティ! ☆いくついただけるでしょうか?

Dscn0116
食べた人の感想 「蒸しパンみたいな味」
私の感想 「☆ゼロ‥‥」

う〜ん。ティータイムにおからのビスコッティ、ならず。

粉とベーキングパウダー・砂糖の配合、焼き時間と温度、改善の余地大です。食感も中途半端なかたさで、今ひとつ‥‥。

これがうまくできるようになったら、おからクッキー、きなこのブールドネージュもマスターしたいなぁ。

せっかくのおから。良質のおから。また、買いに行こう (゚ー゚)

まるで「あんこの生チョコ」

姜尚美さんの「あんこの本」から、11月〜3月にだけ販売される「大納言」を求めて姉小路烏丸の「龜末廣(かめすえひろ)」さんを訪ねました。

Dscn0067
姉小路烏丸と聞いても、私は未だにどこのことだか見当がつきません。地下鉄を烏丸御池で降りて、新風館の入口を通り過ぎ、横に入った道沿いです。
改めて地図を頼りに行ってみたら、これまで何度も通り過ぎたことのあるお店でした。見るからに、あまりにも老舗の風格が「一見さんお断り」のオーラを醸し、ぐずぐずといつまでもヨソ者の私には、敷居が高過ぎるというか、暖簾をくぐる勇気がなかったのです。

2月も下旬に入り、ぼやぼやしてたらアッと言う間に3月。そうしたら、また次の秋まで、姜尚美さんの本に掲載された「大納言」はお預けになる‥‥ そう思ったら、エェイッ!

Dscn0066 Dscn0064 店の中は、やはり老舗の気配が充満していましたが、とてもおだやかな奥さまが、見るからに初心者の私にも、やさしく応対してくださいました。

お願いしてみたら、写真も撮らせてくださって、仕事の手を止めさせてしまったことを申し訳なく感じました。

龜末廣さんは、江戸時代から続くお店だそうです。この建物は200年以上前に建てられたもので、今日まで営々と商いが続けられてきた空気がそこここに感じられます。

お目当ての「大納言」と亀の甲を模した最中を買いました。やはり、お釣りは新札で渡されるお店でした。。。

Dscn0075 Dscn0077 まずは、当日中が望ましいとお聞きした最中から。

注文してから、あんこを詰めに行ってくださった最中。
ひとつ、250円でした。

サクッ。なるほど、上品な最中の種(皮のこと)は、速やかに食べるのが◎です。潤いのあるあんこと種が、互いの長所を引き立て合っているのがわかります。

逸る気持ちを抑えながら‥‥ しずかに最中をいただきました。

Dscn0108 これが「大納言」です。

竹を半分に割った中に、大納言あずきのあんこが詰まっています。専用の木のヘラが付いています。どこででも開けたらすぐに、食べられます。

しかし、身支度を整えて、おいしいお茶を用意して、座敷のある家だったら正座していただきたい雰囲気です。

封を解いて、蓋をめくり、しばし見つめ合う時が必要です。なぜって?

Dscn0084

初めての「大納言」は、しっとりとなまめかしく、色っぽいったらありません。「このテカリは水飴が使われているんだろうか?」そんなことは、後で考えることにして‥‥

Dscn0085 最中があんこを手づかみで食べさせるために考案されたとすれば、あんこそのものをヘラで口に運ぶこの「大納言」は、あんこが好きで好きでたまらない人のために考案されたとしか思えません。

舌の上でとろけるあんこは、まるで生チョコのよう。ココアパウダーをまぶす前の生粋の生チョコ、あずきの味を残しながら、甘すぎずふくよかなあんこ。あぁ、しあわせ〜! これだったら、一気にあと2つくらい食べられそうです。

あんこ一本勝負の「大納言」。職人さんの腕が存分に発揮されています。砂糖は和三盆が使われているとか。掛け紙には「天下一品 甘煮小豆」と書かれています。

ひとつ、450円。竹の器 タテ64ミリ×ヨコ46ミリのスペースに甘煮小豆が入っています。

*龜末廣 京都市中京区姉小路通烏丸東入ル TEL 075-221-5110 日・祝は休み

ポーランドの「お豆のスープ」

海外出張のお土産に、とってもステキなメールが届きました。

Polandsoup
メールのタイトルは「お豆のスープ」。

仕事でポーランドに行かれたそうです。「商談を終え、会食のときに出された料理の中で、このスープがいちばんおいしかった (゚ー゚)」と言われていました。

So デリシャスなスープについて、根掘り葉掘り質問してみると‥‥ どうやら「お豆」は、白花豆のようです。ヒヨコ豆らしき豆も入っていたみたいです。ニンジンもうっすら透けて見えますね。浮き実はセージでしょうか?
「スパイスが効いたおいしいスープでした」と。ヨーロッパの2日目、3日目の食事の中で、いちばんおいしいと感じた料理だったとか。

そんなにおいしいスープ、私も飲んでみたいです。

豆スキな私を思い出して、おいしいスープの話しをするために写真に残してきてくださった、そのお心遣いがうれしかったです。

Kさま、目のごちそう、おいしくいただきました。

真珠豆とマザーパール

京都にも雪が降りつもりました。この冬いちばんのまとまった雪は、浮世の雑念を消し去るようにあたり一面を綿帽子でおおい、時おりはらはらと舞う雪の花びらは、美しくも切なく輝いて見えました。

雪景色を見ていたら、真珠豆の存在を思い出し‥‥ 丹波篠山のSさまにちょうだいした真珠豆を茹でてみました。

Dscn0036
真珠豆。左が乾燥した状態のもので、右は水浸け後に茹でたもの。
水戻しに要する時間は比較的短く、3時間もすれば戻っておりました。
茹で時間も、新豆のせいか30分もかけず、ちょうどいい感じになりました。

初めて口にした真珠豆は、白金時を小ぶりにしたような味がします。ホクホクしたデンプン質の感じも、白金時と似ています。手亡豆・白手亡豆・雪手亡豆・グレートノーザンなどとも似ています。
おそらく、真珠豆で白あんを作っても美味しくなると思います。

Dscn0039
初真珠豆の半分はミネストローネスープ(◎です)に、半分は篠山の豆教室で習ったコンフィチュールにしました。

コンフィチュールは‥‥ シナモンスティックを入れたグラニュー糖のシロップに真珠豆を浸し、仕上げにバニラエッセンスを少々ふりかけて、しばし味を滲み込ませ中です (゚▽゚*)

Dscn0043 真珠つながりで、こちらは、さくらの花をかたどった帯留めです。白いところは「マザーパール」という真珠ができるときの母貝で、桃色の粒は深海サンゴとのこと。

さくらの季節が始まる前に、デビューさせてあげたいな。

*まりこさん、うまくご連絡ができずにおります。スミマセン‥‥

納豆の旨さは、タレで決まる?

最近食べた納豆が、なんとも言えずおいしかったのでご紹介します。

Dscn9913
あずま食品の「みそだれ納豆」、あなたも食べたことがありますか? 栃木県宇都宮市の会社だそうです。

Dscn9952 Dscn9954 納豆とタレが入っています。小さい辛子の袋は入っていません。

私はいつも、納豆のタレは使いません。
塩+かつを節たっぷりで食べる納豆が好きです。

けど、今回は「みそだれ」を使いました。よ〜く混ぜて、小ねぎの小口切りをぱらりとのせて‥‥

「みそだれ」をかけた納豆は、初めてのおいしさ! 甘いタレの中にもピリ辛感があって、なるほど「ごはんがすすむ」は正解です。

朝食には、パンよりご飯が好き。

白ごはんに納豆と、目玉焼き、みそ汁、緑茶があれば (・∀・)イイ!

この納豆に使われている大豆は、アメリカ又はカナダの極小粒納豆だそうです。よく見かける表示「遺伝子組み換え大豆は使っていません」も書かれています。

舶来の大豆だったのね‥‥ 「ふくゆたか」とか「すずまる」とか国産大豆を使っているものはパッケージに仰々しく表示されていますもんね。
そう言えば、この前、TVで言ってたのですが、「最近は大豆そのものを良質なものにしても、大豆の味の違いをわかる人は少ない。だから、納豆メーカーはタレに力を注ぐ。タレがおいしいかどうか、開けやすいかどか、そういったことのほうが大豆そのもので差をつけるより、評価されやすい」と。

この納豆は、正に「タレで勝負」の納豆だと思います。今もまだはやっている「食べるラー油」を意識した味でしょうか?

納豆はみそ汁や納豆オムレツにすることもありますが、このタレだったら、納豆かけごはんで食べたいです。あずま食品の「みそだれ納豆」、私はまた買うと思います。

ざぜん豆=坐禅豆

2月15日のお赤飯も、なんだかトホホなやわらかさになってしまいました。炊飯器で作るお赤飯のレシピを改良中のつもりが、ちっとも上手くいきません。。。

最近よく作るようになったのは、そして、ほとんど失敗することなく安心して作れるから好きなのは「ざぜん豆」。簡単でイイです。

Dscn9879 Dscn9893 1.大豆を水にもどす。
2.大豆を茹でる。
3.最初にアクがたくさん出るのでアミですくう。
4.途中にもアクが少しずつ出るので、それも丁寧にすくう。
5.茹で上がったら、鍋に豆1カップに対し、豆の煮汁1カップを残しておく。
6.5の鍋に砂糖大さじ2、醤油大さじ1を加え、焦げないように注意しながら、中〜弱火で煮詰める。
7.最後のほうは要注意。鍋に張り付いて、ゆすりながら焦げないように汁を飛ばす。
すると、右の写真のような感じに出来上り。甘醤油味と大豆の食感がいい感じで、パクパクなくなります。

Dscn0021 Dscn0020 緑色したコレも大豆です。

北海道遠軽町在住の「親分」に、以前送っていただいたものを使いました。

左の乾燥した大豆を水に戻したのが右の写真です。

春近しを予感させてくれる、さわやか〜な色ですね♪

こんなにキレイな色の豆も、水煮にすると少しくすんだ色になります。

それを、甘醤油で煮詰めて‥‥ 

またもや、ざぜん豆に。

Dscn0023
甘醤油に一味唐辛子の輪切りを入れて炒り煮にしたら、ピリ辛ざぜん豆の出来上り。

「ざぜん豆」って、広辞苑には「黒豆を甘く煮しめたもの」と書いてあります。「坐禅の際、小便を止めるために食べる習わしがあったことから、この名を得た」そうです。知ってた?

開店おめでとうございます!

Dscn0005 あす、2月15日は「赤飯の日」

「赤飯の日」には1日早いけど、赤飯おにぎり持参で、本日、大阪にオープンしたお店のお祝いに行って来ました。

福岡発〜全国区&ニューヨーク、シンガポール、ソウル、ホンコンに店舗を構えるラーメン店「一風堂」の63店舗目(64店舗目?)のお店です。

場所は、天王寺駅と阿倍野橋駅に直結した施設「あべのnini」の1Fにあります。

博多 一風堂 あべのnini店、2/14(火)OPEN!


Dscn0008
こんなふうにOPENのお祝いに伺うのは久しぶり。なつかしいお顔にも会うことができました。その中の一人が、彼 ↓

Dscn0006
緒垣俊輔クンです。この前、10年ぶりくらいに再会したら、とても立派になってて、お姉さんはうれしかったです。「店舗運営グループ フィールドアドバイザー」と名刺に書いてありました。

店内には、うれしい博多弁が飛び交っていて、私は「からか麺」「温玉のせごはん」「半餃子」を注文しました。うん、うん、元気いっぱい、しあわせの味です。

本日OPENにつき、たっくさんの記念のお品をいただいてきました。一風堂のサービス券各種、草間弥生さんデザインの「あべのnini」ショッピングbag、メモ帳、そして、コレで〜す。

Dscn0016_2
2月14日、バレンタインデー、粋なプレゼントをありがとうございます。
一風堂 あべのnini店の商売繁盛を、心よりお祈り申し上げます。

博多 一風堂 あべのnini店 大阪市阿倍野区阿倍野橋筋1-5-10-1F TEL 06-6630-7720

<肝心の赤飯おにぎりは‥‥ >>> 緒垣クン、ごめ〜ん。
帰って味見用に残しておいた赤飯おにぎりを食べたら、やわすぎでした  (´O`)°゚ 

惹かれたチョコ 2012

明日は、いよいよチョコの日ですね。「チョコはカカオ豆から作られているから、豆なブログに書いていいことにしよう」と決めて、毎年楽しみにチョコ売場を物色しています。

今年の気になったチョコを載せておきます。まだ、明日まで食べられませ〜ん。。。

Dscn9977 豆腐ちょこれーと 苺 みるく/砂糖未使用ベリーチョコレート/販売者:株式会社アクトス/サロン・デュ・ショコラにて購入

「砂糖未使用」と書かれたチョコ。未使用ということは、いつかは使用するのだろうか? と思って、奇妙な日本語につられて買いました。
味見でいただいたチョコは、ちゃんと甘かったです。

Dscn9979 シュシュ ミント/砂糖未使用ベリーチョコレート/販売者:株式会社アクトス(岐阜県多治見市)/サロン・デュ・ショコラにて購入

同じく砂糖「未」使用のチョコレート。箱が可愛くて買いました。ピンクとか黄色とか色違いで5〜6色並んでいたら、とっても愛らしくって‥‥ 好みの色を買ったら、どうやらミント味だったみたいです。

Dscn9986 ボンボンショコラ〈簡易包装〉/左 3個袋入り/右 6個クリアケース入り/ドゥブルベ・ボレロ(滋賀県守山市)/サロン・デュ・ショコラにて購入

オーナーシェフは渡邊雄二さんとおっしゃるそうです。JR京都伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ会場を隅々まで見て、最も感心させられたチョコです。

クリアケースの6個入り、9個入りがそのままギフトBOXに入れられるように組まれています。ギフト用の箱に入ると200円前後高くなります。
と言うことは‥‥このチョコは、チョコ好きがチョコを食べるために購入するに相応しいチョコだと言えます。マイチョコにもピッタリ♥
チョコの味と組み合せをわかりやすく明示した図も“お見事”の一言に付きます。渡邊シェフに脱帽です。

Dscn9975_2 Dscn9976 サダハル・アオキの「東京焼きマカロン・マロン

去年のマカロン・ショコラも美味しかったけど、今年のマカロン・マロンはもっと美味しく感じました。
外は抹茶色した回転焼き生地、その中にショコラ味のマカロン生地、クリームのところがマロン味。これで、百貨店での売価 381円を高いと感じるか、安いと感じるかは食べた人が評価してください。
私は明日の最終日も、できることなら買いに行きたいです。

Dscn9980 いわしの丸干し チョコレート/販売者:有限会社マルケイ(大阪府豊中市)/北大路VIVREにて購入

おそらくわかる人にしかわからない、私のココロを鷲掴みにしたチョコ。もちろん、パッケージ買いです。おそらく中身は普通にあるチョコレート菓子でしょう。

Dscn9985 鮎チョコ/販売者:有限会社マルケイ(大阪府豊中市)/北大路VIVREにて購入

こっちは「いわしの丸干し」より、もっとすごいです。小さいけど、鮎の写真がとってもリアルです。

いわしが発泡スチール容器なら、鮎はザル入りで紐で縛ってあるのもステキ!

1年に1度のチョコレートの日。あっぱれ、2月14日。Be happy バレンタインデー!

〜「日本のものづくり文化」を大切にし、その精神をショコラづくりに活かした作品〜と、エス コヤマさんの商品説明に書かれていました。「商品」が「作品」に見えてしまうチョコレートがあるように、日本のチョコレート作りの技術は素晴らしく向上しているのだと思います。

TOYOTAやSONY、Nikon、nisshin みたいなチョコレート・ブランドが世界に羽ばたく日は近い?

この時期、年々進化するチョコレートの売場を覗くのは、すこぶる楽しいです o(*^▽^*)o 世界中の人たちが、甘くしあわせな1日でありますように‥‥

白花豆のムース

Dscn9948 Dscn9949北海道産の白花豆を使って、ムースを試作しました。

白花豆以外の材料は、砂糖、牛乳、板ゼラチン、生クリームです。

ムースを作るのは初めてで、レシピを何度も見ながら丁寧に作りました。

いちばん大変だったのは、白花豆を裏ごしする手間がかかったこと。こんなとき、フードプロセッサーがあったら便利なんですよね。

Dscn9993 Dscn9995 白花豆は粒が大きいから、この時期、水浸けしてもどすのに丸一日くらいかかります。
1カップの乾燥状態の白花豆は、水にもどしたら1と1/2カップ強に膨らみました。

茹でた白花豆を裏ごしして砂糖を加え、牛乳にふやかした板ゼラチンを溶かしたものを混ぜて、ゆるめに泡立てた生クリームをさっくりと素早く混ぜ合わせます。

それから冷蔵庫で冷やすこと2時間‥‥ すると、初ムースの出来上りヽ(´▽`)/

Dscn0003
写真では、まるでバニラアイスみたいですが、食べてみると味はしっかり白花豆で、なかなか濃厚なムースです。
豆のデンプン質が舌に広がって、白花豆を甘煮にしたようなあの豆々しい味もちゃ〜んと伝わってきます。

改善点は、牛乳の量をもう少し多めにしたほうが、なめらかなムースになるのかな? と思いました。ま、素人の初挑戦にしては上々でしょう。

せっかくなので、いただきもののバレンタイン・チョコを飾りました (゚▽゚*)
ムースにのっているのは、洋菓子店 ニノカニーノの「しょうがのチョコ」です。白花豆と生姜、合いますねぇ♪
チョコのほろ苦味が効いた「ノワゼットショコラ」も添えました。

白花豆のムースにはチョコも合うし、ブラックコーヒーも良い感じ♡
バレンタインデーも間近、この週末は手作りチョコをがんばった女の人がいっぱいなのでしょうね。。。

まめまめ

Dscn9900 Dscn9908 その昔、京みやげとしていただいたことがある「まめまめ」は、「琥珀流し」でも知られる大極殿栖園(だいこくでんせいえん)で売られています。

原材料に空豆が使われていて、ひと粒つまむと、豆々しい青っぽさが広がります。
品名の「すはま」が何のことだろうと思って調べてみたら、州浜と書くそうで、

「州浜とは浜辺と入り江の姿をあらわしたものです。大豆、青豆を煎ってひいた州浜粉に砂糖と水あめを加えてよく練り、切り口が州浜形になるように細工します。大豆だけを使った黄色い州浜と、青豆の緑と大豆の黄色を染め分けた州浜があります」と甘春堂さんの菓子の用語に書かれていました。

大極殿さんの場合、大豆ではなく空豆を煎ってひいた州浜粉を使われています。
空豆味、好きな人と苦手な人がハッキリするみたいで、もちろん私は好きな人種です
(*^0^)

Dscn9906

◎大極殿栖園 京都市中京区六角高倉東入南西側 TEL 075-221-3311 水曜定休

大豆鶏そぼろのピタパン・サンド

Dscn9945 Dscn9947九州産の大豆を使って、試作をしました。
「ふくゆたか」の大粒です。

大豆は乾燥状態で1/2カップだったものが、水浸けしておいたら、1カップ強まで膨らみました。
大豆の煮汁も1カップ使います。

生姜の千切り、鶏ミンチ&醤油・みりん・酒などの調味料を加え、先に味を整えておいた中に大豆と煮汁を入れて煮詰めます。

Dscn9960 完成した大豆鶏そぼろ。甘醤油味に生姜がアクセント。ふつうのそぼろに比べ、大豆が入る分、食感が良いです。ふくゆたかは、可愛気のある大豆でしょう?

このまま食べてもおいしいのだけど、本日のお題は「ピタパン・サンド」ですから、同時進行でピタパンも焼いておきました。

Dscn9962
料理教室とかで焼いたことはあったかもしれませんが、自分一人で焼くのはおそらく初めてのこと。発酵タイムが寒さのせいで余計にかかってしまいました。
あとは、そこそこ順調に進み‥‥

Dscn9967_2 Dscn9968人生初・完全自作のピタパンサンドは、こんなふうに出来上りました。

左は、大豆鶏そぼろとベビーリーフ、トマトをはさんだピタパン・サンド。
大豆鶏そぼろって、そのままご飯にかけて、丼めしでいただいても充分OKなお味ですが、こうしてサンドとしても◎なのだなぁと思いました。
初めてモスバーガーのきんぴらつくねバーガーを食べた時のような嬉しさがわいてきました。

右は、北海道・村上農場のじゃがいも「ヨーデル」と鮭そぼろを使ったポテサラをサンドしています。こちらもgoodな組み合せ。トマトにはメタボ予防効果があるとテレビで言ってたし、気休め程度に挟んでおくと彩りもキレイです。

ピタパンって、発酵時間さえなければ簡単です。どうやらイーストさんも、ぬくぬくがお好きなんですね‥‥

サロン・デュ・ショコラは華盛り

Dscn9928 Dscn9924今年も、もう始まっています。

〜パリ発、チョコレートの祭典〜
サロン・デュ・ショコラ、私は今年もJR京都伊勢丹の会場を探険&発掘して来ました。

覚悟はしてたけど‥‥

平日昼間だというのに、ショコラを求める人の群れ。おそらく97%くらいが女性でした。(残り3%は、店員さんやショコラトリーのスタッフさん?)

Dscn9930 Dscn9936 まずは探険&発掘の前に、知人から頼まれた“おつかい”のショコラを買い求めました。

一番の注目株は、やはりこの人でしょう。
エス・コヤマさん。「外国人として初参加のショコラティエでは初のC.C.C.で5タブレット獲得の快挙」だそうです。

きっと、それって、かなり凄いことだと思うのです。だって、おつかいを頼まれた《C.C.C.デギュスタシオンNo.5》5個入り1,470円は、毎日、開店から10〜15分で完売してしまうそうです。
残念ながら、おつかいの品は入手できず、おつかい品と同じショコラが3/5含まれた品を買い求めました(写真右)。この奇抜なパッケージ、見覚えがあります。確か去年も売ってました。きっと、5タブレット獲得の味は、格別なんでしょうね。

Dscn9931 Dscn9920 Dscn9922 そして、次はコレ。今年はサダハルさんとはお会いできませんでしたが、スタッフさんが丁寧に焼いておられる近くには、甘〜い香りが漂っていました。

東京焼きマカロン》はショコラから、京都伊勢丹15th アニバーサリー限定で、マロンに変わっていました。あのおいしさが忘れられず‥‥ 

Dscn9939
マカロン入りの回転焼き。サダハル・アオキさんの遊びゴコロは、もしかすると福岡県大野城市在住であられた頃に培われたものかもしれません。

Dscn9935_2 Dscn9944ほかに《オ・グルニエ・ドール(ゆう)》と、《パトリーくまさん》を買って任務完了!

気がつけば、ぜ〜んぶニッポンのチョコでした。

自分用のチョコについては、また後日。あ、そうそう、

Dscn9932 何年も前から「ステキ♡」と思っていたリヨンのフィリップさんは、ショコラ売場の写真を見て酔いが醒めました。

正面からの立ち姿の写真には、かくのごとき色気も憂いもなく、洋菓子屋男子に多い体型をしておられます。きっと、この写真はカメラマンの腕が良かったのだと思います。ご本人も、それが気に入って、何年も前の写真を使い続けておられるのでしょう‥‥ (以上、勝手な推測です)

サロン・デュ・ショコラも各店の洋菓子売場も、おそらく今週末はうかうか近づけなくなるのでしょうね。皆さんはもう、バレンタインデーのご用意はお済みですか?

豆・つぶ・LOVE

2月10日(金)から、豆な写真家・伊藤美由紀さんの写真展が始まりま〜す!

「豆・つぶ・LOVE」写真展、すてきなタイトルでしょう〜♪

伊藤さんの豆の写真には、豆を愛おしみ慈しむ「まなざし」が感じられます。まさに、LOVEなまなざし。札幌在住の方がうらやましい (゚▽゚*)

Dscn9809

とりあえず写真に写っている分だけ、左上から「紅しぼり」「青大豆」「白花豆」「黒千石」「パンダ豆」「栗いんげん・かな?」

伊藤さんのハガキには、

豆が好きです。雑穀も好きです。見るのも、つくるのも、食べるのも、撮るのも。

豆つぶのある毎日は、ほらね、こんなに楽しい。

と書いてありました。

Dscn9810

ito miyuki photograph exhibition at ajito 2

MAME  TSUBU  LOVE  2012

会期 2012年2月10日(金)〜29日(水)

時間 11:30〜18:00(金・土は〜22:00) 木曜定休日

会場 あじと2 札幌市中央区南16条西4丁目1-10 TEL 011-552-3729

仙豆?

この前、左京区の「青おにぎり」さんに行ったら、「センズみたいにさ、食ったらたちまち元気になる、そんな豆ってないの?」と、大将の青松としひろさんに言われました。

皆さんは、センズってご存知ですか? 私は初耳でした。
「え、センズ? センズって、どう書くんですか?」私
「センズ、知らないの? ドラゴンボールに出てくるセンズ、男の子だったら、みんな知ってるよ。たぶん『千豆』じゃないの?」大将
「そんなに有名なんですか?」私
「当ったり前じゃん。センズを食べたら、身体中にパワーがみなぎって最強になるから、男子は皆、欲しいと思うよ」大将

へぇ〜〜〜! 世の中にそんな豆があるんですね? と思ったら、漫画の中のお話しだそうで、かつて、壷入りセンズが商品化されたところ、大好評だったとか‥‥ 

青松さ〜ん、センズは仙豆と書きます。ウィキペディアによると、

●仙豆はそら豆に似た形状の豆である。カリン塔に住む猫の仙人カリンによって栽培されている。アニメでの色は緑色。

とのこと。確かに、生のそら豆か、短い時間塩茹でして冷水に浸けて色止めしたそら豆のようです。残念ながら、

●味についてはヤジロベーが「うまくない」と言っている。

1年間に収穫される仙豆は7粒とされており、貴重なものである。悟空が初めてカリン塔を訪れる以前は人間がカリン塔を訪れることは極めてまれであったため、仙豆は大量に蓄えられていた。

1粒の栄養価が極めて高く、1粒食べれば軽く10日は飢えを凌げる。また作中では、一度に大量に摂取したヤジロベーの腹が膨れて動けなくなる描写も見られた。半分に割って使用した場面もある。

以上、●印の箇所は、ウィキペディアからの引用です。

Dscn9694_2 Dscn9691_2 ヤジロベーは「うまくない」と言ったかもしれませんが、私は仙豆が食べた〜い (*^-^)

食べたらたちまちパワーがみなぎって元気が出る仙豆のような豆料理を、私がいつか開発します。

その時は、青松さん、仙豆おにぎりを握ってくださいね  (・∀・)!

と、カウンター越しにこんな話しをしながら、青松さんの握ったおにぎりを食べるのが、私は好きです。

マスコミへの露出続きで、は大忙しの様子。青松さんやリヤカー・徹さんには今こそ、仙豆が必要そうです。

*You Tube で「ドラゴンボール 仙豆の歌」を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZrBz2PkVlls

大阪ほんわかテレビ

1月に丹波篠山の丸山で開催されたワークショップの様子が、大阪ほんわかテレビで放送されます。

佐古田直子おばあちゃんの黒豆煮&高柳好徳シェフの黒豆コンフィチュール
、関西圏の方は、よろしかったらご覧ください。

放送日 2012年2月5日(日) 22:30〜
番組名 読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』

Dscn9687 Dscn9784 Dscn9787 Dscn9754  Dscn9734

節分と「豆の日」

2月3日、節分。マメラボではここ数年、豆まきをしていません。なんだかね、鬼さんには鬼さんの事情があって、世の中に「お福さん」ばかりになったら、バランスがとれないかも‥‥

京都市内の神社やお寺さんは豆まきで賑わい、バスの車内は大渋滞。冷凍庫の中を歩いているような日が続いています。日本国中が厳冬に包まれているけど、今日が節分ということは、明日は立春ですね。北海道や東北にも、早く温かい春が訪れますように。京都にも春がやってきますように‥‥

2月3日は「豆の日」なので、心しずかにお赤飯を炊きました。

Dscn9858 Dscn9865 Dscn9871 本日は、小田垣商店さんの丹波大納言小豆を使ったお赤飯の炊き方を参考にしました。

やはり、こちらのレシピでも、もち米とうるち米の比率は3:1でした。
この前の蒸し器バージョンより美味しくできたと思います。レシピを見ながら、その通りにやったからでしょう。1日と15日にお赤飯を作ることに慣れてきても、緊張感をもって作らないとダメですね。



Dscn9849 Dscn9850 今年もお贈りいただいた「祝・豆の日」のケーキは、かわいくって、ふんわりおいしいロールケーキでした。

こ〜んなに可愛い鬼さんだったら、追い出すのはかわいそう。

マメラボ宛の特製でしょうか? 恵方巻きロールの中には、おいしい生クリームと共にフルーツとかのこ小豆が入っていました。

サプライズ委員会のシェフと奥さまに、心より御礼を申し上げます。
井上さ〜ん、おいしかったです。ごっち・そ〜・さま・でした♪

直子おばあちゃんの黒豆酒

1月下旬、丹波篠山(兵庫県)の黒豆教室でご一緒したSさまからレターパックが届きました。中身はコレです。

Dscn9838_2
左は丹波黒大豆、奥は丹波大納言、右手前は「真珠豆」!!

ティータイムに「真珠豆の名前を聞いたことはあるけど、実物を見たことがないんです」と言った私に、Sさまがご親切に送ってくださいました。
Sさま、自家製のお豆をこんなにたくさん、ありがとうございます。

真珠豆は、この前習ったコンフィチュールのように蜜浸けにするのが良いだろうとのこと。今日のところはまず、黒豆を使わせていただきました。

Dscn9843_2 Dscn9845_3 直子おばあちゃんに習った黒豆酒にチャレンジ!

黒豆を煎って、熱いまま日本酒に浸し、1週間ほどおけば出来上りとのこと。
あら、カンタン (*^-^)

黒豆酒は膝痛に良いそうです。腰痛や肩こりにも効いたらいいな。

日本酒も、同じく兵庫県のものを使いました。「1週間もすると、赤ワインのような美しい色になる」と言われていましたが、既にもう渋い色がうっすらと出てきています。

Dscn9741_3 Dscn9738_3 昭和9年生まれの佐古田直子おばあちゃんは、篠山市・丸山集落のアイドルだそうです。
黒豆のことを「豆さん、豆さん」と呼んでおられました。

右の写真は味見させていただいた黒豆酒です。ストレートで飲んだら、ちょっとキツかったかな。黒豆の香ばしさが芳しい感じでした。おばあちゃんは夜ねる前に、お猪口にチョッと入れてお湯割りにするそうです。

黒豆酒、1週間後が楽しみ〜 (゚▽゚*)

直子おばあちゃんは、予定が変更にならなければ2月5日(日)夜の読売テレビ、『大阪ほんわかテレビ』に登場されるはず‥‥。とってもチャーミングなおばあちゃんです。

本日、2月1日につき

Dscn9815 朝から赤飯を作りました。炊飯器と蒸し器の2バージョンです。

こちらは蒸し器バージョンで、赤飯おにぎりにして配る用です。
出来上りは、うーん、どうなのだろう‥‥?

と思いながらも、約束の時間に遅れないようにラップで包んでダッシュ!

今日、マメラボの赤飯おにぎりをもらってくださった方たちは‥‥

Dscn9831 Rscn9827 京都市内のデザイナーさん。

私の大好きな冊子を発行しておられる会社のスタッフさんです。

左の写真が小冊子「etcetra 暮らしのエトセトラ。」年2回の発行で、次号9号は春頃にできるとのこと。私もいつの日か、こんなテイストの豆の冊子を作りたいと憧れます。

Iさん、無理に押し付けてゴメンなさい。

次に向かったのは、京都市左京区のおにぎり屋「青おにぎり」さん。

Dscn9696_2 Dscn9693Dscn9690_2マスコミ等で、いまを時めく人気のお店です。
店主の青松としひろさんは29歳で自分の店 を構え、「ラブリィ、フレンドリィ、おにぎリィ♪」をキーワードに、あったかいおにぎりを1個ずつ目の前でにぎってくださいます。

青松さんも、赤飯運動のメンバーです。
「青おにぎり」のメニューに赤飯おにぎりがないのをいいことに、無謀ですが赤飯おにぎりを携え、おにぎり屋さんを訪ねたのでした。

青松さんはその場で赤飯おにぎりを食べてくださり、何気ない会話の途中で「これ、水が多いよね?」と。あ〜、ど真ん中的中のダメ出し‥‥ さずがプロです。
蒸し器バージョンは不慣れにつき、どうしてもムラが出てしまう。次回はもっとマシなの作らねば‥‥

*青おにぎりさん、京都エリアは明日のテレビで紹介されるそうです。
18:10〜19:00 NHK「京いちにち」、青松さん&リヤカーの徹さんを見てください。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »