« 明日のいろいろ | トップページ | まめ豆カレー丼 »

小豆粥と親子味噌作り教室

1月15日、赤飯の日。今日は小正月につき、小豆粥を作りました。別名、女正月とあって女子3人で、小豆粥を食べました。

Dscn9645
小豆は、お客さま用に小田垣商店の「大玉 丹波大納言小豆」を使いました。
真ん中にデ〜ンと鎮座するのは、京花兄ちゃんが送ってくれた銀座若菜の「紀州うす塩味 蜂蜜梅干」です。少女Yちゃんに大好評!

Dscn9643

小正月。今日のメインは、お昼前から開催した親子味噌作り教室です。

Dscn9632
Dscn9634
小学4年生のYちゃんも、お母さまも、味噌作りは初めてとのこと。2人仲よく大豆をつぶすところからやっていただきました。
使った青大豆は、北海道・村上農場の音更大袖大豆です。

Dscn9639
これは、板麹をパラパラにほぐしているところ。働き者のYちゃんが、熱心にほぐしてくれました。ほぐした麹に塩を混ぜ合わせ、塩切りします。

つぶした大豆が冷めた頃、塩切りしておいた麹と大豆を加えて混ぜ合わせ、味噌玉を作ります。

大豆:こうじ:塩を2:2:1の比率で合わせました。

盛り上がった味噌玉作りや味噌玉を投げ入れる投球シーンは、楽しすぎて撮り忘れ‥‥、

Dscn9650
親子味噌作り教室は、朗らかに幕を閉じました。左は私で、右がYちゃん。
半年後には、およそ1.8kgずつくらいの味噌が出来上がります。

Dscn9651
お母さまからは、ふんわりふっくら美味しい紅茶ケーキの差し入れをいただきました♡ 写真が下手っぴぃでスミマセン。仲よし親子、うらやまし〜♪

« 明日のいろいろ | トップページ | まめ豆カレー丼 »

豆な仕事」カテゴリの記事

コメント

伊藤さま

こんにちは。コメントをありがとうございます。
こちらこそ、お会いできますことを楽しみにしております。

味噌作りは一人でするより、何人か巻込んでやると一気に楽しみながらできるからいいですよね。
半年の眠りを経てからでないと、すぐに食べられないというところも、植物を慈しみながら育てるのと似ていて、私は気に入ってます。

小田垣商店 伊藤です。

昨日はご連絡いただきましてありがとうございました。

小豆粥おいしそうです!
お味噌も今年は久しぶりに仕込んでみようかなと思っています。
(豆やがこれではいけませんねcoldsweats01

お出会いできるのを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/43758429

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆粥と親子味噌作り教室:

« 明日のいろいろ | トップページ | まめ豆カレー丼 »