« なた豆の効用 | トップページ | 豆な外交 »

七尾名物 大豆飴

「花嫁のれん」で知られる七尾(石川県七尾市)に、一本杉通りという通りがあります。その一本杉通りで、ゴールデンウィークの頃に開催される「花嫁のれん」の催しに、私は一度だけ行ったことがあります。

Dscn9607 Dscn9609 七尾のお友だちご夫妻からいただいた「大豆飴」、開けたら一気にずんずん消えてしまう不思議な飴です。

大豆飴の始まりは、中国朝鮮との貿易のため日本海を往来する船舶の非常食や、武将たちの戦時食として用いられたのだとか。鎌倉時代には既に存在していたそうです。

およそ800年を経たいまは、私のおやつ♡
寒いときも暑いときも、四季の変化による変質がしない製法で作られているそうで、「飴」だけどやわいです。キャラメルみたいな弾力とは異なり、「麦こがし」のような歯ごたえで、噛むと大豆きな粉の味がします。この緑色からすると、きっと青大豆(緑色の大豆)なのでしょうね。

Dscn9610
オバサンやおじいさんのみならず、小さい子どもも好きな味だと思います。ぱくぱく食べられます。

14本入りの大豆飴、もう、あと残り4本になっちゃった‥‥
七尾のSさま、ありがとうございます。

« なた豆の効用 | トップページ | 豆な外交 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/43724201

この記事へのトラックバック一覧です: 七尾名物 大豆飴:

« なた豆の効用 | トップページ | 豆な外交 »