« 味噌の効能 | トップページ | AZUKI -8/たこ小豆 »

さくら豆のばたばた焼き

前川金時と未粉でんぷんを使って作る「たばたば焼き」という郷土おやつ、北海道遠軽町に伝わるおやつだそうです。

私はまだ一度も、実物を食べたことがありません。「べにや長谷川商店の豆料理」という本に習って、何度目かの挑戦です。今回、私は「さくら豆」を使いました。

Dscn0334 Dscn0335 甘煮にしておいた「さくら豆」と未粉でんぷんを混ぜ合わせ、熱湯で溶いて焼く。
ただこれだけの手順です。

遠軽では、ストーブで焼かれるそうです。私はガスコンロにティファールで焼きました。

Dscn0336 Dscn0339 左が1枚目ウラ面。豆多め、サイズ中くらい。

右が2枚目オモテ面。豆中くらい、サイズちょっと大きめ。

どっちもモチモチしています。引きが強くて弾力があり、食べるときはお箸で切りにくいのですが、ホクホクした豆の食感とデンプンの組み合せは、素朴なおいしさ。飾らない、気取りのない、正に郷土おやつ!

2枚目をちょっとアレンジしました。
Dscn0341
ばたばた焼きの上にのっているのは、レモンの砂糖&はちみつ漬けです(野球部への差し入れの残り)。ばたばた焼きと甘酸っぱいレモンが、なぜか合います。ホントって‥‥

一人でおやつをパクつきながら思いました。
北海道はもう、ストーブが灯されているのでしょうか。本場の「ばたばた焼き」が食べたい!

« 味噌の効能 | トップページ | AZUKI -8/たこ小豆 »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

ryujiさん、こんにちは。

さくら豆のばたばた焼きは、金時豆や虎豆でも応用可能です。よろしかったらお試しください。かくし味の塩も郷土おやつを美味しくする秘訣のようです。

ryujiさんレシピに習って、タコを買ってきました。小豆は常備してるのを水浸けしてるのですが、「たこの桜煮」をネットで検索すると、どれも大根と煮てあるものばかり。小豆だったら、どのように煮るのがベターなのでしょう?
わからないまま、昼から勘で煮てみます。うまくいきますように‥‥

さくら豆のばたばた焼き
すばらしいレシピありがとうございます。

うれしいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/42953884

この記事へのトラックバック一覧です: さくら豆のばたばた焼き:

« 味噌の効能 | トップページ | AZUKI -8/たこ小豆 »