« 味噌づくり教室 | トップページ | 12月1日のお赤飯 »

あす、12月1日は「赤飯の日」

あす、12月1日は「赤飯の日」。今夜のうちに小豆を煮ておかなきゃ、と思いつつ‥‥

明日から師走とは思えぬ温かさでした。

11月の残念なことは、「亥の子餅」を食べ損ねたことです。以前書いた中村軒さんの「京のおかし歳時記」に、旧暦10月の初の亥の日に食べる「亥の子餅」なるお餅があると掲載されていました。最近になって探したのですが、う〜、来年の11月こそは‥‥ 

先週末、明石のYさんにおいしいおやつをいただきました。

Dscn0478 Dscn0480 藤江屋 分大さんの「明石もなか」。
母上様の好物だそうです。

めでたい赤鯛は、上品なこし餡もなかでした。

Dscn9104Dscn9105_2 こちらは、明石名物でもあるタコの蛸壺でございます。

中は、おいしい粒餡でした。

明石って、明石焼も有名ですよね。蛸壺は「ひっぱり蛸飯」の蛸壺が、ここにもありますよん。

土地勘に疎い私は、明石がどの辺りにあるのかピンときていませんでした。遠いところだと聞いて改めて地図を見返し、その遠さ(明石ー神戸ー大阪ー京都)に驚いています。

Yさん、貴重なお土産をありがとうございました (゚▽゚*)

« 味噌づくり教室 | トップページ | 12月1日のお赤飯 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

はい。最中のあんこは小豆からできております。
粒餡も、こし餡も、どちらもとてもおいしかったです。
鯛もなか、めでたさ感いっぱいですね〜

最中もお豆が使われていますね~
今度、最中特集も面白いかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/43206120

この記事へのトラックバック一覧です: あす、12月1日は「赤飯の日」:

« 味噌づくり教室 | トップページ | 12月1日のお赤飯 »