« 今日の昼ごはん | トップページ | 白花豆のシチュー »

「きび餅ぜんざい」と「くずきり」

昨日の探検報告。

Dscn0017
Dscn0029_2
Dscn0027
祇園・花見小路をどん突きまで進んで建仁寺へ。風神雷神や天井画などに圧倒されたあとに、向かったのは祇園にある「鍵善良房」。くずきりで有名なお店で、大半はくずきりを注文されていました。

Dscn0040 Dscn0042 Dscn0043 くずきりは、黒蜜と白蜜が選べ、どちらかの蜜がついて900円です。

吉野葛を使ったツルンと冷ゃっこいくずきり、キリリとした食感と手切りのあともよろしく、ひと口目を口にすると、どれだけでも食べられそうな感じがします。
けど、私には黒蜜が甘過ぎた‥‥ 途中でギブアップして、蜜なしで食べました。

豆なブログ的甘味は、こちら ↓

Dscn0039
きび餅ぜんざい 700円

「もちきび」と「きび餅」は、同じものなのでしょうか? もちもちしたやわらかな食感に、おそらく丹波大納言を使ったゆるめの餡がのっています。おいしい。塩こんぶも上等。

おそらく、塩こんぶの塩で食べさせる計算で、通常、餡によく使われる“かくし味”の塩は入っていないように思いました。塩こんぶ無しで味わい続けると、ややのっぺりした餡かもしれません。けど、たぶん、普通の観光客が普通に口にするのには充分おいしいと思います。
だって、京都ですもん。そして、祇園ですもん。なんと言っても「一力亭」のトイメンですもん。

どんな砂糖を使ってあるのだろう? と気になりながら完食しました。

*S社長とリトル師匠へ

「きび餅ぜんざい」と「もちきびぜんざい」、似てるけど、私は「もちきびぜんざい」のほうが、おいしいと思います。

« 今日の昼ごはん | トップページ | 白花豆のシチュー »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

むぢちゃん、こんばんは。

風神雷神の本物は京都国立博物館に寄贈(無期貸出?)されたとか‥‥?
精巧なレプリカなので、写真撮影もできますよ。

風神雷神の絵もさることながら、ね、この字がいいやろう?

祇園で「都をどり」を観るとこの、もうちょっと先に建仁寺はあります。
次に京都に来られるときに、ご案内しますね〜

ぜんぶ美味しそう。
葛きり900円…ちょっと贅沢なおやつだね。
風神雷神、大好きです。見てみたいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/42558176

この記事へのトラックバック一覧です: 「きび餅ぜんざい」と「くずきり」:

« 今日の昼ごはん | トップページ | 白花豆のシチュー »