« あずきクリーム | トップページ | 中村軒の麦代餅 »

中村軒の栗お赤飯

「あんこはですね、中村軒がイチバンだと思いますよ」と、「串 たびと」のAチーフがおっしゃっておられました。

一度行ってみようと思いながら、何ヶ月も過ぎてしまって‥‥ ついに今日、行って来ました!

Rscn9437
中村軒は、京都の観光スポットのひとつでもある桂離宮のすぐ近くにあります。
3連休なか日の今日は、観光客も、自転車で買いに来られるご近所さんも入り混じって、けっこう忙しそうです。

店の前で、人気の和菓子やうなぎ茶漬け、佃煮などが売られています。店の奥に入って行くと、草履を脱いで上がる座敷の御席があります。

この店の看板商品は、また後日書くとして、私にとって

今日のメインはお赤飯 (゚▽゚*)

Dscn9422
中村軒のお赤飯。この時期は栗入りが食べられます。お漬物がついて450円でした。

中村軒のホームページでも見て行ったとおり、昔ながらの方法で赤飯を作るため、現在は手に入りにくくなった「きび殻」の煮汁に浸したものを蒸し上げておられるそうです。「きび殻」は、岡山県内の農家数件に依頼して、自然農法で栽培されたものを使われているとか。

お赤飯の赤は、小豆の煮汁で染めるものだと思い込んでいました。きび殻の煮汁に浸したものを蒸し上げるのが最上なのだそうです。ご存知でしたか?

ふっくらモチモチした中村軒のお赤飯。栗の甘さも感じられ、やさしいお味のお赤飯でした。ゴマはかかっておらず、小豆は大納言でしょうか、粒が大きめでした。

Dscn9423 別注文で、うなぎの佃煮を注文しました。こちらは2切れで200円。ホロリと崩れるうなぎの甘醤油煮に、山椒の風味。よかですねぇ〜。

1日と15日のお赤飯、中村軒のお赤飯みたいに「きび殻」を使って蒸してみたいなぁ〜。

「きび殻」って、どうしたら手に入るのでしょう??

« あずきクリーム | トップページ | 中村軒の麦代餅 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

松本さま、こんばんは。

コメントをいただき、ありがとうございます。
すみません、私は中村軒の関係者ではないので、注文に関する詳細は直接お店にお訊ねいただくほうが、間違いないと思います。
中村軒のお赤飯、おいしかったです。

http://www.nakamuraken.co.jp/
中村軒 京都市西京区桂浅原町61 TEL 075-381-2650
定休日 毎週水曜(祝日は営業) 営業時間 7:30〜18:00

赤飯を髙島屋大阪店で受け取りたい時は、何日前に最低いくつから注文すればいいですか、受け取り場所は髙島屋のどこに何時頃行けばいいですか。

辻本の親分、おはようございます。

お赤飯にきび殻、ご存知でしたか?
日本各地では、いろんなお赤飯の作り方があるもんだなと思いました。

もっといろいろ、探検しに行きたいなぁ (*^-^)

きび殻でお赤飯の色を付けるのですね。
さっそく、きびを用意しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/41981840

この記事へのトラックバック一覧です: 中村軒の栗お赤飯:

« あずきクリーム | トップページ | 中村軒の麦代餅 »