« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

あす、10月1日は「赤飯の日」

半月たつのは早いですね。

あす、10月1日は「赤飯の日」。

私は午後から出張に出ます。
この荷物をコロコロに入れようかどうか、迷い中。

Dscn9717
皆さまも、あす、どこかでお赤飯を口にしてください (*゚▽゚)ノ

金つば、銀つば

タイトルでおわかりいただけたと思いますが、これ

Dscn9698左が「金つば」、右が「銀つば」です。ひとつ250円。中村軒で買いました。真空パックされているので、10月まで日持ちします。

Dscn9703 断面は、こんな感じです。小豆色が「きんつば」、白いのが「ぎんつば/白きんつば」です。「きんつば」はもちろん、初めて食べた「ぎんつば」も、感動ものです。

金が小豆なら、銀に見立てた白は、手亡豆でもなければ、白花豆、大福豆でもない。白小豆が使われています。それも、岡山県の備中産(白小豆の高級品)です。甘さが抑えられているのは、白小豆本来の奥行きあるおいしさと、ぎんつばの衣の味まで伝えたいからなんだろうな、と想像しながらいただきました。

金も銀も、小豆の粒がキラキラ輝いています。糸寒天がつなぎに使われていて、かた過ぎず、やわ過ぎず、表面をおおう薄皮もさっぱりして、主役のあんこを引き立てています。

金つばの始まりは「京都の銀つば」から。刀の鍔のように楕円形をしていたものが、江戸に伝わると縁起をかつぎ、銀から「金つば」と化したとか。

中村軒のホームページで見つけた情報によると、四角い形は浅草の「おかめのきんつば」なる店が、「みめより」の名で外見より中身の良さを売りにして四角く焼いたきんつばを売り出したそうです。

◎きんつば、白きんつば http://www.nakamuraken.co.jp/gift.html

◎中村軒のきんつば http://www.nakamuraken.co.jp/2001all/0111/new00.html

◎京のおかし歳時記 http://nakamuraken.jugem.jp/?eid=28#sequel

また、桂の本店に行って、「京のおかし歳時記」を書いておられるマサコさんと、もっとお話しがしたいなぁ‥‥

中村軒の麦代餅

昨日の続きです。

麦代餅と書いて「むぎてもち」と読むそうです。
中村軒の看板商品について「京のおかし歳時記」に書かれています。

麦代餅は昔から、麦刈りや田植えどきの間食として供され、また多忙な農家などでは日頃もこれが重宝がられました。かつてはこの一回分の間食が麦代餅二個でしたが、これを農作業の各田畑まで直接お届けし、農繁期も終わった半夏生の頃、その代金としてあらためて麦を頂戴しにあがったのです。いわゆる物々交換の名残でございます。
このように麦と交換いたしましたので「麦代餅」の名が生まれました。

とのこと。私はお赤飯も食べたので、ミニ麦代餅をお願いしました。

Dscn9427
普通のが290円で、ミニは210円です。弾力のある餅が、黒文字ではうまく切れませんでした。コシのある餅と粒餡。そこにきな粉がふりかけられています。
きな粉=大豆と、あんこ=小豆の競演。きな粉は焙煎きな粉のような香ばしい風味を感じました。粒餡は、小豆の皮が薄くもろいものを選ばれているのだなと思いました。程よい甘さを、きな粉が引き締めて、お餅とアンコの仲を上手に取り持っています。

Dscn1628 麦代餅、良い素材を吟味され、素朴な中にも個性が感じられるお餅でした。

一緒に行った方から、写真をいただきました。
単の着物が着られるうちに‥‥ と、単の着物+単の帯で出かけました。京都に住んだらこうやって、あちこち着物で出歩くのが夢だったんです。って、睡眠時間3〜4時間生活が続いているのに‥‥ これからの季節、京都はいっそう着物の似合う景色に変わります。

中村軒の栗お赤飯

「あんこはですね、中村軒がイチバンだと思いますよ」と、「串 たびと」のAチーフがおっしゃっておられました。

一度行ってみようと思いながら、何ヶ月も過ぎてしまって‥‥ ついに今日、行って来ました!

Rscn9437
中村軒は、京都の観光スポットのひとつでもある桂離宮のすぐ近くにあります。
3連休なか日の今日は、観光客も、自転車で買いに来られるご近所さんも入り混じって、けっこう忙しそうです。

店の前で、人気の和菓子やうなぎ茶漬け、佃煮などが売られています。店の奥に入って行くと、草履を脱いで上がる座敷の御席があります。

この店の看板商品は、また後日書くとして、私にとって

今日のメインはお赤飯 (゚▽゚*)

Dscn9422
中村軒のお赤飯。この時期は栗入りが食べられます。お漬物がついて450円でした。

中村軒のホームページでも見て行ったとおり、昔ながらの方法で赤飯を作るため、現在は手に入りにくくなった「きび殻」の煮汁に浸したものを蒸し上げておられるそうです。「きび殻」は、岡山県内の農家数件に依頼して、自然農法で栽培されたものを使われているとか。

お赤飯の赤は、小豆の煮汁で染めるものだと思い込んでいました。きび殻の煮汁に浸したものを蒸し上げるのが最上なのだそうです。ご存知でしたか?

ふっくらモチモチした中村軒のお赤飯。栗の甘さも感じられ、やさしいお味のお赤飯でした。ゴマはかかっておらず、小豆は大納言でしょうか、粒が大きめでした。

Dscn9423 別注文で、うなぎの佃煮を注文しました。こちらは2切れで200円。ホロリと崩れるうなぎの甘醤油煮に、山椒の風味。よかですねぇ〜。

1日と15日のお赤飯、中村軒のお赤飯みたいに「きび殻」を使って蒸してみたいなぁ〜。

「きび殻」って、どうしたら手に入るのでしょう??

あずきクリーム

京都の伊勢丹で買いました。
町田市・富澤商店の「あずきクリーム」140g入り 273円

Dscn9406
冷暗所に常温で大丈夫なクリームに小豆あんがブレンドされています。「カリカリとした粒状の蜜を加え、食感よく仕上げました」と書いてある通り、粒ツブ感のある砂糖ツブみたいなのがわかります。甘過ぎず、甘くなさ過ぎず、いい感じです。

Dscn9409
トーストに塗ると、とろ〜り。たぶん、熱いものより、常温のものに塗るほうが自然かも‥‥ ベーグルとか、フルーツサインドのつなぎとかに合いそうです。

「きなこクリーム」や「黒豆きなこクリーム」、「黒豆ココアクリーム」、「いちごチョコクリーム」なんていうのも出てますが、「あずきクリーム」を買ったのは初めて。最近発売されたのかなぁ?

小豆とは、切っても切れないご縁で結ばれています。うれしいなぁ (*^-^)

クリームみつまめ

仕事で大阪・梅田へ。兵庫県西宮市→大阪府池田市と舞台は移り、「百福元味」をいただきました。ラストはJR大阪駅にて解散です。

大阪駅地下の喫茶店でご馳走になったクリームみつまめ。

Dscn9392
わずか10分ほどで、こぼしながらパクパクいただきました。
赤えんどう、缶詰のゆで小豆、解凍白玉や桃の缶詰、パインにキウイにバニラアイスに寒天に‥‥。新幹線の時間が気になって、完食できず残念‥‥ 改札までお見送りして帰京しました。

Rscn9396 エネルギーのある人とお会いすると、背筋がピンとします。
私の中で、いちばん輝く原稿を書いていた“あの頃”を作ってくださった人です。日本と世界のあちこちを行き来しながら、若い人たちにも、おじさん、おばさんにも、夢を与える仕事を創出し続けておられます。

ダブルでへこむことが続き、ここしばらく仕事浸けで紛らしていました。本日、K社長と久々の再会が叶って、パワーをフル充電できた気がします。

明日からまた、朗らかにやっていきます。K社長、Mさん、Kさん、ありがとうございます (*^-^)

あす、9月15日は「赤飯の日」

半月たつのの早いこと。明日はもう、赤飯の日です。

私は明日、友人と一緒に中村製餡所で買ってきた「かのこあずき」を使って、甘いお赤飯を作ろうと思っています。

太宰府の友人からは、ル・クルーゼで炊く赤飯レシピが届きました。そちらも近々ためしてみたい。

9月15日が「敬老の日」だったのは、2004年まで。今年の敬老の日は、9月19日です。おじいちゃん、おばあちゃんが近くにいたら、私のお赤飯を食べてもらえたのに‥‥ 4人とも、今はもう天国にいます。

そうか、お供えにすればいいんだ‥‥ (゚ー゚)

パパド

京都・北山通りから少し入ったところにあるインド&スリランカ料理の店に行きました。初めて入るお店です。

Dscn9347
いつものように「知らないものを頼んでみよう♪」と試みたのが、これ。カレーのランチ 950円。これにサラダと選べるドリンクが付いていました。

皆さんは「パパド」ってご存知ですか? 写真手前、チーズナンの上にのっている「パパド」なる食べ物、私は初めてでした。豆を使った食べ物だとか。

パパドはインドのお煎餅。塩味と香辛料が効いてます。穴ぼこがボコボコあるのも、なんだかインドっぽい (*^-^)

パリ、パリッとビールが欲しくなる薄焼き煎餅。おいしか〜♪ チキンカレーを付けて食べても、アクセントになって◎でした。

帰りにインド人(スリランカ人?)の店員さんに「パパドに使われている豆はなんですか?」と訊ねると「ヒョコ・マメ!」と教えてくれました。

ふつうにあるアチラ系レストラン。日本語が通じるし、気さくな店員さんだし、なんだか楽しかったです。あとでレシートを見たら「タージ・マハル・エベレスト」という店名でした。ね、インドっぽいでしょう (゚▽゚*)

あんそば

Dscn9333岩手県盛岡市のお蕎麦屋さんのお菓子をいただきました。
「あんそば」という名の干菓子です。そば粉の生地にこしあんが入ったお菓子、お茶のお点前などに使われるお菓子なんでしょうね。

6個入り、表面の図柄がとっても秋っぽいです。

食べてしまうのがもったいなくて、しばらく飾ってからいただきました。あっさりとした食味の中に、そば粉の風味。なんとも上品なお味ですね。

Dscn9334
もみじと流水、すすきとお月さま。

暦の上では秋ですが、最近は連日32℃とか34℃とかいってます。。。

今夜は1日早くウチの庭(京都府立植物園)で、観月会。白玉団子でも、作っていこうかな (*゚▽゚)ノ

北海道の豆

北海道の農場主の奥さまと話しをする機会がありました。

数日前の地震を心配していたのですが、それよりも台風の影響で降り続いた雨の影響が大きかったそう。「1週間続いた長雨で、大正金時はダメかも‥‥」「手亡豆も厳しそう‥‥」そんな話しでした。

十勝平野は、豆の王国・北海道の中でも特に、小豆の生産地として知られています。小豆、金時豆、手亡豆‥‥

今年の豆が心配です。まるで、孫子の誕生を待ちわびるように、今年の小豆に会うのを楽しみにしている方もおられるというのに‥‥

自然を相手にする仕事は、厳しいです。努力だけではどうにもできないことが多々あります。どうぞ、今年の豆が大丈夫でありますように‥‥。豆生産農家の方々が、肩を落とすようなことになりませんように‥‥。

力士味噌

Dscn9280お相撲のことは、あまりわからないのですが、東京のNさんから「玉海力の力士味噌」なる味噌をいただきました。

ニンニクの風味がする甘味噌で、ご飯にのっけて食べると、ずんずん食が進みます。「男」印の玉三郎豆腐にものせてみました。キュウリに付けてもおいしいです。
瓶には、野菜炒めにも使えると書いてあります。

この味噌のすごいところは、鶏そぼろが入っているのに、鶏嫌いの人が喜んで食べる(気付いていない???)ことです。

Dscn9279 Dscn9336 鶏そぼろは、かくし味にしてしまえばいいんだ! 天の神さまが、味噌のかたちを借りて、料理のアイデアを授けてくださったような‥‥ 

Nさん、玉海力さん、ありがとうございま〜す (*^m^)

生ゆば丼

最近、野菜を使った料理を作ると、レシピ制作の仕事用に写真を撮るようにしています。生ゆばは、大豆製品なので「豆なブログ」に登場!

Dscn9328
「チンゲンサイと湯葉のあんかけ丼」が正式名称で、柳澤英子さんの「野菜たっぷり丼レシピ」という本に習って作りました。

材料の生ゆばは、天神さん近くの「京とうふ 藤野」さんで売っているのと同じものを、北大路VIVREで買いました。50gほど入って200円、生ゆばにしては買い求めやすい商品です。

チンゲンサイの軸をサラダ油で炒め、水、おろしショウガ、中華だし、酒、塩、コショウで煮たら、チンゲンサイの葉の部分と生ゆばを加えます。
仕上げは、水とき片栗粉でトロミをつけて出来上り (*^-^)

生ゆばって、すごく高価で扱いにくいような気がしてたけど、生ゆば丼のおかげで、グッと身近になりました。

藤野さんの生ゆばは幾重かに折り畳まれていて、なめらかな食感と風味が食べるときに広がります。ショウガとお酒がチンゲンサイの旨味を引き出して、野菜丼の実力発揮といった味わいです。

肉や魚や貝やキノコや‥‥、NG食材だらけの生活を、工夫して何とか生き延びております。。。 秋はおいしい食べ物がいっぱいですね。。。

あずきバー

今年は秋の訪れが早そうです。秋になる前に書いておきたいこと‥‥

Dscn9306
あずきバーって、なんでこんなに硬いの?

誰もが一度は思う素朴な疑問。私は、その答えを前に聞いたことがあります。あずきバーは、この夏も順調に硬かったから、何で硬いのか、あらためて調べてみました。

答えは、下記アドレスの2つ目の回答にも書いてありました。
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA436.HTML

アイスの中に含まれる空気量が少ないから、硬いのだそう。小豆の粒も入っているけど、全体的にみると「汁粉」を凍らせたようなもの。それだけ粒子が細かいということなんでしょうね。

あずきバーには歯が立たない。あずきバーを食べるとき、冷凍庫から出してしばく待たされる「おあずけ」の時間が、あずきバーをよりおいしくするのかもしれません。

あずきパワー

先日、某食品売場で見つけた「おはぎデニッシュ」!

Dscn9312
デニッシュ生地の中に、おはぎ丸ごと1個が入ったというパンです。税込160円

パイ生地がキノコ型に乗るスープみたい♪ 心躍らせながら、断面写真用に切ってみると‥‥

Dscn9314
ガ〜ン Σ( ̄ロ ̄lll) 「あれ、お、、、はぎは?」

あんパンを作るのは、難しいのです。生地がプワ〜ッと膨らむから空洞ができやすい、と話しに聞きます。肝心のおはぎは、熱でダレてしまったのでしょうか?

このパン、断面写真を載せようなどと考えず、丸いままのときガブッといけばよかった‥‥ ちゃんとおいしいんですよ。きな粉もかかってるし‥‥ こしあんが使われているおはぎのデニッシュ。ちょっと、がっかり‥‥。

気がつけば私は毎日、あずきのお菓子を食べているような‥‥

Dscn9301
おはぎデニッシュとは、何の関係もありません。9月某実、散策中に某和菓子屋さんの店頭で見つけました。あずきは毎日食べていいんですよね (゚▽゚*)

あんこをめぐる旅/京都市北部編

あんこ好きな兵庫県の知人が、姜尚美さんの「あんこの本」を携え、上洛。あんこ廻りの案内人を務めさせていただきました。

1.集合 地下鉄烏丸線 北大路駅

→ 徒歩約10分

2.紫野源水 あんこの本掲載商品「松の翠

→ 205番の市バスに乗り、天神さん方面へ

3.喜久屋 あんこの本掲載商品「栗の子」は、丹波くりが出回る時期〜12月下旬
(わら天神前バス亭そば。風雨と閉店後につき今回は立ち寄らず、スルー)

→ 北野白梅町バス亭下車〜徒歩約10分

4.学問の神様『北野天満宮』参詣 撫で牛を撫で、本殿へ。お詣り後、お守りを授与される。

→ 徒歩約10〜15分

5.中村製餡所 妖怪ストリートを通り、「あん」の看板を見つけ狂喜するあんこフリーク。
みんなの憧れ・はる さまとお話しの後、「あんこ屋さんのもなかセット」や「かの子あずき」を購入。あんこフリークは、感極まってなかなか立ち去ろうとせず。

→ 妖怪ストリート散策

→ 天神さん近くの「藤野のおとふ」土産店へ

→ 205番の市バスで千本北大路バス亭まで。ここで、北8に乗り換え。
  *要注意 降りたところで北8に乗ると、「北大路」に着いてしまうハメに‥‥ 乗り換えは、交差点を渡ってクロスする側から「北山駅」方向に乗車。

→ 市バス「北8」に乗り換え、「北山橋東詰」下車。

6.串 たびと お赤飯の串あげは、おまかせコースの7番目に登場しました。

→ 北山駅より地下鉄 烏丸線で京都駅へ

いちばん難しいのは、千本北大路での乗り換え。私がバス乗り換え乗車をミスってしまい、旅人にご迷惑をおかけしてしまいました。深く反省しております。

*市バスは1日乗車券をお求めいただくのが良いと、後で思いました。

京都に来て、右も左も、上がるも下がるもわからなかった私でしたが、旅人のあんこ案内ができるまでに成長しました。みんなも、遊びに来てね〜♪

めでたし*めでたし (o^-^o)

オホーツクのお赤飯

本日、9月1日は「赤飯の日」。間もなく全国発売されるオホーツクの赤飯キットを使って、世界に先駆けオホーツクのお赤飯2種を作りました。

Dscn9184 Dscn9188 左の赤い袋の中には、オホーツクの餅米3.5合と、オホーツクの小豆0.5合、オホーツクの塩 10gが入っています。

オホーツクの赤飯キットは、「赤飯作り初級編と、上級編をどちらも試すことができること」が売りです。

初級編と上級編では、どのような違いが生じるか、実験してみようと思いました。

Dscn9288
お赤飯が蒸し上がりましたよ〜 o(*^▽^*)o

Dscn9286 Dscn9291 左は初級編の炊飯器で炊くお赤飯、右は上級編の蒸し器で作るお赤飯

写真の色味の違いは、ほとんどアテになりません。撮った時間がズレていたため、光りの違いや敷き布によるホワイトバランスの変化などが大きいと思います。現物では、右の蒸し器バージョンのほうが、やや黄色味を帯びていました。

拡大写真で見て、比較になるかどうか‥‥

Dscn9295 Dscn9294

同じ時間茹でた小豆が、炊飯器では割れたのに、蒸し器では割れませんでした。

餅米が、蒸し器はひと粒ずつ光って粒立ちよくキレイでした。モチモチ感は、うるち米を混ぜていない分、蒸し器のほうが粘りが感じられます。

やはり、手間がかりの分だけ、蒸し器バージョンのほうが美味しいように感じました。

利き赤飯のあとは‥‥ いつものように、赤飯の振舞い活動に‥‥

今日のお赤飯を食べてくれた人は、おほほ (゚▽゚*)

Dscn9299

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »