« 仙太郎の枝豆大福 | トップページ | 赤飯饅頭 »

おばあちゃんのざぜん豆

Dscn9181_2 あなたはもう、お手にされましたでしょうか?

穀物屋 森光商店の書籍、「ほとめきごはん」。
「ほとめき」とは、福岡県筑後地方の方言で「おもてなし」という意味らしいのですが、私は知りませんでした。

「創業130年、米穀問屋のおうちレシピ」と副題が付いたこの本は、穀物屋で店長をされていた森光桂子さんが独立して、最初に出されたレシピ本です。

森光家の食卓は、光りと愛情があふれてて、しあわせを絵に描いたような、読みものとしても楽しいレシピ本でした。

福岡県久留米市のことが知りたい方にもおすすめです。「ふなやき」がお洒落になって掲載されていたことは、感動モノでした。

ほとめきごはん」より、私がまず作ってみたのは「おばあちゃんのざぜん豆」。

Dscn9223
大豆を茹でて、茹で汁を少し残した状態で、砂糖:醤油=2:1の比率で加え、焦げないように煮詰めます。すると、甘醤油味のおいしい煮豆が出来上ります。

食べ始めると、けっこうイケます。止まらなくなって、茹で上がり1カップの大豆では、すぐになくなってしまい、今日もまた作りました。

おいしいなぁ〜、おばあちゃんのざぜん豆。

こんなステキなおばあちゃんがいる森光家の桂子さんは、おしあわせですね〜

(*゚▽゚)

« 仙太郎の枝豆大福 | トップページ | 赤飯饅頭 »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

私のざぜん豆、色気があります? うれしい o(*^▽^*)o

塩こぶ入り、私もやってみたい。醤油を少し減らしたほうが良いかもですね。。。

ざぜん豆、色といい、艶といい・・・色気のある豆に仕上がってますね。
作り手が、上手だと美味しさもアップということでしょう!
私は、塩こぶを入れて作ってみま~す♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/41344837

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんのざぜん豆:

« 仙太郎の枝豆大福 | トップページ | 赤飯饅頭 »