« 赤飯饅頭 | トップページ | あずきスタンプと手ぬぐい »

緑豆デザート

最近、一緒に仕事をしているSさんは、冷蔵庫でもやしを育てているそうです。29歳・男子、えらいなぁ〜。

もやしに使う豆と言えば「緑豆(りょくとう)」です。「もやしや春雨にもなるけど、デザートにしても美味しいんですよ」。な〜んて話しをしたことがキッカケで、久々に作っちゃいました。

Dscn9260
緑豆の冷やしぜんざい・バニラアイス添え

緑豆ぜんざいは、2年前によく作っていました。福岡の飲食店さんの豆なデザートを担当させていただいてた頃のこと。2ヶ月に1回、豆なデザートを考えて、楽しかったなぁ〜。

作り方は簡単です。
緑豆150g、砂糖3/4カップ〜1カップ、水2カップ、塩少々

1時間ほど水浸けした緑豆を強火で熱し、アク抜き。水替え、中火でアク抜き、水替えを計3回したら、10分ほど煮てください。10分の間に、砂糖を3回くらいに分けて入れます。かくし味の塩は、最後に加えましょう。
少しかたいようでしたら、蓋をして予熱で仕上げる感じ。ちょっとくらい煮くずれてもOKです。

緑豆は身体の熱を冷ます働きがあり、夏におすすめ。口内炎にも良いそうです。
シロップ煮にした緑豆にココナッツミルクをかけて食べるのも、おいしいですね。

あぁ、あとどれくらい夏は続くのでしょう‥‥?

« 赤飯饅頭 | トップページ | あずきスタンプと手ぬぐい »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

Sさん、こんばんは。

もやしナムルとビールで夏を乗り切って、‥‥馬肥ゆる秋を迎えましょう。

私は矢沢のビールが好きです。Sさんは、どのビールがお好きですか?
去年はサントリーのビール工場に行き、「ああ、幸福な余韻」ごっこを満喫しました。
あそこはいいですね〜♪

湯たんぽさん、こんばんは。

帰ったら今日はブログのコメントが3つも入ってて、一気に疲れも吹き飛びました。

Sさんがさっそく伝授してくださって、良かったですね。
けど、ベランダ同様、冷蔵庫までジャングルになるのは、いかがなものかと‥‥ もやしは、個色用の小パックがおすすめです。
料理はストレス解消ができて、楽しいですね。

辻本の親分、こんばんは。

地球がおかしくなっているのではなく、宇宙の小さな変化に順応できない人間どもが、あたふたしているだけのことだと思います。

いつか、イタリアのポンペイの遺跡に行ったとき、あまりの熱さに、どこかに小人が隠れていて、夜になったら熱さで倒れた人間どもを引きずっていき、丸焼きにして食うのだと思いました。

豆を食べると夏バテ防止になる。そんな話しをテレビが採り上げてくれたらいいですね。そろそろ、豆ブームがきて欲しいよ〜

おつかれさまです。Sです。
冷蔵庫に入れているとはいえ、やっぱりこまめに洗ってやらないと茶色くなってしまいます。でも実際にかかる手間は本当に「洗うだけ」なので、楽で良いですね。
簡単もやしナムルとビールで夏を乗り切りたいです。

 Sさんのお話を聞いて、“イヤー・オブ・ザ・ドラゴン”というチャイニーズ・マフィア映画の中で中華料理店の不衛生そうな地下室でもやしを育てていたことを思い出してしまいました。冷蔵庫でもやしが育てられるのであれば、1年を通して沢山収穫できるのではないか?、と期待してしまいます。独身男性にとって“焼きそば”の具材がいつでも手に入るのはなかなか魅力的なお話です。よろしければ栽培方法を御伝授お願い致します!

お盆が過ぎると秋風が吹いて寒くなるのに・・・今年は、変です。
夜も暑い・・おかしい、おかしすぎます。
日本が、壊れてきているのかな?
それとも地球が・・・
お豆を食べて夏バテを防止しなくては。
のどかさんの豆料理が、食べたいな~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/41408594

この記事へのトラックバック一覧です: 緑豆デザート:

« 赤飯饅頭 | トップページ | あずきスタンプと手ぬぐい »