« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

あずきスタンプと手ぬぐい

あす、9月1日は赤飯の日。

というわけで、私はあす、オホーツクの赤飯キットを使ったお赤飯を作ってみようと考えています。

毎月行う、月末の仕事(ボランティア活動)のひとつに、赤飯の日予告メールの原稿を書き〜配信することがあります。おかげで、月に2回やって来る「赤飯の日」を私が忘れることはありません。

本日の予告メールはいつもより仕込みを入念に行い、無事に昼前に配信しました。

いつの日か、赤飯運動のメンバーが集まって、オフ会というものをすることが私の夢です。全国の赤飯好きが年に1〜2回、日本のどこかに集まって、赤飯の試食や話しをするって、とってもステキなことだと思います。

赤飯当番とか決めて、開催地域の人に、赤飯の炊き出しをお願いしましょう。地域色豊かなお赤飯、その方の我が家の味のお赤飯を、みんなで頬張るって、なんとステキなことでしょう。

もし、京都で実施するときは中村製餡所と、八ッ橋手作り体験は外せません。「出町ふたば」の豆餅や「仙太郎」の枝豆大福も食べてほしい。

北海道で開催するなら、会場にはビーンズ邸をお借りしたい。帯広を拠点に、赤飯好きによる豆の王国めぐり&甘いお赤飯の実食なども‥‥

姫路だったら、あずきミュージアムへ直行。福岡だったら、博多駅集合で穀物屋へ。

あぁ、考えただけでワクワクします。いつの日か、この夢が実現するよう、あちこちで吹聴して回ろうと思います。

Dscn9266
あずきミュージアムで買った「あずきスタンプ」と「あずき手ぬぐい」
ショキ・ショキ!

緑豆デザート

最近、一緒に仕事をしているSさんは、冷蔵庫でもやしを育てているそうです。29歳・男子、えらいなぁ〜。

もやしに使う豆と言えば「緑豆(りょくとう)」です。「もやしや春雨にもなるけど、デザートにしても美味しいんですよ」。な〜んて話しをしたことがキッカケで、久々に作っちゃいました。

Dscn9260
緑豆の冷やしぜんざい・バニラアイス添え

緑豆ぜんざいは、2年前によく作っていました。福岡の飲食店さんの豆なデザートを担当させていただいてた頃のこと。2ヶ月に1回、豆なデザートを考えて、楽しかったなぁ〜。

作り方は簡単です。
緑豆150g、砂糖3/4カップ〜1カップ、水2カップ、塩少々

1時間ほど水浸けした緑豆を強火で熱し、アク抜き。水替え、中火でアク抜き、水替えを計3回したら、10分ほど煮てください。10分の間に、砂糖を3回くらいに分けて入れます。かくし味の塩は、最後に加えましょう。
少しかたいようでしたら、蓋をして予熱で仕上げる感じ。ちょっとくらい煮くずれてもOKです。

緑豆は身体の熱を冷ます働きがあり、夏におすすめ。口内炎にも良いそうです。
シロップ煮にした緑豆にココナッツミルクをかけて食べるのも、おいしいですね。

あぁ、あとどれくらい夏は続くのでしょう‥‥?

赤飯饅頭

京都の高島屋地下1階で「赤飯饅頭」を発見しました。迷わず「買い!」です。2つ買いました(1つ120円+税です)。

Dscn9241
せっかくなので、断面写真も掲載します。

Dscn9240_2
高島屋で探してくださったしおりには「赤飯を甘みをおさえた生地で包み、上に栗をのせ、ふんわりと蒸し上げたおまんじゅうです。やわらかく上品な味が人気の商品です」と書かれていました。

売場には「電子レンジで2分温めてお召し上がりください」と表示されていたので、その通りに温めていただきました。

いつかどこかで食べたことがあるような‥‥

断面写真の赤飯饅頭には、桃色の餅米が入っていました。「和菓子屋さんの饅頭だから、小豆はぜんぶ餡にして、煮汁だけ饅頭用に使ったのかな?」「どうせだったら、小豆もほしい‥‥」と考えていたら、2つめの赤飯饅頭には小豆が4粒入っていました。

どっちが本来の姿なのでしょう?

しおりには「京・五条東山 五建外良屋」と書かれていました。「外良」には「ういろ」とルビがふられています。出来立て、蒸したての赤飯饅頭を食べてみた〜い。

おばあちゃんのざぜん豆

Dscn9181_2 あなたはもう、お手にされましたでしょうか?

穀物屋 森光商店の書籍、「ほとめきごはん」。
「ほとめき」とは、福岡県筑後地方の方言で「おもてなし」という意味らしいのですが、私は知りませんでした。

「創業130年、米穀問屋のおうちレシピ」と副題が付いたこの本は、穀物屋で店長をされていた森光桂子さんが独立して、最初に出されたレシピ本です。

森光家の食卓は、光りと愛情があふれてて、しあわせを絵に描いたような、読みものとしても楽しいレシピ本でした。

福岡県久留米市のことが知りたい方にもおすすめです。「ふなやき」がお洒落になって掲載されていたことは、感動モノでした。

ほとめきごはん」より、私がまず作ってみたのは「おばあちゃんのざぜん豆」。

Dscn9223
大豆を茹でて、茹で汁を少し残した状態で、砂糖:醤油=2:1の比率で加え、焦げないように煮詰めます。すると、甘醤油味のおいしい煮豆が出来上ります。

食べ始めると、けっこうイケます。止まらなくなって、茹で上がり1カップの大豆では、すぐになくなってしまい、今日もまた作りました。

おいしいなぁ〜、おばあちゃんのざぜん豆。

こんなステキなおばあちゃんがいる森光家の桂子さんは、おしあわせですね〜

(*゚▽゚)

仙太郎の枝豆大福

日曜日に食べたばっかりなのですが、また買ってきました。だって、こ〜んなに美味しい食べ物を、私は皆さんに紹介する義務があると思ったから。

Dscn9212
京都の和菓子屋さん『仙太郎』の枝豆大福です。

1、2、3、4‥‥、枝豆の数を途中まで数えて、食べているうちに枝豆の絶妙な塩加減の秘訣などを考え始めたため、枝豆の正確な数はわかりません。おそらく10粒くらい入っていました。

この枝豆が、ホント絶妙のおいしさなのです。枝豆特有の青々しい、豆マメしい味がします。枝豆の塩味があんこをグッと引き立てて、ぷわ〜んとやわらかな大福は、羽衣のように感じます。

京都に住んで良かったと思うことの一つが、この枝豆大福を食べられること。消費期限がその日限りなので、通信販売やお土産には向きません。

「仙太郎の枝豆大福」と「ふたばの豆餅」、どちらも京都ならでは。
が、仙太郎の枝豆大福は販売時期が限られるため、旬モノとして特に意識することに‥‥。ちなみに今年は、8月20日頃から9月末頃までの販売だそうで、去年は扱いのなかった京都の高島屋でも販売されているとか。

絶妙の塩加減の秘密‥‥ どうしても興味があったので、本店に直接電話をして教えていただきました。美味しいものには、やっぱりちゃ〜んと「ひと手間」がかかっていました。秘訣を勝手にブログに書くのは気が退けるので、知りたい方はコメント欄にメルアド入りでお訊ねください。

枝豆大福、今度は本店に買いに行こうと思います。

豆を愛する人の聖域

Dscn9152_2「あの日」以来、暇をみてはページをめくった1冊の本。あずきミュージアムの図録です。

昼過ぎに着いて、夕方5時頃までじっくりと探検したあずきの博物館。それは、それは、言葉にできない程、たくさんのドキドキと「へぇ〜」「な〜るホド」といった気付きをいただきました。

そのミュージアムの智恵が包み隠さず凝縮された図録。おそらく広辞苑か田中一光さんのデザインの本と等しく、生涯の宝にすると思います。

御座候さん、ありがとうございます。

Dscn1542 Dscn1540 あずきミュージアムに続く庭には、「楓(ふう)の木」がありました。「フウ」の響きに親しみを感じます。

「あずきは、人を幸せにする食べものなんじゃ」、漫画 ゲゲゲの鬼太郎で妖怪あずきあらいが言っていました。

豆はどれもみ〜んな、平和をもたらす食べ物だと私は思っています。この先、撮影禁止区域。

ミュージアムの中に、面白写真スポットがあります。そこに立つと、おそらく10人中9.5人が食べたくなるのが「コレ↓」です。

Dscn1544
工場併設のショップでは、焼き立ての御座候(ござそうろう・回転焼き)が食べられます。注文は「赤あん一つに白あん二つ!」

Dscn1545
あずき餡だからですよね、黒あんではなく「赤あん」と称すのは‥‥
外の皮がパリッと薄くて、あんこの粒感と甘さがたまりません。焼き立てのおいしさは格別です。

Dscn1546
白あんは「絹てぼう」豆でできています。

「鯛焼きだったらアズキ、回転焼きなら白」と高校3年生の頃から思い続けてきました。。。 けど、ココでは赤白どちらも甲乙つけ難い‥‥

全国の豆を愛する皆さ〜ん、姫路に行きましょう♪

あずきミュージアムを探検して、焼き立ての御座候を食べましょう♪

Dscn0812
絶品・あずきソフトもお見逃しなく♪ (奥はミニ240円、手前はレギュラー300円)

あ〜、あずきソフトがまた食べたい〜!

枝豆玉三郎

京都府南丹市の男前豆腐店さんの男前豆腐を使って、9月に配布するレシピのための試作をしました。

「冷やっこで塩でやっつけちゃってください 3級勝負 枝豆玉三郎」って‥‥ 

Dscn9169 Dscn9172 男前豆腐店さん、いろんな豆腐を考えますねぇ〜。これは、枝豆ペースト入りの豆腐です。

容器の底に「男」の文字。男クサイのは苦手だから、玉三郎さまにも男らしさなんて求めていないから‥‥ 白和えに使っちゃいました。


Dscn9176
「モロヘイヤと胡桃の白和え」です。

クルミは香ばしく炒ってから使います。モロヘイヤは葉っぱを湯通しして絞ってザク切り。すりゴマ、塩、砂糖と豆腐を混ぜて、モロヘイヤと粗く刻んだクルミを和えたら完成です。

モロヘイヤって、けっこう小さくなりますね。ネバネバと絹とうふ、いいかも (゚▽゚*) 焙煎クルミも効いてます。


*今日ごちそうになった「琥珀流し」がおいしかったので、載せておきます。
8月は「冷やしあめ」の蜜でした。粗みじん切りの生姜がアクセント。

Dscn9167 Dscn9165 あぁ、日本の夏! 京都の夏!

ちなみに9月は葡萄蜜、10月はあずき&栗‥‥ 何度行っても、誰と行ってもおいしいなぁ (o^-^o)

みつまめ

昨日の晩、「まんが 日本むかし話」が放送されていましたね。ご覧になりましたか?
5話めくらいに「妖怪 あずきとぎ」の話があってたけど、ぼた餅をくれる妖怪だったら近くにいてほしいと思いました。

NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」に登場した「妖怪 あずき洗い」より、日本むかし話の「あずきとぎ」のうほうが、脅し文句が丁寧な言葉遣いでした。。。

Dscn9146
この頃つくった自家製おやつのヒットは、これです。
豆は、北海道産の赤えんどう。みつまめや豆大福に使われる豆で、皮がしっかりした存在感のある豆です。

寒晒粉の白玉団子やマンゴーと共に、砂糖蜜に浸しました。お砂糖はグラニュー糖にしました。

かつて自分でお金を払ってフルーツを買うことは皆無に等しかったけど、最近の私は、よく自分でフルーツを買っています。

夏のくだもの・マンゴーと赤えんどう、合いますよ o(*^▽^*)o

8月16日の京都

Dscn9089夕方、雑穀ごはんのおにぎりを作って、賀茂川の河原に出かけました。

今日のおにぎりは、ブレンディミレットの「食物繊維ブレンド」です。米粒麦・もちあわ・発芽玄米・小豆・白ごまのミックス。

とても小ぶりな小豆でしたが、やはり水浸け1時間では足りない感じでした。夜に仕込んで朝に炊くくらいでないと小豆は程よい硬さにならないのかも‥‥

写真が暗くてよくわからないですね。でも、いいのです。
ピントは、向こうのお山に合っています。これが、夜7時すぎ‥‥

Dscn9090

もっと暗くなりました。これが、夜8時の少し前。あんまり暗いので、特殊撮影もやってみました。

Dscn9094
賀茂川の河川敷、北大路橋と出雲路橋の途中に陣取りました。向こうのお山は、肉眼でこんなにはっきりとは見えません。

Dscn9098 8時を回ったので、山をUP! わかります? あのチョンと灯ったあかり‥‥

Dscn9105ちゃんと暗くならないと、見えないのです。

Dscn9108今度こそ、わかりますか? 中央右寄りのあかり

マメラボから、徒歩15〜20分くらいのところで拝んできました。

Dscn9115
この炎が眼に映ると、京都に住んでいることを実感します。そうして、大切な方の魂を思います。今年は特に、それぞれがそれぞれの想いを抱えているのですね。

歩いて帰る途中に、太ったお婆さまが「大文字、送ってきましたでぇ〜」と電話されている声を聞いて、「あぁ、京都のご先祖さまは、また今年もこの火をご覧になって戻ってゆかれたのだな」と‥‥

賀茂川の河原から賀茂街道に上がると、「妙」と「法」も見えました。交差点では「左大文字」、その先で「舟形」も拝むことができました。

Dscn9117


「豆なブログ」の主旨からそれてしまいましたが、京都の8月16日はこのように過ぎてゆきます報告でした。

今日もお赤飯

皆さん、こんにちは。そろそろお昼です。お昼にお赤飯、いかがですか〜?

Dscn1573 今日のお赤飯は、兵庫県姫路市の「あずきミュージアム」でいただいた小豆を使いました。

「2周年ありがとう」と書かれたシール、小豆の葉っぱがモチーフになっています。

御座候(ござそうろう)という回転焼きの会社が、2009年6月にオープンされたミュージアム、小豆を愛する人たちにとって、すごいところです。社長さんが20年がかりで集められたという小豆情報を惜しげもなく存分に公開されています。

あずきミュージアムでいただいた小豆は、おそらく餡に使われているとおっしゃっていたエリモショウズだと思います。ミュージアム同様、小豆も宝のようにキラキラして、小豆を愛する気持ちが伝わってきます。


Dscn1577
あずきミュージアムに敬意を表し、今日の赤飯弁当はお赤飯が7割を占める、おかず少なめ弁当です。

出汁巻き、ささげと厚揚げの炊いたん、胡瓜の浅漬がおかずです。

粒がしっかりして、煮汁の色も濃いゆで小豆ができました。今日のお弁当、賀茂川のベンチで食べよう (*^-^)っと。‥‥え、暑すぎる?

陣中お見舞い申し上げます!

あす、8月15日は「赤飯の日」。皆さま、明日はお赤飯を口にしてくださいね〜♪

いつもお世話になっているイオンモールハナの八百屋さん「毎日菜果」に、陣中見舞いに行って参りました。

お盆って、八百屋さんは忙しいんです。フルーツギフトとか大忙し。今日も桃や葡萄が、おいしそ〜に並んでました。私はマンゴーを買いました。って、余談は置いといて‥‥

Dscn1560
陣中見舞いの品はコレ↑です。黒豆ごはんのおにぎり。
お昼ごはんに間に合うように大急ぎで持って行ったので、ちゃんとした写真を撮り損ねました。

Dscn1557 Dscn1558 左は、心やさしきM店長
右の酸っぱそうな顔は、梅干しが大の苦手というK副店長
すいませんねぇ〜。そんなこととは知らないから、母が漬けたでっかい梅干しを、モレなくどのおにぎりにも入れていました。

Yさんも、Tさんも、Nさんも、みぃ〜んなで食べてくれて、あぁよかった (゚▽゚*)

黒豆ごはんのおにぎりは、実家米3合、黒豆0.5合、塩 小さじ1、醤油 大さじ1、水3合分+90ccで炊きました。中に入れた梅干しの塩加減が、味の決め手かな (*゚▽゚)ノ

アイ アム あずき博士

Dscn1549
お盆です。人生初の青春18切符を使って、行ってきたのは‥‥

Dscn1543 Dscn1540 ココです。

って、ココはどこでしょう?

ほほほ。前から行きたかった◯◯◯ミュージアム!

そこで、私は「あずき博士」の認定を受けました。

Dscn1551
5問出題される問題を5問正解しないといただけない超ムズカシイ試験に5回くらい挑戦して、一気に初級・中級・上級を取得! 詳細は後日、あらためて‥‥

◯◯◯ミュージアムのYさん、Kさま、お世話になりました〜♪

あずきスィーツ

Dscn1533
こう暑い日が続くと、どうしても冷たいものが欲しくなります。豆なスィーツ、なにかいいのがないかな? と考えていたら、有元葉子さんの豆の本で見つけました。

茹で小豆を冷まして和三盆糖をかけていただく、というだけのシンプルなスィーツ。
ふふふ。私は北海道・村上農場のエリモショウズ(小豆)を使いました。
農場長夫人のちかさんもおっしゃってました。
「うちの小豆は、冷やしぜんざいに合うと思うんです」と‥‥

粒がくずれない頃合で火を止めたのですが、少しくらい煮くずしても良かったかも‥‥ 和三盆糖だけでいただくより、少し塩を加えたくらいのほうが味に深みが出るかも‥‥

Dscn1536
自己流アレンジ。冷やし茹で小豆にプレーンヨーグルトをかけました。これに和三盆糖をかける、という組み合せが私は好きでした。

小豆は造血作用があるといわれます。貧血気味の方にいいかも‥‥。

白いんげん入りサラダ

一度行ってみたいと思っていた近くのお店、北山ランタン
ランチタイムの終わりの頃にお邪魔しました。生パスタが売りのお店です。

そこで出たサラダに、名前は思い出せないけど新種のカボチャが使われていました。ちょうど同じのがマメラボの冷蔵庫にもあるので、豆なサラダを作ってみました。

Dscn1532
黄色いスライスが生食できるカボチャです。調べてみると、コリンキーだったかも‥‥。水菜、白いんげん、海老、リーフレタスを合わせています。

ドレッシングは塩、黒コショウ、レモン汁、オリーブオイルを適当に混ぜたもの。生食できるカボチャはキュウリみたいな扱いができて、白いんげんとも合いますね。

前にパトリス・ジュリアンの本に出ていた「サラダは空気を盛り付けるようによそう」みたいなイメージで盛り付けてみたのですが‥‥

料理の盛り付けって、難しいです。

赤飯のしおり

Rscn1519

赤飯運動の実行委員長・辻本さんからの依頼で、間もなく新発売される赤飯キットの「しおり」を作成しています。

このキット「北の大地と海から〜オホーツクの赤飯キット」と名付けました。辻本さんのお膝元であるオホーツクのもち米、小豆、塩が入った赤飯キットです。

Dscn1520

私の本業はライター&編集者。
赤飯キットに名前をつけて、作り方を作成し、しおりに何を入れるかを企画し、全体のレイアウトのサムネイルを作成。仕上げはデザイナーさんにお願いしました。

初校には赤入れがいっぱい。実行委員長と二人、「このキットを買ってくださった人が赤飯作りを楽しんでいただけますように」と智恵をしぼっている最中です。

オホーツクの赤飯キットの値段、いつからどこで購入できるようになるか、などの詳細がはっきりしたら、またお知らせします。

赤飯ビギナーも、赤飯好きも楽しめるキットになるはずです。お楽しみに〜 o(*^▽^*)o

大豆と枝豆

Dscn1490_2
最後の枝豆を収穫したとき、茹でて食べるにはちょっと“過ぎて”いるかな? と思った豆を干していたら、写真のように乾燥しました。

枝豆が完熟すると大豆になる、そう知ったとき、なんだかうれしかったです。

私が食べていた枝豆は、青大豆の枝豆だったのだと判明。
この大豆を水に戻して食べるか、来年どこかに植えるかは今のところ未定。

実家に送ってチチに「来年、畑に蒔いて」とお願いしてみようかな‥‥ (゚▽゚*)

赤飯おにぎり12個

本日、8月1日は「赤飯の日」につき、赤飯の振舞いをしようと思い立ちました。
もち米は羽二重餅2.5合+実家米0.5合、小豆は北海道村上農場のエリモショウズ1/2カップを使って、お赤飯を作りました。

Dscn1466
1個約100gのおにぎりが12個。1個ずつラップに包んで‥‥

Dscn1472 Dscn1473 瓜のお漬物を添えて、風呂敷包みにして‥‥ 準備完了。

向かったのは‥‥

Dscn1480
TAKAHAMA BEACH 福井県にある海水浴場です。

Dscn1474_2 Dscn1476 Dscn1478_2 Dscn1479 高浜ビーチは快晴。本日の赤飯ショットです。

ともちゃんや、直ちゃん、ろまんさんや、かんのりさん、ぴよこさんやユキさんなど、12名の皆さまが赤飯おにぎりを食べてくださいました。

「1日と15日は赤飯の日」、皆さんにちゃんと伝わったかなぁ‥‥




Dscn1482
今年のチームTシャツのプリントには、イタリア語で「俺たち、みんな元気だぜ!」と書かれているとのこと。エディーズの皆さん、楽しい1日をありがとうございました。来年もまたヨロシクお願い致します。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »