« あずきとうふ 京豆水 | トップページ | 淡竹を使ったおかず »

6月15日のお赤飯

Dscn0928 本日、赤飯の日につき、お赤飯を炊きました。炊飯器バージョンです。

晩ごはんに炊きました。
小豆が割れないようにと思って、硬めに茹でて炊飯器に入れたので、出来上りは小豆がチョット硬かったです。う〜、残念

久しぶりに今日は、ちゃんとゴハンを作る時間がとれました。


Dscn0925 お赤飯と合わせて、前から作りたかった梅若汁(うめわかじる)を作りました。
精進料理家の藤井まり先生が、この前ラジオで話されていた一品です。

ワカメと梅干し(果肉を刻む)を椀に入れます。昆布出汁に醤油を少し入れ、梅干しの種を煮出します。
その汁を椀に注いだら出来上り。食べるとき白ごまを少しかけました。

梅昆布茶みたいな味のお吸い物です。さっぱり、夏向きのお味です。

今日のメインは、今年お初の賀茂茄子。直径10cmもある賀茂茄子を多めの油で焼いて、田楽みそを塗り、大葉をのせました。茗荷をのせてもおいしそう。

Dscn0923
ちゃんと台所時間がとれる日は、心おだやかです。

そうそう、明日6月16日は麦とろの日なんですって。

« あずきとうふ 京豆水 | トップページ | 淡竹を使ったおかず »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

梅若汁、昨日も出張料理で作りました。

台湾で結婚式ですか。いいなぁ〜♪

梅若汁・・さっぱりとしたお味・・いいですね。そうそう、まり先生を誘って息子の結婚式に台湾に行きま~す。(娘の他に息子が・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/40409674

この記事へのトラックバック一覧です: 6月15日のお赤飯:

« あずきとうふ 京豆水 | トップページ | 淡竹を使ったおかず »